<< アレルギー体質 | main | 土曜日 午後3時 利根川土手を 一直線 >>

パラサイト その1  ネーミング

4月から 子どもたちが 新しい生活スタイル に シフトする家庭も多いと思うので、
経済的自立について 日頃 思っていることを 書く。

生まれてこの方 パラサイト(寄生) しかやったことがないので、
経済的自立とか 女性の自立とか ジェンダーとか 男女機会均等とかいう話題に めっちゃ 弱い

いつも私が使っている 好き♪っていう意味の 弱い ではなく、
まったく言及できない、苦手って意味の 弱い だ。

どっちかっていうと 頼まれなくても お茶くみしちゃうし、
仕事するより お茶や オヤツの心配を先にしてしまう タチで。(笑)

先日スーさんに 「チエ こういうお総菜ならべて 居酒屋やれば?」 と言われた。
下北沢のカレー屋や 奈良の旅館で 働いてたせいか、
わさわさ 来る人に お茶だの食べ物 出して、
隅っこで ふんふん 聞くともなしに みんなの話を 聞いて、
ふあいと! なんて 肩ポンして 送り出す ママさんみたいな 立ち位置が 昔から好きだ。

うん 採算と 後片付け 考えなくてよいのなら やってみたい 仕事の 1つだね。
ヨウコ に「ダメだよ、チエは。 絶対 採算 取れないし、 あんな田舎じゃ 誰も来ない。(笑)」って
すぐ否定されたけど。(まあ 似たようなことは いつもやっているので よしとしよう)

毎日 90才の母の、
女は3歩下がって男の言うことを聞いて 男は 俺について来いと 引っ張って行った昔の日本と
今はすっかり 違ってしまった。 女が 自分のやりたいこと ばっかりやってるから 
日本は ダメになったんだ! 

という 説教を 聞いて 歯ぎしりしている割には、私も けっこう 男尊女卑を 再生産している。
(これについては 別に書く)

一度くらいは 「でも おばばさま 時代は とっくに 動いてますよ」と 言ってみたいが、 
すさまじい 反撃を考えると、 男尊女卑を 意識構造改革する方へ 私の パワーは 稼働しない。
戦っても 状況変わらないのは 目に見えてるし、
生物的 私の直感と 経験から言って、男尊女卑の 方が なにかと うまく コトが 進む。   

実のところ オヨメとか オバンとかいうのも けっこう 気に入ってる 立ち位置で、
自虐的趣味もあるが、 形勢不利になったら それを ふりかざして トンズラしよう 
みたいな 退路確保に 使っている。
そういう Excuse が 通用する世界で ジコチュウに 生きて来たことは 否めないし、
同期女子が 仕事の前線で 鍛えられ、クリアしてきたことからは 完全に 落ちこぼれている。

だから これは 経済的自立したことない パラサイトの遠吠え と 読んでもらっていい。

これが 私のタチと 日常の生活だから しょうがない。
一応 大学では社会学ゼミだったし、上野千鶴子とか よく読むのだが、
理論的好みと 実生活は なかなか一致しないのだ。

しょせん 人間は 自分の生きてきたありようを 自己弁護する哲学しか 持ち得ない。

私も前線で バリバリ働く キャリアウーマン(私の頃 流行ったなあ この言葉)だったら、
『お一人様の歯ぎしり』 なんて 本書いてたかもしらんし、
自分の中の 筋と主張に従って、不条理と戦い、 Divorceする パワーがあったなら、
それを支える 今とはちがう 哲学を 見つけていただろう。

みんな 少なからず 自己矛盾した存在で、 自分の中の 筋と主張とは ちがう流れに従って、
その時 パワーが出せる 方向に 生きていくのだろうし、
どーにもならない 抱えているものによって、生かされているところもあるのだから、
自己矛盾に 引き裂かれながら 進んでいくしかない。 

あれ? また 前置きだけで 終わっちゃう?(笑)

子どもが大きくなってからの 子育て(育てられ)は、
自己矛盾した 自分を 子どもに突きつけられるようなもので、
(だから 余計に イライラする)
気持ちの 落としどころのためにも、
自分を 棚上げせずに 分析しておいた方がよいよ
という 前フリでした。(長 笑)

ええ で 今日のお題は・・・・・ パラサイト パラサイト・・・・・

パラサイトは、「学卒後もなお親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者を言う」『パラサイト・シングルの時代』(山田昌弘)から来ている。

当然 独立して 1軒家を構える(アパートでもマンションでもいいが)経費は 節減されるから、
(なにがしか 家族に 経費を入れてたとしても)
そのぶん 自由に 自分の好きなことに お金が 使える。

私の頃は、パラサイトなんて いかにも哀しい まるで害虫みたいな 響きの ネーミングは なかった。

なぜか キャッチーな ネーミングに すぐに飛びついて 使いたがる 私。

だが、どうも 社会全体(というか 流れを作っているメディア)に、その傾向があって、
社会学で ネーミングして 分類しちゃうと、

一把一からげにして → 後ろ指さして → オシマイ

みたいな悪しき 流れに陥る。
私も まんまと 流れに乗ってる ってことか。

団塊の世代、三無主義、新人類、ニューファミリー、バブル世代、パラサイト、アキバ系、ニート、ハケン、ワーキング・プア、 ハケン切り 草食男子 墓守娘・・・・etc etc ・・・

でも ネーミングに 暗に含まれる、後ろ指さし感 が 気になる。
後ろ指 さす側の、 大衆心理の方に 興味があるのだ。

前フリで 長々書いたように、 誰でも自分の中に 後ろ指さす側 と さされる側の
自己矛盾を抱えながら 親を やるから。(笑)
そこに 肉迫しないと、私たちの 社会学は 他人事になって、 バッシングするだけで 上滑る。
そこを 考えたいな。 考えよう。




















| おばんの 子に育てられ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(1) |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。
農業
親から農地を相続したけれど、農業をする気にはなれない。 相続した農地をどうしたらいいのか。 現代の離農問題、担い手の高齢化から、耕作放棄地などの遊休農地が増加しています。
2009/03/18 5:28 PM, from 農業

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM