<< 玉木光 チェロコンサート in 長野 | main | サッカーワールドカップ 蓄積 と 時限装置 >>

Circle of Life  ライオンキング 


このところ 娘に借りて 毎日
劇団四季のミュージカル 『ライオンキング』のサントラを 聴いている。
もちろんサッカー・ワールドカップで アフリカン・モードだから。(笑)







Nants ingonyama bagithi Baba〜〜♪♪ 

会場の どこから 聞こえるかわからない ラフィキ(占い師のヒヒ)の雄叫びで、
観客は いっぺんに サバンナを眼下に見下ろす プライドロックに つれて 行かれる。

♪ この世界を理解したい でも多くの不思議が
サファイア色の空の中で 太陽は 永遠の時と 生命を生み出す

新しい ライオンの子 シンバの誕生と 
生命の 循環を謳う Circle of Life 
ライオンキングの テーマそのものだが ほんとうに 名曲だと思う。

意味もわからない アフリカの言葉のコーラスが 突き上げるように 臓腑を揺るがす。 

インパラが 跳躍する 低い放物線
きりんや 象のゆっくりした 歩み・・・・

人類の祖先アウストラロピテクス以来の DNAがうずくのか
サバンナで 裸足で 獲物を追っていた頃の 記憶が かき立てられるのか
自分の中の何が こんなに アフリカンミュージックに反応するのか・・・
でも この音楽を聞いて 昂奮しない人が いるんだろうか?
 



海を渡って アメリカに連れていかれて 
教会でしか 歌うことを許されなかった ゴスペルやニグロスピリチュアル
ジャズやブルースや リズム&ブルースに さまざま発展するルーツだから
私が好きなのは 当然といえば当然だけど・・・

人間は どこかで かつて聴いたことある音楽に
安心して身を委ねる傾向がある。 ような気がする。
 
最近 母方の祖父が 4才から 長崎の浦上教会に預けられて
聖歌隊にいやいや入れさせられていた という話をオバから聞いて、
私がこんなにゴスペルや合唱を好きなのは 教会の 丸天井に響く 倍音が
DNAに刷り込まれているからなのか!と 勝手にナットクしてしまった。

また最近 渡辺貞夫の「My Dear Life」を ひさしぶりに聞いたら ああ!
ライオンキングの 日本でのロングランヒットは
 実は ナベサダによって 
      潜在的に準備されてたんだ!
 
などと 一人でナットクしてしまった。(笑)

だって 私は毎週 渡辺貞夫の「マイディアライフ」というFM番組で
テーマ曲の「My Dear Life」を聴くたびに
行ったこともない サバンナに 思いを馳せていたから・・・・


さて ライオン・キングの作曲は エルトン・ジョンになっているが・・・・


























エルトン・ジョンの 「Your song」は もちろん好きだが
アルバムは なぜか退屈だし(笑)
これまで 彼にアフリカン・テイストを感じたことは なかったなあ〜
誰の 音楽なのだろう・・・・・と 今度はアヤカに 劇団四季の パンフレットを借りて
あれこれ 探してみた。

ふむふむ。 作曲補に レボ・M という 南アフリカ生まれの人が 入っている! 彼だな!

レボ・Mは 南アフリカ出身。
生まれ故郷の ズールー音楽や 1930年代のアメリカン・ジャズに触発されて
創作の道へと進み、アメリカに渡ったという。
クインシー・ジョーンズやジミー・クリフ、ハンス・ジマーなどとも 共同制作してるらしい。

いや〜 初めて知った! 
インドネシアの 人形劇や 日本の文楽にヒントを得たという
あの動物のパペッットやマスクを 取り入れた斬新な演出で
トニー賞6部門を 受賞した 女性演出家ジュリー・ティモアが 
レボ・Mの イメージCD『リズム・オブ・ザ・プライド・ランド』を聴いて
これはまだ ブロードウェイが体験してないリズムだ! と
初めて 依頼されていた ライオン・キングの演出に 意欲を 感じたらしい。

ジュリー・ティモアの感性と レボ・Mとの出逢いがなかったら
ミュージカル『ライオン・キング』の あの アフリカンサウンドは 生まれなかったんだ! 

ほっほう♪  一人でナットクして 跳び上がって 昂奮した ↑↑
なぜか 新しいものが 生まれる時の 
人と人との 出逢いのケミストリー(化学反応)に 弱い私。(笑)


ところで 昔読んだ 川田順三の 西アフリカのサバンナ モシ族の村から 
武満徹に宛てた 往復書簡の言葉を 思い出している。

人間にとって 音は 「コエガ」 と 「ブーレ」に 分かれます。

「コエガ」は のどの意味も 声の意味もあり
同時に メッセージの意味もある。

一方「ブーレ」は 人間にとって 意味のない雑音で
太鼓の音でも 「太鼓ことば」として、つまり 音のメッセージとして
葬式や祭りの踊りのはやしとして理解されるときは コエガで
何がなんだかわからない音として きこえるときは ブーレと呼ばれる。
             (『もの 言葉 人間』 岩波書店  武満徹 川田順三)

ワールドカップの会場で それしか聞こえない ブブゼラの音は
なんだか 蜂の羽音みたいで イライラする。
狩りで 動物を追い込むのに使うというが 
私にとっては 意味の くみ取れない 「ブーレ」に聞こえる。

アフリカの大地が生んだ あの豊穣な アカペラのコーラスこそ 
この南アフリカ大会で 私が 聴きたい声だったのに!!

ミュージカル ライオンキング 第2幕 
ズールー語の 大合唱 One by one 

Ibambeni njalo bakithi  気を引き締めて 我が民よ
Ninga dinwa          弱気にならずに

Sizo nqoba       勝つのは私たち
Ngoba  thina      なぜなら
siya zaz’         私たちは 自分が誰なのかを知っているから

Ibala lami         私の肌の色
Elimnyama        それは 黒
Nadiya zidla ngalo  それは 私の誇り
Kumnandi kewela kith Eafrica 美しいアフリカの色           

テレビの画面を見ても
ワールドカップの会場や 周りの 路上で
たくさんの人が からだを揺すって 歌っている。 
その 生の声の倍音を  はるかなる勝利への 叫びを 
私は 聴きたいいいいいい〜〜!!

 


附記

劇団四季の ミュージカル『ライオンキング』は 
親子で観るのに 最適な作品だから 
いつか夏休みに お勧めです。

我が家は 長女カナが高校の観劇教室で観て 大昂奮♪
末娘のアヤカが高校演劇をやっていた頃、
誕生祝いに じいちゃんばあちゃんも 招待して 夏休みに 観に行った。

高いチケットなのに じいちゃんは劇の間 ずっと寝ていて↓↓ (ががががががが)
しかもちゃっかり後日 何かに 浅利慶太の商業演劇について 書いてたので(爆)
見ないで批評を書くのやめてよねっ!と 孫の どヒンシュクを買っていた。(笑)

いつも 音楽の話をしよう♪で 書き落とすが
私は(私たち世代は) ディズニーアニメと ディズニー音楽で育っている。

小さい頃 隔週金曜日 三菱ダイヤモンドアワーとかいって
ウォルトディズニー本人が ナビゲートする ディズニーアニメの番組があったのだ。
(プロレス中継と隔週だったのでプロレスがキライだった)

そして 私たちの子ども世代は 東京ディズニーランドと共に育っている。
ライオンキングのヒットの土壌は 親子で 耕されていたのだ。(笑)

これって けっこう決定的で、
細かい余白まで すでに計算され演出された 何かで いつも埋め尽くされている。

享受するものに対しては ものすごく レベルの高さを 要求するけど
空白と飢餓から 新しいものを生み出す力が 決定的に弱い。(笑)

プラマイは いつだって 自分たちに 還る。
何もない サバンナで はるか遠くを 眺める時間が・・・・ 欲しいなぁ・・・・

さて サッカー日本代表!
戦わない私たちを 南アフリカまで 連れていってくれたばかりでなく
ここまで 可能性を持って 願いを繋げてくれるとは 予想外♪
先週土曜日の オランダ戦は パーティを1時間カットして 応援に帰ったが(笑)
11時過ぎには寝て5時半に起きなきゃの私には・・・・ 
今夜の応援は ちと無理か・・・・たのむぜ!
  

| 音楽の話をしよう♪ | 07:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
Comment
チームに所属せず、その日その日で公園に集まった子と草サッカーを楽しんでいる坊主が、三時に目覚ましをかけていた。お風呂にも入らず、ご飯食べてすぐ寝ると言う。ふ〜ん。。。
結局、夜中の三時半、ダンナの絶叫で目を覚まして、以降、三人で応援しました。サッカーがよく分からない私も感動〜〜〜
でも、今頃、アクビしてるだろうなあ。
2010/06/25 12:19 PM, from nauman
おう、坊主!草サッカーと草野球が楽しいよね〜!パパさんナイスな
雄叫び!(笑)
昨日のねもパーでもリューキとショーゴが目覚ましかけて起きるって言ってたよ。ユニフォーム200枚もってるサトシくん(あやのパパ)は出張だし、そこまでして見るつもりはなかったのに・・・なぜか!3時に目が覚めた。(驚)爆睡型の私が夜中に目が覚めるのは1年に2、3回しかないのに!(笑)というわけで、私もリアルタイムで一人で見たよ〜〜!昨日
組織NMP(ねもパ)vsかかってコイヤー!!ってキャンプのチラシをみんなで作ったせいかしら?いや〜カメルーン戦よりさらに組織力がアップしてた。マツイめっちゃかっこいでしょう〜〜!(溶) そしたら たまごちゃんも目覚ましかけ、みちこちゃんもみんなリアルタイムで見てた。アハハ やっぱワールドカップにしかけられてる〜!
(笑)
2010/06/25 1:28 PM, from かんからかん
みんなすごい!!
ユニフォーム200枚にも!
気合が違う。

私は寝てしまった。みんなに怒られそ…

ライオンキング、最初に見たときの感動が忘れられなくて3回観た。
キャストが違ったから、おんなじのようで違うようにも感じてたなあ。
娘とも見たいな。
こっちに来ないかな。
2010/06/26 8:57 PM, from akkii









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/925

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM