<< ゲゲゲ | main | おばんの病みつき 無我夢中  >>

雨の日はバラードを♪ MY WONDERFUL LIFE

いつだってバラード好き♪ でも、雨の日には特に バラードがいい。

ドラさんのジャズコーナーで 紹介されてた新盤を 3月に注文した。

富樫雅彦コンポーズの バラードコレクション
MY WONDERFUL LIFE














キャンプから帰ったら ご褒美にゆっくり聴こうと 封を切らずにいたのだが、
キャンプの準備がようやくメドが立って、雨だったある日、
ついに封を切ってしまった。

コンポのスイッチを押した 前かがみのまま 音が流れた瞬間 う っと からだが固まった。
その場で 肩から 溶けていく感じがした。
な・・・なんで ・・・・・逆襲か・・・・
 
あまりに美しいメロディ。
ナベサダ(渡辺貞夫)のサックスで始まる My wonderful life・・・

 富樫雅彦さんは ドラマーだが 事故で下半身不随になったらしい。
それでも 自分が叩けるドラムを改良して 叩き続けていたという。
これらのバラードは2002年に 体調不良で 演奏活動を断念してからの作品だと言う。

リズムセクションのドラムは メロディを奏でることはない。 と 思っていたが、
私に メロディを聴き取る能力がないだけなのかもしれない。

最近 ベーシストやドラマーの作曲した作品を聴いて
メロディのあまりの美しさに 圧倒されることが多い。
リズムセクションの逆襲かって 思う。
 
ピアノは全部 佐藤允彦さん。
ものがたり文化の会発行の宮沢賢治童話CD 『オツベルと象』『楢ノ木大学士の野宿』は
佐藤允彦さんの作曲で 演奏もしてるので 親しみがある。

包み込むような、なんて優しい ぴ あ の・・・・・
ソロなんて ショパンのワルツみたいだ。
作曲家佐藤允彦の 斬新さと違う 印象だった。 

1981年に 富樫に呼ばれたと佐藤さんは 書いている。
「全部バラードっていうのをやりたいんだよ」
構想はあったのにCD発売は 去年2009年だから
2007年に67才で亡くなった富樫さん自身は  このCDを 手にできなかったのかもしれない。

渡辺貞夫、日野 皓正、峰厚介、山下洋輔、佐藤允彦
この豪華なメンバーの それぞれ 富樫雅彦との 交友と想いが 演奏に溢れる。 

「これ全部トガシの曲?コードも全部あいつがつけたの?ふーん」 ナベサダ
「普通のバラードだとガシトらしくないよ。リーフ(フリーの逆)入れよう」 ヒノテル

ボーナストラックの 山下洋輔の ピアノ・ソロ。 MY wonderful life

これが 山下洋輔?  スローで ラグで 
富樫雅彦と 一緒に演奏した 刺激的で 愉快な時間を
たどたど 思い出して たぐり寄せてるみたいで
まるで 嗚咽みたい・・・・・に きこえる・・・・・

盟友を失う 悔しさ・・・・ 絶対に 受け容れられない・・・・・

あまりに短い 人生の最期に 
こんなにも 美しいメロディを My wonderful life と名付けて 遺してくれる優しさ。
曲名は すべて遺されたものへの メッセージみたいだ。

なんだか ぐたぐたに疲れて、
現実を全部 雨に流してしまいたい日に お勧めです。
ほんとに 骨身に 浸みるよ。 名盤です。





























附記
ドラさんのジャズコーナーという HPを開いているドラさんは、
佐藤有介のライブと 鈴木道子のライブで 何度かおみかけしたので
あれ? と思って 有介に聞いて お声をかけたら
「鈴木道子さんの追っかけをやっている日本一の鈴木道子ファンです」だそうで
「いえ 日本一の鈴木道子ファンは 私です」と 私と張り合っています。(笑)
でも私は ほとんど追っかけできてないので
最近は ドラさんのジャズコーナーの ライブレポートを読んで 歯ぎしりしています。

昨日はなんとその鈴木道子と佐藤有介が 井口健一さんのお誘いで初めて競演することになり、
パーティを振り替えて(神の采配か小学校の運動会で 来られない子が多かったのです!)
前日誘ったえりこと たまごちゃん夫妻と 代々木ナル ライブに行ってきました♪
初競演ははずせないと やっぱり ドラさんもいらしてました。(笑)

なんせ土曜日はパーティの人が多いし、 私も行けるか微妙だったので
お誘いキャンペーン張れませんでした。(キャンペーン張るのってすごい体力いるので)
でも 満席でしたよ♪  
北海道のやまねこさんからも 大分のママハハさんからも
行きたい〜って メール来てましたね。
  








| 音楽の話をしよう♪ | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/902

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM