<< 『 谷川雁セレクション 』 を読む | main | クライマックスへの シフト >>

神の祟りか 神の采配か 

台風18号は、2年ぶりの 上陸だったとかで 各地に 大被害をもたらしました。
中部、長野、関東、東北、北海道のみなさま ご無事だったでしょうか?

こちらも 利根川をはさんで すぐ川向こうの 竜ヶ崎では、竜巻で 屋根が飛んだり・・・
大変でしたが・・・・・。

台風一過。
心配して見に行った 川ベリノ畑は、思ったより 被害が少なく、 
台風過ぎるまで おろ抜きを待ってた おふくろ大根の葉も 倒れてなくて よかった〜!!
091004_1117~01.jpg

この連休は 東京行きが 続くので、
野良好きの私は せいせいした 川ベリノ畑ネタを 出したいところですが・・・

農作業は 毎年 同じくり返しだし、
援農大好きの たまごちゃんは 花嫁の母 大プロジェクトで マリッジ・ツアーに行っちゃったし
(おめでとう!)
あらためて 記事にする ネタも 今年は ないなぁ・・・

と 考えながら キャベツの苗を 植えようかと 濡れた土を 起こしていたら・・・

がっ!

な、なんだ この音は?   手応え 急に ないし・・・? 

がががががああああああ〜んんん!!!  
091009_1253~01.jpg

あ・・・・あ、ありえない・・・・・ 
鍬が 折れた! ・・・・  な、なぜ・・・・・・・ネタのため?・・・・

ああ、神のタタリか 神の 采配か (イヤ、まさか ネタの ために そこまで やらないでしょ?)
はたまた 神のお告げか・・・
(なぜか 思いっきり 迷信深い私・・・・
皿が割れても ものが落ちても これは なんの 予兆か!と ビビる) 

いや 当然の 報いか・・・

いつも 鍬を 畑の物入れの上に 置いて行くので、
最近 鍬の ネジが グラグラしてるな とは 思ってた・・・・

道具は 大事にしろ って おババさまからも きつく言われてたのに・・・
チャリに 鍬積んで プリンに引っ張られて 走ると グラグラして 危ないので、
最近は 畑に 置きっぱだった・・・

鉄は 錆びるから 生きものだ
と 古代の人は 鉄を あがめ、 農具の再生を 祈って お祭りをした。

宮沢賢治童話『狼森と笊森、盗森』で 農具がなくなった 村人たちは、
鍬を 返してけろ と 森に 問いに行く。
笊森の 笊の中から なくなった 農具と バアと 山男が 出てくる。
一度 なくなる(死ぬ)ことによって 強く 再生させる 儀式か・・・・

ごめんなさい、農具を 大事にしなかった 当然の報いです。
祈りも 感謝も 祭りもない 錆びた心への 戒告・・・・デスネ・・・・

091009_1259~01.jpg


091009_1317~01_0001.jpg
 
鍬の 刃の部分だけで 手堀りして キャペツ植えました。 トホホ
カセット・ボンベで動く 耕耘機 買いたくなっちゃうなぁ・・・・
(キャベツの向こうは ニンジン。 キャベツの 右に 玉ねぎの 糸のような 芽も 出ました。)


附記 
このまえ 高校同級生の チャコに、
「ねえ あの ぎゃあああああああ〜!! とか
                    ががががががががが〜!!  とか
文字赤くしたり 大きくしたりするの やめてくれない?」  と 言われた。

「だってぇ、ブログでしか 発散できないんだもん。 いいじゃ〜ん」と ギャル風に ゴネてみたが、
なぜか やめろ と言われると ますます やりたくなる私。(笑)

これって 自分で言うのも どーかと 思うが・・・
明らか 父親 譲りだよねぇ・・・・・ マズイ。 似たくない・・・・↓↓ 
| 川ベリノ畑ニ居リマス | 07:47 | comments(5) | trackbacks(0) |
Comment
がーーー!!!!鍬が!
しかも前に直してもらった柏の金物屋は潰れたしね。

私もアヤカも擬音言葉使うけど
これってお母さん譲り? (笑)
2009/10/13 5:49 PM, from kana
鍬がぁぁ・・
ババは毎日荷台に積んで行ってたもんねぇ・・あの後ろ姿が懐かしい 笑

うん、使う。
だから全く違和感なかったんだけど・・根本家内の話なのね 笑
2009/10/13 9:34 PM, from ayaka
家の畑のキャベツと白菜はもう少し大きくなっているのだけれど・・・・青虫や夜盗虫、モンシロチョウの卵などなどで、大変!
一度座り込んだら、虫や卵全部やっつけるまで、帰れませ〜ん!
でも・・・・・次の朝には同じくらいいるんだもの。いやんなっちまう!
レース状になった葉っぱを眺めては、農薬を使わないんだから仕方ないよね〜ってアキラメムードです。

2009/10/15 1:30 AM, from ママハハ
手賀沼サイクリングで目覚めたボウズが、友達と利根川沿いの(上の)道を海まで80キロの所まで行ったと言うので、いったいどこまで行ったのじゃ??と、後日一緒に連れて行ってもらったら、先生の畑の対面あたり・・・いや、もっと先かな・・
超気持ちよくて、ボウズが三日連続で行ったのも分かる(三日目の夜中にお尻が痛いと起きてきた・・笑)また行こうと言ってるので、その時は連絡します。鍬の棒に旗つけて振ってください。
2009/10/15 9:43 PM, from nauman
みなさま! 新しい 安い鍬 買いました! 
って 時代が いけないですよね。
お亡くなりになった 鍬の活用法、
ナウマンさんのアイディアおもしろいけど 川ベリ難民みたい。(笑)とっしぃの行動範囲伸びてますねぇ。援農に来てと 伝えて。 
大分のママハハさん、我が家のおふくろ大根の葉もレースになってました。トホホ
携帯に もっといい写真があったので、差し替えました。
2009/10/16 8:17 AM, from かんからかん









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/795

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM