<< 『銃を鍬に』 桑迫賢太郎 絵本とカレンダー | main | 長崎8人兄妹物語 テツオの仰天記憶力 その1 響写真館 >>

サンクス・アルバム! 長崎8人兄妹テツオのアルバムが アルバムエキスポに

大阪の ムツコおばから 重いダンボール5箱が 我が家に送られて来たのは 去年の6月だった。
長崎で響写真館を営んでいた 私の祖父 井手伝次郎撮影の ガラスのネガだ。

長崎8人兄妹の長男 桃太郎が 管理していたが、 おじが亡くなって  
「おばちゃんは、もう80過ぎだし、とても管理できないから 処分しようと思うんだけど・・・・
ひょっとして 若い人なら 何か利用価値も 見つけられるかしら。」と おばから電話が来たのを

「だめだめだめ 絶対 捨てちゃダメ〜!!」

と 東京都写真美術館で 学芸員実習をした 娘が 断固阻止して もらい受けたのだ。

080601_1800~01.jpg

何が 写ってるんだろう。 どうやったら 現像できるんだろう。

娘の 画廊の仕事で お世話になっている タケミ・アートフォトスさんが 
90才の お父様に やり方を 教わりながら ガラスを全部 焼き付けして 届けてくれたのは、
去年の クリスマス。 1300枚の ガラス乾板が 写真として 甦った。

091121_0822~01.jpg

今年9月の 桃太郎の3回忌に 写真を全部 大阪に送って、集まった兄弟たちに 見てもらった。
まだ、カメラが一般家庭に普及していなかった昭和のはじめ、
スタジオで撮った 記念写真だけでなく、何気ない子どもたちのスナップがあるのは、
写真館ならではだろう。

舶来文化の入口だった長崎で、毎年フランスからヴォーグを取り寄せていた モガモボの 祖父母。
子どもたちは、おしゃれな洋服を着せられて、迷惑そうな顔をした 記念写真も多い。(笑)



おじおばたちも 初めて見る 写真もあり、「いやはや なつかしい!」
写真という証拠物件があるために、曖昧な記憶は、ありありと画像を持って甦り、
「そうそうガラスを洗う水槽がここにあった」、
「鯉のいる池に誰かが落ちた」と、
老人たちは たちまち少年時代にワープして、共有していた時間を 愉快そうに確認し、
溢れんばかりに語り出した。
まさに思い出マジック!  写真の力を 改めて感じた瞬間だった。

法事の席に持っていける 写真は 数が 限られたので、
後日、桃太郎の家に 兄弟が集まり、(埼玉からミヤおばも)
1300枚以上の 写真を みんなで 見る会を持ったという。

彼らの父親 伝次郎は、仕事一筋、厳しくて威厳があって、
子どもたちは 打ち解けて話したこともないと 言っていたが、
でも、こんなに たくさんの 子どもらしい表情を 切り取っているのを見れば、
誰でも父親の大いなる愛情を感じずにはいられないだろう。

近々 このブログに アップを予定している 長崎8人兄妹物語
最後の イズミおじの インタビュー記事に合わせ、写真を 全部 送り返してもらった。
中に、ムツコおばの手紙と 新聞記事の 切り抜きが 入っていた。


へえ、 俳優の 佐野史郎さんの家も 松江で 写真館だったのか。
芋たこなんきんの 田辺聖子さんの家も 大阪で写真館だったなぁ・・・・なんか 親近感わく。

その手紙と記事を見たのが 11月10日。 
アルバム・エキスポの ホームページを見てみる。
サンクスアルバム・・・・ああ、アルバムを集めるのか・・・・写真なら たくさんあるが・・・・・

あ いやいや アルバムある!
5月のインタビューの後、 5男徹生(テツオ)おじが、ブログ資料と題して 送ってくれたアルバムが!
70代から80代のおじおばたちは、封印していた戦時中の話を、姪である私に語ることで、
すっかり元気になり、(思い出マジック!) 色々な資料を 次々私に送ってくれるのだ。

091121_1006~01.jpg

テツオは、昭和8年生まれの 現在76才。
兄弟の中でも逃げ足の早い、わんばく坊主だったようで、
話半分に聞いておいた方がいい、と兄弟に言われていた。(詳しくは、下の テツオ参照)

送ってくれた資料は、アルバムだけでなく、
響写真館の 見取り図や、長崎方淵町の地図、疎開していた佐賀多良の地図、
長崎大学付属小学校の文集、名簿、全部の地点に、細かい説明が書いてあり、
その記憶の良さと、地図の正確さと、
70年以上経って、再現する能力に、他の兄弟もびっくりしていた。

よし! これを サンクスアルバムに送ってみよう・・・・ ところが

があああああん 〆切 11月10日?
            今日!じゃないか・・・↓↓

 
あれ? でも アルバムを デジカメで撮って メールで送れば いいんだ。
なら 今日中に 間に合うかも! 

さっそく カメラを持って 冷泉家展を見に 出かけていたカメラマン氏を 呼び戻し
購入したばかりの 新しいデジカメで 接写してもらい、応募文をガシガシ書いて、
夜 駆け込みで 送信した。




そしたら なんと・・・今週 主催 審査員の藤本さんから お電話があり、
テツオのアルバムも 10人の 入選に入り! 展示されるという。

やった〜! 長崎響写真館の 井手伝次郎の
    写真を たくさんの人に見てもらえる!

長崎8人兄妹物語の 愛読者から ぜひ 写真展をやってほしいと 切望されているのだ。
ごく1部でも 昭和のはじめから 十数年だけ 長崎に繁盛した 響写真館の存在を 知ってほしい。
井手伝次郎の 写真を 見てほしい。
関西方面の方、梅田を通ったら、ぜひ 寄ってみてください。


ALBUM EXPO OSAKA
(アルバムエキスポ大阪)
 2009年11月27日(金)〜12月6日(日) 11:00〜20:00 入場料 無料
会場 HEP HALL
〒530-0017 大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 8F
 
JR大阪駅、阪急梅田駅から歩いてすぐ、
赤い観覧車のあるビル HEP FIVE の8Fです。
阪急うめだ本店の建て替え工事に伴う通路閉鎖のため、HEP FIVEへの経路が変更となります。 地下1階、サン広場地下通り 及びJR横断歩道前の東西コンコースが閉鎖されますので、阪急うめだ本店外周または阪急電車うめだ駅側から迂回してお越しください。

サンクス・アルバム 
http://thanks-album.com/expo-osaka/home/

大阪 梅田HEPP HALL 地図 → http://thanks-album.com/expo-osaka/access/





長崎8人兄妹物語 テツオ その1 http://kankarakan.jugem.jp/?day=20090609                   テツオ その2 http://kankarakan.jugem.jp/?day=20090722 
| 長崎8人兄妹物語 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/825

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
岡村幸宣『原爆の図全国巡回』占領下100万人が見た

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM