<< さよならね。 | main | インド古典舞踊オリッシィ公演 >>

a Day in Our Life   木更津キャッツアイ

ドラマ 木更津キャッツアイ(2002) は、
大好きな オカダくんが 出るし、クドカンの脚本だから、見始めた。
千葉県民だから って わけではない。
(千葉といっても うちから 木更津は 遠いのよねぇ。でも ヒタチナカよりは 地元感ある。 笑)

いきなり ガツンと やられた。

いつも 連中が たむろってる 佐藤隆太扮する マスターのお店で、
岡田准一 扮する ぶっさんが 「オレ ガンで 余命半年なんだ」って言ったら、 
塚本高史 扮するアニが 「おれ そういうの イヤなんだよね〜」とかなんとか(セリフ忘れた)
キレて、 受け容れ不能の 事態に対して 退席しちゃうの。

イヤ あれには 仰天した。 ってゆーか 

受け容れ不能でしょう?

ハァ じょーだんでしょ? 意味不明 ゆるせねぇ 削除! って。
誰だって そう思う。 思いたい。

まあ 退席するかどーかは 別として、
アニみたいに 言うかどうかも 別として、
アニは そこまで考えてるんじゃなくて、
いつも言葉じゃうまく言えなくて ゴツゴツぶつかっちゃう めんどくさいヤツなんだけど。

断崖から 飛び降りる 覚悟で 打ち明けた方だって、
「ハア? 死ぬのは オレだぜ?
キレたいのは こっちだ。  励ましてほしいのは こっちだろ?」
って やっぱ 言わなきゃよかった〜↓↓感 イッパイになる。  カナシイ。

若者だったら、 (若者じゃなくても)
いつもの つるんだ 仲間だったら、 
だよねぇって。

肝心なことは 何も 言葉で 言えない。
言いたいことは 言葉で 出てくること と ちがうんだ。

人間の 会話って そうなってると思う。

だから ドラマで 朗朗と 語り合ってる 人たち見ると ハァ? って白ける。 
だから クドカンの 脚本に 鳥肌立った。

息子が 松尾スズキ率いる 劇団 大人計画が 好きだったし、
芝居で 宮藤官九郎は 観てたんだけど・・・・
テレビの脚本で 見るのは これが 初だったのかな? (池袋ウェストゲートパークもそうらしい)

う なに? こいつ。 青白い顔して なかなか やるな。
クドカン なんて キムタクなみに 省略形で言われるだけのこと あるかも。って
ほんとに ガツンと 来た 忘れられない 瞬間だった。 

まあ クドカンの 脚本が いいだけじゃなく、
バカな 男子5人 それぞれの キャラが立ってるし、
オカダくんが もちろん めっさ かっこ悪くてカッコイイし、
昔 さんざんバカやって 今は ショーガナク 木更津に 落ち着いちゃってる 
オジサンオバサンたちが いかにもって 味 出してるし、
テンポが めっちゃ 早くて、 野球みたいに 何回ウラ とか言って
伏線を 映像ごと 巻き戻しちゃう 撮り方とか 映像的にも 新しいイタヅラ たくさん やってるし、 
作品は いつだって 複合的だからさ、
誰が 何が 突出していい ってことには ならないんだけど。

で、そのテーマ曲が の  a Day in Our Life

ラップがノリノリで、 もちろん メロディラインは 切なくて、 
ガツン ガツンと 来るビートが、 イギリス映画 「トレインスポッティング」の
あの オバカな 男どもと ガンガンの音楽とかぶる。

最近 また テレビで 映画 『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』やってて、
(映画『フィールド オブ ドリームス』のパクリで 笑っちゃうよ)
観てたらどうしても CD聴きたくなっちゃった。

アヤカに 頼んで、すぐに 嵐 の アルバム 借りてきてもらったんだけど・・・
あれ? アレンジ ちょっと ちがくない? こんな 曲だったけ?

あああああ やっぱ あの時 シングル買えば よかったなぁ。
アヤカが 友だちから 借りてくれたから、
それ聴いて 満足して 買わなかったんだよねぇ。


で アマゾンで探したら、あったあった! 
でも プレミアついたのか、
あの時 500円だったのに、な、なんと 1980円に なってた〜。

買っとけばよかった〜!
ま しょうがない。 
取り戻せない a Day のためなら・・・
なんちって。(笑)



 
この 小ささが なんとも言えないっしょ?
ビニールパッチに 入ってるの。
キックで ダッシュで GO!  みたいな
グラフィティデザインも カッコいいでしょう?


このあいだ、同級生のたまごちゃんが、
「ねぇ ねぇ、 おスエったら 姪ッ子さんの影響で 今 に ハマってるんだって!」
同じく 高校の同級生で おひな様みたいな 外見で、
すました 文学少女の オスエの びっくり仰天ニュースを 私にささやいた時、
「え?  いいよ。 私も 好きだよ」って 答えたら、  ええええ? って 仰天してた。(笑)

アッハハ なぜか けっこう ジャニーズ 好きな私。
作品とチャンスとプロデュースに 恵まれれば、若者は 伸びる。 力は 後から ついてくる。
って 証明してくれるからさ。

最近 ミチコちゃんの同級生キイちゃんが 公民館の 韓国語講座に 行ったら、
韓国旅行から 帰ったばかりのオクサマたちが、韓国の 高校生から
「日本人なら、 を 知っている?」と 韓国語で聞かれたという。
それを聞いたキイちゃんは、「韓国の 高校生は 台風を知らないのか。
日本は そんなに 台風の多い国と 思われているのか」と 感慨にふけったそうです。(笑)
帰宅 してウェブ上で  を調べたら、 出てきたのは 数人の 男の子たちの顔だったとか ???
 は けっこう オバサンを 襲ってる模様・・・デス。

全身ぜんれい 目指してく Way♪ 

って  ガンガンかけて、
これでもか これでもかって 襲ってくる 受け容れ不能な事態を、 かっ飛ばすべく
車 飛ばしてる私。(コワっ 笑)
 





| 音楽の話をしよう♪ | 07:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
なんかうれしくて笑っちゃいました。嵐、いいよね!
「a Day in Our Life」!!!!!私の元気の出る歌「NO.1」2曲のうちの1つ。
(もう1曲は「ファイトソング」)
いろんなライブで歌われているものも好きだけど、
私はアルバムの(ライブとはまったくちがう)作りこんだバージョンも
結構気に入っています。とくに洗濯物を干すときに最高。

クドカンってすごい人だと私も思う。
最初にうっ!?と思ったのは、「タイガー&ドラゴン」だった。谷中竜二役の岡田君のグダグダ感がよかった、でも荒川良々もたまらない。」
そして「流星の絆」で参ってしまいました!!原作はそんなに面白くないのにドラマには脱帽でした。
松尾さんも好きだなあ、舞台に出てくるだけでおなかのあたりがかゆくなる。
といってもTVで舞台中継を見ただけなんだけどね。(ああ思い出しただけで、う〜〜〜)

それにしても「おひな様みたいな 外見で、すました 文学少女の オスエ」って(笑)、中がドロドロぐちゃぐちゃだった分、外に出さないように力入ってたんだろうなあ。

2009/05/09 11:20 AM, from おすえ
おすえ 熱烈なリアクションありがとう!(ほんとはこの3倍あった)
私はそこまで嵐ファンではないので、圧倒されたよ。娘に お母さんの友だちってみんなお母さんみたいなノリなんだね、と言われた。 うん。私たち少女時代おひなさまみたいに大人しくしてたからね〜。(笑)

流星の絆は 最初のシーンでなんじゃと思って、ちゃんと見なかったんだけど、あまりのどんでん返しにちゃんと見ればよかったと後悔した。「遺族が笑ってなにが悪い」ってセリフにぐっと来たんだけど、あれって原作なのかなぁって気になってたんだ。
2009/05/09 12:26 PM, from かんからかん









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/720

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM