<< IT革命記念日 | main | 宿題 >>

32年ぶりの同窓会

去年の秋、32年ぶりに都立駒場高校の同窓会(学年全体でやったので同期会)があった。
たぶんみんな50才で半世紀生きた節目だから?かな(笑)

学年9クラスの幹事さんたちの半年以上かけたご尽力により(ホント、ご苦労さまでした!)
なつかしい先生方も含め199人が品川のホテルに集まった。

こう見えて、クラス会好きではない。(ウッソ〜とか言うな!)
会いたい人には自分で会う、みたいに思ってきた。

それが、32年も会ってない連中が無作為に
(もちろんみなさん自分の意志でいらしたのですよ。私にとっては無作為の意)
199人もいたら、(みんなオヤジオバンになってはいるけど)
一気に高校時代にタイムスリップしちゃって、自分でもオカシイくらいはしゃいじゃった♪(笑)

私は高校時代、新聞部、剣道部、生徒会を掛け持っていたので(あの頃はハイパーだったなぁ)
クロスする友だちが多く、またNHKが駒場高校の文化祭を
30分のドキュメンタリーにして放送した時、インタビューされてテレビに写ったので
(その時の映像、MくんがNHKのアーカイブスから発掘してくれて会場で流した!)
みんなはけっこう私のことを覚えてたのだけど・・

私は天然記憶喪失なうえ、大学を1年留年して卒業と同時に就職と結婚し、
半年で会社を辞め(クビになったのではない。いずれ書く)東京を離れ、
子育てに追われ、ものがたり文化の会のパーティを始めたので、
大学の友人とも、高校の友人ともフリーで行き来できる期間があまりないまま、
交流と記憶が途切れてしまったのねぇ。

私は旧姓が珍しい名前で、なぜかみんなあだ名のように フルネームで 私のことを呼ぶ。
わぁ、なつかしいなぁ、その名前! 

が、こっちは「あなたはだれ?」「あなたと私はどういう関係?」と聞いて、ヒンシュクもの。(汗)
会場の隅に置いてあったアルバムで、あわてて名前と顔を探したけど、
男性群はかなり写真と様相が変化してらして! アルバム見ても??だった。

剣道部で一緒だった イトーくんのこともまったく覚えてなかった。 ス、スミマセン。

いや〜、その日から、人生ちょっと変わっちゃったのよね。

同期会の2,3時間で何かが変わったわけではないのだけど、
あの頃の自分が吸っていた空気、ポンと投げれば同じテンションでポンと返ってくる小気味良さ、
が確かにある。

なんといえばよいのか、それは予想外に不思議な感覚だった。

女の子は少なからずそうなのかもしれないが、
結婚で捨ててしまった昔のフルネームが形作っていた「わたくし」が甦ってくるような、
そんな感覚だろうか。

幹事さんたちが苦労してつないでくれたネットで、
その後も何人かとメールのやりとりができ(IT革命後でよかった!)
高校生みたいなテンションとノリで、お互いに昔の記憶を辿りなおした。
同期会に来られなかった小学校、中学校と一緒だった おかんば、おすえとも
たまごちゃんがつないでくれて、彼女たちが昔のことをそれはリアルに覚えていたものだから、
かなりな「わたくし」を再構築することができた。(笑)

それにしても、みんなそれぞれ社会の中堅で、
仕事も家族も親の介護も、自分の好きなことも、がんばっていて、
メールの発信時間もかなり深夜だし、幾層もの「わたくし」をこなしているのだなと思い、感動した。

そう、予想外にガツンと来た。

私も若い子たちに「親に説明できるような青春なんて送るな〜!」とか過激なこと言ってる割には、
ものすごく狭い世界で、仕事に揉まれることもなく、チマチマバランス取ってる気がして、
自分が恥ずかしくなった。

1時間に2本しかないローカル線沿線で、地味にお嫁やってる場合じゃない!
もっとみんなに会って刺激受けなきゃって、本気で反省した。
(どこが地味なの〜ってたまごちゃんに言われたが)

そして、ちょうど受験の娘が家にいるのを良いことに、しょっちゅう出歩き
「お母さんが不良になった!」と危ぶまれることとなる。

たまごちゃんは幹事の1人で、高校時代はクラスも部活も違ったので、
多分一言も交わしたこともないのだけれど、
後日なんとこのローカル線沿線、車で10分位のご近所に住んでいたことがわかり、びっくり仰天!(さっきの剣道部のイトーくんも放送局のKくんもご近所だった! 
みんな世田谷に住んでたのに、ずいぶん遠くに流れてきちゃったのねぇ。)

たまごちゃんはメールをやりとりするうちに、テンションとノリとボケがあまりに私と同じなので、
「ちょいワル中年になるぞ〜!」って、意気投合して、私の新しいバッテリーになりつつある。
(彼女は迷惑かも?)

でもね、野球だけじゃなく、文化ってバッテリーが大事なのよ。
投げても受け取ってくれなきゃ、むなしいでしょ?

食いつきとリアクションがすばらしくいいので、
(会社やるぞ〜って言った時も、すぐにおもしろそ〜!私もやりたいってエントリーしてきたので、
副社長に採用した。ポシャっちゃってゴメンナサイ) というわけで、
パーティのイベントに来てくれたり、同級生のジャズ・ライブに一緒に行ったり、
一気に家族ぐるみのおつきあいになってしまった。

このブログ開設までのハイテンションを支えたのは、甦ったハイパー高校生たちの友情だった〜
(プロジェクトX)  なんて やってろっ!て言われそう(笑)

でもね、みんなも32年ぶりに高校のみんなに会ったら、けっこう来ると思うよ♪

恐るべし、同級生!!というわけで、これからも同級生の活躍 時々紹介します!

070414_1801~02_0001.jpg


| - | 13:54 | comments(5) | trackbacks(0) |
Comment
こんばんは。
オジンの書き込みは初かな?
「32年ぶりの同窓会」の剣道部同級生I:小林在住です。楽しんで読みました。不思議なことにこの単線の沿線に高校時代の同窓生が二人もいることが最近判明し、IT革命の恩恵もあり、こうしてコミュニケーションできる奇跡に感動しています。昨年の同窓会以来、よい共鳴現象が起きていますね。頑張ってハリウ(どうも旧姓が呼びやすいので)さんがブログに書けるよう、振動(ネタ提供)を送らねば
2007/04/14 10:32 PM, from オジン
いやはや。久しぶりにいいラブレターもらっちゃった気分で浮き浮きしますねー。バッテリーには力不足なんですが・・・テンションとノリはともかく、ボケ具合はたしかに私が上回ってるのでプラスマイナスいい線かな。今後ともお手柔らかに、よろしくお付き合いお願いします!!
2007/04/15 11:16 PM, from たまご
「イロナシ!!!!!」

…あの頃の先生は眩しかった…今もだけど。もし同級生だったら直視デキマセン。

こういう写真、モノクロの時代から変わってないのね。私も撮ったよ。ガッツリ目ぇつぶってるからそこだけ残念な仕上がりなんだけど(;^_^A

2007/04/16 1:19 AM, from たまみ
キャア!さすがご近所の同級生、反応早いわ♪今後ともヨロシク!
たまちゃん、あの頃はアルバムもテレビも青春も「イロナシ!」でした。けっこうあざやかなんだけどねぇ♪
2007/04/16 7:28 AM, from おばん
バッテリー!!確かに!受け取ってくれる人がいるのはうれしいことだよね♪
きゃあきゃあはしゃいでるちえちゃんがすごく簡単に想像できます。そして何年後かの自分とリンクしてます。恐るべし。
2007/04/16 12:43 PM, from えりこ









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/98

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM