<< 京都ベビー・ピー公演 はたたがみ | main | はぐらうり >>

家出スイッチ♪

ミチコちゃんは また家出に行っている。
なぜか 家出が好きなミチコちゃん。(笑)

彼女的必然は 前に書いたが、(↓ミチコ家出に行く)
新たな必然が加わったとはいえ、そうまで家出に駆り立てられる理由は 謎だ。
(いつか取材しよう 笑)

今回は NYのメトロポリタン美術館でも 京都の桂離宮でもなく
本当の 森だ。
 
ちょっとお〜 家出したいのは こっちだよぉ!
             何が不満なんだよ〜!

いつも 私はブーイング↓↓ 

ミチコちゃんは ねもとパーティのお母さんで ねもとパーティの生みの親。
18年前 まんまとハメられて 私がテューターを やることになった いきさつは
下の記事 生みの親を読んでね。

ちょっとお〜 丸投げすぎない?
          かわりに やってよ〜!


こっちは パーティ始めちゃったばっかりに 自由に動けないうえに 
おババさまやらなにやら 自分で作った壁を 自分で蹴散らせない よい娘症候群で
息も絶え絶え。

「そんなに 自分を犠牲にして おババさまが 90まで 元気だったらどうするの?」
ミチコの予言は当たった。 あれから 8年。(笑)

まあ ミチコちゃんがくれた パーティという 家出システムがなかったら
もっと 私は 家にへばりついてしまうだろうから プラマイか。

ミチコちゃんの 家出好きを 利用して、
私が 自由に身動き取れないとれないぶん 
ミチコを 各地に派遣して 営業ネットワークを やってきた。

お互いに 確認したことはないが、
私とミチコちゃんの仕事は 人と人との関係を繋ぐ ネットワーク事業と言っていい。
(まあ パーティそのものが そうなるのだが)

なんせミチコちゃんは 誰の懐にでも スっと入って
濃密な関係を すぐに築いてしまう。

なぜか 私の親戚も 私の友だちも 
みんな 私より ミチコちゃんと 仲が良い。(ほんとだよ。)

なんなのかな〜 あの ミチコちゃんの 
スキマスイッチな関係構築は(笑)

私が 3年前に ブログかんからかんのかあんを始めてからの 
驚くべき ネットワークの拡がりも 全部 一緒に行った。 

長崎八人兄妹物語の 長崎、京都への取材も 一緒に行ったし
関係ある人には 全部 一緒に会った。
関連資料も 全部 先に読んでもらって(私は読むのが遅いから) 相談してきた。


パーティの子どもたちのことも 親子の問題も 全部相談して 一緒に考えてきた。
ミチコは 私の片肺だ。

私よりはるかに多い子どもたちと 長年向きあってきた ミチコ先生に言われると
ほんとに 落ち着く お母さんは 多いと思う。


京都へ、韓国チェジュへ、バリへ、カナダへと 家出してきた ミチコちゃんを  
くっそ〜 うらやましいなぁ。(ギリギリ)
私だって 家出してやるう〜っ!

歯ぎしりしてきた 私だが
 
そうそう。 ミチコちゃんを ダシにして 私も 何度も 家出した♪

今では 全世界発信しているグチも 前は ミチコちゃんぐらいにしか 言わなかったので、
「家出するときは いつも 付き合うよ♪」 と言って 背中を 押してくれた。

そう。
そういう意味で たしかに ミチコは いつも私の 家出スイッチ♪だ。 (笑)

行けるか 行けないか 当日まで わからない。
前日の おババさまの リアクションや 
それにキレた 自分のはずみを利用しての決行が多いので、

「朝起きて 行こうと思ったら 新幹線に飛び乗るから スタンバッてて!」
と ミチコに電話する。  「OK!」

道連れを誘った手前 行くっきゃないと 自分を 追い込む 私の手法。(笑)

そうして 朝の新幹線に飛び乗ると、 ミチコちゃんも ちゃんと飛び乗る。

しっかも 「朝早く起きて ささがきごぼうして 炊き込みご飯炊いてきた〜」
という はしゃぎようだ。(笑)

というわけで 7月の日曜日 新幹線に飛び乗って、
ミチコ姫のいる森へ 私も家出した♪

なんだか おババさまの 今回の入院で、
足が 歩けないほど腫れ上がったのは、痛風だった 私の父の 
浮かばれない霊が おババさまを頼ったから だそうで・・・・・
しかも 私の 信心が足りないから なるそうで・・・・・

毎度のこととはいえ、
見えんけどおる のが好きなゲゲゲな私とはいえ、
なんだか ほとほと 疲れた。  
退院は じきだから 入院している間に 家出したかった。 

長野から バスに乗って 山を眺めていると
そうそう 初めて ミチコちゃんと 旅をしたのは
2000年2月 渡辺パーティ主催の 雪の森であそぼう!に 
ねもとパーティの子どもたちを 引率して行った時だったなぁ〜と 思い出す。 

窓から 見える ちょっとした 風景を見て きゃっきゃと はしゃぐミチコちゃんは
なんだか いつもの ローギアのミチコちゃんと ペースがうって変わって
妙に ハイテンションで 可笑しかった。

ミチコちゃんは 旅行に行くと いつもそうなのだが、
その時は 一緒に行くのが 初めてだったので とても意外だった。 

その頃ミチコは現役だったので、普段会う時は 今よりもっと疲れていて
もっとローギアだったから。

その時 手作り家具と 天然酵母パンやさんもやっている
ワタナベ家に ホームステイさせてもらった 私たちは
それが縁で オリジナルなシンプル仏壇も 作ってもらった。
ミチコちゃんの ダンナが 突然亡くなった 次の冬だ。

まあ そのワタナベさんを追いかけて カナダまで 家出してしまうほど
どこがどう 気が合ったのかは 聞いたこともないが・・・(笑)

森の中で ミチコちゃんは 丸太作りの パンを焼く匂いが流れる 小屋で
小さな女の子と お姫さましてた。 (笑) 帰りたくない〜と 言っていた。

あまったれるんじゃないよ〜! 
 こんなに やさしい人たちに 囲まれて
恵まれすぎだぞ〜! おひめさま やってんじゃない!


あれこれ 考えていた ブーイングは・・・・・言えなかった。(笑)

もう 帰ろう。 と 背中を なでた。  

家出は 帰り際が むずかしい。

森の木を濡らす 雨の音を 聴きながら 
私だって 帰りたくないよ〜 と 悲しかった。

日帰り家出の 最終バスは 17時15分だった。




ミチコ家出に行く   http://kankarakan.jugem.jp/?eid=52

生みの親        http://kankarakan.jugem.jp/?eid=134



附記 

ちょっと 泣きが入って デスク(ミチコ本人)に見せたら ボツになるかと思いきや、
ふ ふ 過分に書いてもらっちゃって と OK出た! 

森から 強制送還して 劣悪な環境になったので、責任感じて 私は落ち込んだが
今日は 私が持って行った そうめんも かぼちゃの煮物も はぐらうりの 浅漬けも
きゅうりのパリパリ漬けも 夕食前に むさぼるように バリバリ食べた。(笑)
うん、これなら また 家出に行けるかも! 行こうぜ♪ 

| おばんの歯ぎしり | 21:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
Comment
ごめんね。私も、少し泣きながら読んでしまった。
いつも笑わせてもらってる千絵せんせいのブログなんだから、笑って読まなきゃね。
2010/07/18 12:07 AM, from たまみ
もう、まいっちゃうなあ。
涙出てるのに
二人のやりとりの情景がぜ〜んぶみえる。しかも声つきで。
思いやっている二人の絵がいっぱいだ。

千絵せんせいのご飯。
バリバリ食べたのね。うんうん。
2010/07/20 10:37 AM, from あっきい
こどものことをお話した時、開口一番「大丈夫ですよ」と言ってもらえて、ホッとしました。
そうなんだ、だいじょうぶ!
こどものことは、たいがい、だいじょうぶ!
それから、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と唱えています。

同じ題名の絵本も見つけましたよ。
2010/07/23 11:18 AM, from nauman









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/936

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM