<< 谷川雁セレクション 刊行記念シンポジウム | main | 玉木光チェロコンサート 『 セロ弾きのゴーシュ 』  >>

いのちの スープ ふたたび  野菜と ダシの ハーモニー♪

このブログの 検索ダントツ1位は、いのちのスープ 
記事を出したのは 去年の7月なのに、過去3ヶ月の検索が 250 以上ある。

辰巳芳子さんの いのちのスープに ひっかけた タイトルの おかげで、
(もちろん狙ってつけたのだが)
辰巳さんの いのちのスープを 検索して かんからかんのかあんに 来た方が
ほとんどだろう。 

私のは、レシピも何もない その時 家にある 食材を ぶっこんだだけの ただの野菜スープ。 

テレビで 辰巳芳子さんの いのちのスープ教室は 見たことあるが、
レシピは 見たことないし、作ったこともない。
辰巳さん、名前だけ 便乗して ゴメンナサイ。 なんだか 申し訳ない。

でも わが家版 いのちのスープも
パーティの持ち寄り料理で 美味しい! と ママさんや 大学生に けっこう人気だし、
いのちの 元気を 願って作っているので 許してください。

最近 食欲のなかった友人に 「いのちのスープ 飲みたい?」とメールしたら、
「飲みたい! 飲みたい!」というので、いのちのスープの 出前をした。(笑)
ぐつぐつする鍋の横で 手順ていねいバージョン 写真 撮ってみました。 

090529_0619~01.jpg090529_0641~01.jpg
今回は 出前なので 気合いを入れて、前の晩に、コンブと 煮干しを 水に入れて
一晩おいておきました。
朝 一煮立ち 寸前に かつお節と コンソメを入れます。
  090530_1255~01.jpg
煮干しと かつお節と コンブは すくって、
コンブ以外は プリン(我が家の犬)の ごはんに。

090530_0850~01.jpg
パーティの持ち寄り料理で 作る時は、若者 子どもたち向けなので、
ベーコンやソーセージをどっさり入れるが、
今回は あっさり系にして ベーコンも 少なめにしました。 
090530_1146~01.jpg
長ネギの時もあるが、
今は 新玉ねぎが 甘いので、
玉ねぎで。 

090529_0717~01.jpg
ある野菜は、なんでも 入れマス。
ダシが出るので 欠かせないのは、きのこ類と もやし。
レタスも ダシが出るよ。 今回は 新キャベツで。

090529_0648~01.jpg090529_0717~02.jpg090529_0727~01.jpg最後にじゃがいもを入れ あとは クツクツ。

味は、 塩と しょうゆを ちょっと。
ジャーン! 
090529_0756~01.jpg

090529_1039~01_0001.jpgこれは、
母の部屋に
運んだお昼。
同じものを
出前しました。

母は 例によって
ほとんど 残して
ましたが、
出前の方は
五臓六腑に
染みわたる
と 評判でした。 

メニューは、 きゅうりとかぶの 浅漬け(塩だけ)・ 自家製スナックえんどうとシラスのさっと炒め
シラス干し入り卵焼き ・ かぼちゃの煮つけ・ いのちのスープ ・ 自家製ゆかり


私は まったくテキトーな人間だから 料理番組も見ないし レシピ通りに 作ることは ほとんどないが、
結婚当初 よく読んでいた ダシや 素材の研究の料理本が 我が家に たくさんある。

本の中身は すっかり忘れてしまったが、 江原恵の「食通以前」という本を ひさびさ 開いたら、

ダシは ソロより ハーモニー というページに 付箋が 入っていた。

昔から、なぜか ハーモニー 交響に 弱かったのねぇ、私・・・。(笑)

ちょうど伊丹十三の 映画『タンポポ』が 封切られ、
ラーメンの ダシを あれこれ 工夫してるのを 見て、えらく 昂奮したものだ。

そうそう、実は ラーメンフェチの 私。 
だけど、外食ほとんどしないから 報告するほど データないの。
高校同級生のマッシィくんなんか 年中奥様と 行列ラーメン 報告してて マジで悔しい。
いつも ギリギリ 歯ぎしりしてます。(笑)  ラーメンについては いつか書くね。
煮干しの 底力 についても 別に 書くね。

おなかの調子が悪い時や 食欲ないときには、
具を つがないで スープだけ飲んでも 力が つくよ。 コンソメみたいでしょ。
野菜と ダシの ハーモニー♪   いのちのスープ 召し上がれ。
090529_0757~01.jpg


いのちのスープ 去年の記事 →  http://kankarakan.jugem.jp/?eid=567
| おばんのお勝手 | 17:50 | comments(7) | trackbacks(0) |
Comment
いのちのスープ、おいしそう!
私もやってみよ〜!

私もスープは良く作るんですよ。
<ミネストローネ>
何でも入れるんです。サツマイモや、ゴボウも。
たくさんの野菜と一緒に大豆,キノコ、ベーコン、それに良く熟れたトマト。
大きな鍋で、無くなったら、又作っておく。

スープって保険みたいなもの。
“安心”・・・・がありますね。
2009/06/05 12:42 AM, from
出前のおすそわけいただきました。(笑)
スープは煮干しのダシが利いて、野菜がどっさりで、塩加減が絶妙。
本当に五臓六腑に染み渡る美味しさでした。我が家も野菜スープは大好きでよく作るけど、ある時はモヤシが青臭かったり、またある時は塩が足りなかったりと行き当たりばったり。 次回は絶対に煮干しのダシにしよう!

2009/06/05 9:56 AM, from たまご
辰巳さんの本。なぜかパパが買ってきて、我が家にあります(笑)

ちえさんのスープ♪娘も私も大好きです!!パーティーで出る度に 密かにお代わりしてる私☆☆☆

パーティーの男子達も 一口いれると「うめ〜♪」 の 声を 素直に出しながら とまらなくなる。うふ♪

私も娘がこのスープだと野菜を躊躇なく食べるので 家で何度かチャレンジしてるんだけど…。なんか違う…修行だ…(笑)ちょっとの加減と何か。レシピみてまたチャレンジだ!

やっぱり、ちえさんの作るスープは、他にはない
いのちのスープ。だと思う。ちえさんの愛情いっぱいだ☆いいハーモニー♪

う。飲みたくなってきた。
2009/06/07 12:10 AM, from あっき〜
あっきー、密かじゃないって 笑
活動始めるよって言われてから最後におかわりしてるでしょ!
しかも娘ほったらかしで 笑
私知ってるのよ 笑
パーティのご飯一番食べてるのあっきーなんじゃない?うふふ
2009/06/07 11:16 PM, from ayaka
いのちのスープ・・・おいしそうデスネ。お鍋いっぱいの量がまた力がでるかんじで最高です。

ところで、私は辰巳芳子さんのお母様、辰巳浜子さんの大ファンであります。「娘に伝えるわたしの味」は
愛読書。そのに中には、「食べ物はその人の手で作られ、人の手はその人の心につづいています。誠意と愛情によって作られる食べの物は、血となり肉となって生命につながるばかりでなく、その思いの中にもかかわりをもってゆくものではないでしょうか。」という文面があります。

まさに、いのちのスープですね。

つなげましょう、いのちのスープ!
2009/06/08 11:12 PM, from べッキー
昆布と煮干とかつお節がポイントだたんですね、納得。ちょうど今読んでる本‘千住家の命の物語‘にスープの話が出てきます。スープは究極の祈りの食べ物ですね。
2009/06/11 1:48 PM, from nauman
まあ、インドのベッキーさんもナウマンさんも長野育ちだわ!(笑)料理上手のお2人には足下にも及びませんが、毎日続いてること、これだけだから。(汗)
2009/06/11 9:04 PM, from かんからかん









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/738

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM