<< シブヤスタイルに 根本佳奈 版画出品 | main | ギャラリーマキ 福住廉の21世紀の限界芸術論 >>

白いうた青いうたフェス in のだ『夜と昼』

谷川雁は 策士だから 
ものがたり文化の会を立ち上げ、事務局・テューター・会で育った若者たちの 合同会議を組織して
事務所を 市ヶ谷から 四ッ谷の 広いところに移すという時に
その資金集めに 白いうた青いうたの歌詞の 自筆原稿を 僕が書くから それに出資してほしい。と言った。 
生前形見分け だ。

そのとき 私が選んだのが 『夜と昼』 

なぜ この歌を 選んだのか ・・・・覚えてない。 

夜と昼
 星消えた夜 この部屋は島  そそりたつ崖 汐騒の中
 渦のまわり およぐ鮫のえさ  ひれをつけた 愛のものがたり
 だれがわらい だれが泣く
 波ちれば笛  風なれば鈴  三日月のいろ おれのこころ

波の音が 自分の内側を どど〜んどど〜んと あおるような 感じが好き。
今思えば 私の中の 海の成分と 九州の血が この歌を 選んだのかもしれない。


十代の少年少女たちのための 花鳥風月でない うたを。
新実徳英と谷川雁の 曲先(曲を先に作り 後から歌詞をつける)の この試みは
今では全国の 驚くほどたくさんの 学校や合唱団で 歌われている。

声を揃えて 美しいハーモニーを生み出さなきゃいけない 合唱の 必然だが
合唱フェチのくせに あのお行儀のよさが どうも苦手な私。(笑)

雁さんの うたの解説だって なんだか かしこまって 
いつもの 迫力に欠ける。 親分 空気ちがいますぜって 感じだ。
 
 ほろにがい指 朝なめてみた 麦うれるとき 窓ひらく村
 ゆがむ虹の かたち手をひろげ 踊りながら むすめ呼びに行く
 だれがわらい だれが泣く
 山見えて笛  空はれて鈴 つゆ草のいろ おれのこころ
    
                                   『夜と昼』
                                   谷川雁  作詞
                                   新実徳英 作曲

勝負に 世界全体の幸福なんて ありえない。 
だれがわらい だれが泣く?

オレは とるぜ。
この熱情を 抑えられるものなんか ない。
そう信じられることだけが 今のオレの武器だ。

汚れたズボンのポケットに手を突っ込み 裸足に下駄で
口笛吹いて ボタ山の石を スコーンと 蹴る。

 そんな風景を 青いドレスで オペラみたいに 歌われちゃあ
なんだかちょっと 居心地悪い。

あかねちゃんが GパンとTシャツで 子どもたちと掛け合いで 踊りながら歌う
 今回の ねもとパーティの『夜と昼』は だから 私の理想形だ。

とはいえ ちっとも乗らない さっぱり歌わない 小学生の男の子たちとの 歌の練習に
 ちゃんと歌って! と 私は ずっと 怒鳴りどうし。

ちゃんと って 何?
 
ちゃんとちゃんとちゃんとちゃんとちゃんと
 一日何回 この言葉を 彼らは浴びて 育つのだろう。

合唱も 人体交響劇も 彼ら本人の 内側から 沸き上がる動機はない。
学校と同じ 全体主義だ。 

彼らが 内側から 歌いたいって 声をあげるのは いつなんだろう。

それでも ある瞬間 ふっと 飛ぶ かもしれない。 
私が あかねちゃんに託して 賭けるのは その一瞬だ。

波ちれば笛 風鳴れば鈴 
           三日月のいろ おれのこころ

このうたを 口にするなら  どんな状況でも 口笛吹いて
現実を スコーンと 裏返せなけりゃ  うたをつくった なんの意味ぞ。

うたの揚力が いつかほんとに 彼らの おれのこころを 芯から 揺さぶる日を 願って。 


12月18日(土) 12:30分から 6分間 
ねもとパーティ 紫竹あかねちゃんと
1300人ホールで 歌います♪
       曲は ともだちおばけ しらかば 夜と昼 

しらかばは 小5の あるととトッシィの トランペットが 入ります! ドキドキ♪
野田市文化会館大ホール (東武野田線愛宕駅下車 徒歩15分)
  http://enjoy-live.net/detail/detail.php?hall_id=1150



チケット1000円あります。 私に連絡ください。

 

 
| がやがやがやがや | 07:18 | comments(3) | trackbacks(0) |
Comment
『夜と昼』を選んだのは私だよ。「雁さんが書いてくれるんだって、何がいいかな?」って母は「卒業」と「二十歳」とか悩んでて、私が「夜と昼がいい!!」って言ったら「そうね〜」って。私がゴリオシしたんだ。11歳の私はあの時この歌が大好きだったから。
2010/12/16 9:26 AM, from KANA
アハハ そうだったのか。九州の血は隔世遺伝濃いね。
2010/12/16 9:41 AM, from かんからかん
おもいっきりはっちゃけてね!!たのしみだなあ・・とんでいきたいよ!
2010/12/17 9:54 AM, from やまねこ









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/973

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM