<< 長碕8人兄妹物語  キヨアキ その1 | main | 全日本高校・大学ダンスコンクール in 神戸 >>

長崎8人兄妹物語 キヨアキ その2

昨日の つづき。 その1から 読んでください。

キヨアキ  イデの弟が チョウチュウに入って来た というのは あの入学式事件で 知れ渡った。
     それまでに すでに 1年上の 井手イズミは 人気があったから。 特にワルに 人気があった。
ちえ   泉おじ 人気あったんだ。 さっき言ってた 男に モテたってやつね。(笑) 人気の秘密は?

   ワルに モテた 兄イズミ

キヨアキ  うちに 離れがあって 1階に おばあちゃんが 住んでたんだけど
ちえ    キンさん?
キヨアキ  いや 梅子(母親)の 母親だと思う。
ちえ    佐賀の 古賀の おばあちゃんだね。
キヨアキ  伝次郎が おばあちゃんを 一時 引き取って 世話してたんだな。で おばあちゃんは1階に住んでたんだけど
     その2階が 空いてて なにもないんだけど そこが 僕ら子どもたちの かっこうの 遊び場になってたんだ。
     で イズミは ワルたちを そこに連れてきた。 部屋の中から 煙がモクモク出てたこともあったし(笑)
ちえ    たまり場を 提供してたわけね。
キヨアキ  何やってたかって言うと 何も 遊び道具はないんだけど 窓の 欄干に捕まって 
     「おう ハゲが 来たぞ!」とか 「あいつは○○だ」とか 人物評論を やりたい放題やってたんだ。(思い出して 吹き出す)
ちえ   アハハハハ 通りに面してたの? 中島川の方? 向かいが 富貴楼でしょ?
キヨアキ 富貴楼は 西山川の向こうでしょ。 そっちとは 反対の 裏通りに面した側。 
     彦山(ヒコサン)って 北原白秋の詩にうたわれた 印象的な山が見えるんだよ。 そのたもとに ちょうど
     いいのか悪いのか 風呂屋の煙突がみえるんだ。 で 風呂屋から 出てきた人の頭に なんか 投げようとか
    大工さんが 材木に印つける 円錐形の重りを 誰かの頭に 垂らそうって計画が持ち上がって(笑)
     おう やろうやろう♪ なんて みんな 盛り上がって。(思い出して吹き出す)

ちえ    アハハハ ワルいなぁ〜。 誰が そんなこと 考えるの?
キヨアキ  イズミに 決まってるだろ。 テツオ(キヨアキのすぐ下の弟 6番目)は 度胸ないから そんなこと考えない。
ちえ   え? そうなの? ナツキは テツオは ワルでワルで って 言ってたよ。テッちゃんが一番悪そうだけど。
キヨアキ  いやいやいやいや。 もう やさしくって 優しくって アイツは一番優しい。
ちえ    そうなんだ〜。
キヨアキ  ケンカできない。 ぜんぜんっ (ものすごく強調)ダメなんだ。
      イズミが一番 ケンカ強い。 っていうか 度胸があるんだね。 
      小さい時から、言うこときかなくて 親父に 西山川の 崖に 縄でぐるぐる巻きにされて 吊されても 
      まったく 泣きもしなかった。 夏木ねえさんの話では、逆さまになったまま 親父を睨みつけてたらしい。(笑)
ちえ    えええええ?(笑) す、すごい。 アハハハハ
キヨアキ  そういう根性が あるからね、 イズミ兄さんは。 学校行っても ケンカ自体のテクニックが強いんじゃなくて
      そういう強さを 買われていた。
ちえ    ひるまないんだね。(笑)
キヨアキ  遊び場も 提供してたしね。 だから ワルたちに 人気があった。 ボスじゃないんだけど 一目置かれていた。

  パシリの おとうと

ちえ    じゃあ そのイズミさんの 弟だから キヨちゃんだって 保護されたでしょ?
キヨアキ  僕は 「おまえ ちょっと やって来い。」って言うのに 使われた。(笑)
ちえ    それじゃあ パシリじゃないかぁ。(笑)
キヨアキ  でも 僕は ケンカは嫌いじゃないから。
ちえ    ケンカ好きだったの? (おじちゃん マスオさんみたいな 見かけなのに 意外だ!) 
キヨアキ  好きだったね。 その頃は イズミの学年でも 派閥があって つまらないことで しょっちゅう ケンカが絶えなかったんだ。
      はけ口は そういうことしかないんだよね〜。 今みたいに パソコンで メール送ってどうのこうの なんてないんだからさ。
      即 暴力につながって 絶え間ないんだよ。(笑)
ちえ    アハハハハハ  でも 戦時中でしょ? 戦時中だよ。
キヨアキ  戦時中でも そういうことは あるんだよ。
ちえ    戦時中だから 余計ストレスも 貯まるんだろうしね。
キヨアキ  戦時中でも そういうことまでは、 先生も やっぱり押さえられないんだね。
      見て見ぬフリをするというか。「テンノウヘイカ」って 言ってればいいんだから。
ちえ    アハハハハハ パチパチパチ(拍手)
キヨアキ  それを 言わないと 大変なんだけどね。 イズミの場合は、おそらく言わされたって 言わない。
      そういう場面は なかったと思うけど。 あったのかな〜。 そう言えば 先生が やれって言ったことを
      拒否して 先生に殴られて 骨折したことが あったかもしれん。
ちえ    ゴウケツだなぁ〜。
キヨアキ  そういうこともあって 一目置かれてたんだな。
      途中で 転校したからね。(昭和20年の春) そういう時代の仲間が 今でも長崎にいて、
      イズミは 長崎行くと、その頃の仲間に会うみたいだよ。
      僕の友だちは みんな原爆で死んだから 親友は一人もいないけど。
ちえ    そうなんだ・・・・・
キヨアキ  うん。 ほとんど みんな 死んだ。

   息苦しさ

ちえ    戦争中の 学校の 軍国主義の雰囲気って 息苦しかった?
キヨアキ  そりゃあ 息苦しいよ! (声を荒げる) 
      だから今ね、今の世の中 息苦しいとか ストレスばっかりだとか どうのこうの言うけどね、
      僕から言わせればね、あの時代に比べたらね、こんなもの(声が裏返る)
      今は今なりに わかるよ、けど! そんなものじゃないもの!

ちえ    どんなもの? どんなものなの?
キヨアキ  もう・・・もう・・・・世間全体が 軍事下。・・・・・・一番 怖いのは憲兵。
ちえ    え? 憲兵?
キヨアキ  憲兵に 睨まれたら 終わりだから。


   袋だたき

ちえ     じゃあ その軍国主義の 息苦しさを ケンカでうさ晴らししてたわけ?
キヨアキ   ああ、確かにそういう面が あったかもね。 そうそう そういうので 晴らしてたんだ。
       もう 締め付けたるや すごかったからね。
ちえ    でも 先生だって 暴力し放題 なんでしょ? 「テンノウヘイカの ために」って。
キヨアキ   もう 世間全体が そうなってくるとね、なんて言うんだろうなぁ・・・・もう 諦めと・・・・
       いうのがあって・・・・その中でも・・・・けっこう色々あるんだよ。
      先生が 公然と殴るのも 許可されてたし、たくさん あったよ。
      そのかわり 袋だたきに 遭っちゃう。
ちえ     誰が?
キヨアキ   先生が。(ささやくように言う) 
ちえ     え? 誰から? 
キヨアキ   先生の中でも 暴力ふるう奴とか みんなに嫌われてる先生が あるじゃない?  
       あのヤローって。 そしたら 袋だたきだ。
      T 先生っていうのは、 夕方 路地を曲がって お風呂屋へ行くんだ。 そしたら  
 後ろから 袋かぶせて ボコボコにされちゃう。
ちえ     エッヘヘヘヘヘ(笑) ほんとに 袋だたきなの?!
キヨアキ   それから 始まったんだと思うよ。 ほんとに袋かぶせるんだもん。パっとかぶせる、1人が。
       誰がやってるか わかんないでしょ?
ちえ     ああ、なるほど!
キヨアキ   で、踏んだり 蹴ったり 殴ったりして・・・・
ちえ     はぁ〜
キヨアキ   だから 先生がいくら 権力持ってたとしても それをやられるから
ちえ     誰に やられるの?
キヨアキ   我々から。
ちえ     え? 我々から?!(叫ぶ)
      中学生が? ちゅ、ちゅーがくせいが??! アハハハハハ(仰天爆笑)

キヨアキ   あいつは もう 袋だたきだ! おまえが 袋をかぶせる役だ って。(吹き出す) 
       袋をかぶせる役が 一番重要なんだよ。 それに失敗したら 誰がやったかバレちゃうから。 熟練がいるんだ。(笑)
ちえ     それが バレたらどうなるの?  先生だって 学校に 言うでしょうよ、 袋だたきに遭ったって。
キヨアキ    それは 人によりけりだな。 よっぽど骨折したとかだったら 言うかもしらんけど
        そこが今のヤツラと 違うところで オレたちは 加減したもん。 今のヤツラは
ちえ     殺しちゃうもんね。
キヨアキ   ちゃんと 加減したもんね。 殺人事件だってあったよ、刺したりとか。 でも 
       そういうのは ごく希れで ちゃんと加減したよね。
       先生だって プライドが 高かったら 言わない。 自分が人気がなくて 袋だたきに 遭ったなんて
       自慢にならないことじゃない? 今だったら 社会で大騒ぎして テレビが大騒ぎするけどね。
       そういうこと騒いだって 決していいことはないから、 密かに終わっちゃう。
      それを いいことに また やる。(笑)

      アイツは 軍法会議だ! いついつか 決行する!   

ちえ     キャハハハ 軍法会議!(拍手) 粛正ね。
キヨアキ   必ず お風呂屋さん 出るところを 狙うんだ。
ちえ     アハハハ じゃあ 離れの2階から 見張れるわけね。
キヨアキ   先生だって 仕返しされるから 決して 安泰ではない。  (格言めいて 言う)

   終戦

ちえ     そーんなんだぁ。(笑)  じゃあ、 戦争終わって コロっと変わった?
キヨアキ   どうなんだろうねぇ。 僕たち 佐賀で 終戦だったでしょ?
        長崎というところは、やはり昔から 異人さんの文化があるから 考え方も開けてて 
       こんなもんじゃない ということは もうみなさん心得ていたし、戦争終わったら 
       すぐ 自由主義のほうに 移行したと思う。
       でも 佐賀というところは、 なんか・・・・・葉隠れとか・・・・(声をひそめて)・・・・
       ス、スゴイんだぁ。 今でも 僕は一度も行ったことないけど、 同窓会のお知らせが 
       我がロクジョウ? カシマの精神が・・・みたいなのが 来るんだ。今どき。(笑) 
       普通に 楽しくやりましょう♪ ていうのじゃないんだから。
       先生は 全員 東大卒だしね。 美術と音楽の先生だけが 芸大だったけど。
ちえ     そうなんだ!
キヨアキ   いや 東大進学率が 高くて みんな 故郷に錦で 帰って教員になる道が決まってるから
       なんだけどさ。 

   伝えにくい 雰囲気

キヨアキ   ちえちゃんが さっきから 何度も聞いてる 戦時下での井手家の 雰囲気が どうだったのかとか
        社会の雰囲気が どうだったのか、 政府の 弾圧がどうだったのかってことは なかなか説明が むずかしいけど・・・・
       で、 今のお年寄りたちも みんな 言わないでしょ? 僕から 見れば。
       もっと 言えばいいのに って 僕も思うよね。僕たちは 学生時代だったけど 
       もっと戦争を 体験した人が 言えばいいのに って思うよね。 従軍慰安婦の問題だって 真相は どうだったのか
       言わないでしょ? みんな 黙ってて。 言わないんだよねぇ。
       そして また マスコミも ちゃんと 取り上げないでしょ?
       たまにNHKなんかが 終戦の日とかに ちょっと 取り上げたって 今だから 言えるけど・・・
       って感じに 表面ヅラ なぞるだけで 言わないでしょ?
       で そういう お年寄りが 死んじゃったら ほんとに(声を荒げる)その時の 雰囲気がどうだったかを
       伝えるのは むずかしいよね。 僕が 子ども心に感じた ことなんかは ・・・・

   血マゲル  
     
ちえ    井手家のこういう 自由な 個人主義的な雰囲気っていうのは 周りにはどうだったの?  
      変わり者扱いされてたかもしれないけど、 変わり者扱いで 済まないでしょ? ゼイタクは 敵だし。

キヨアキ  イヤ 周りに出るほど・・・・ 親父も 個人的には 変わり者で 鳴り響いてたかもしれないよ。
      だけど 弾圧につながるほど 凝り固まっていたわけではない。
      例えば うちが 共産主義の思想を 持ってるとかじゃないからね。
ちえ    あ〜 なるほどね。 隣組の 竹槍訓練とか あるでしょ?
キヨアキ  ああ、そういうのは お弟子さんや 女中さんが 出てたかもしれないね。
      だから 代わりにって いうんじゃないけども シェルターに ご近所を かくまってたんだ。


キヨアキ  でも 全体的に 国が 憲兵っていう形で 血マゲルっていうのは 怖かったよ、実際。
 血マゲル? 血祭りにする? 今でいう バッシングか?  

ちえ    怖かった?
キヨアキ  怖かった。 実際 怖いよ〜、それは。 
      憲兵に連れて行かれたら もう 生きて 帰れるか わからないんだから。                                            有罪にしちゃえって 言えば 有罪に なるし。
      共産党員なんか みんなそうだから。

ちえ    じゃあ 鬼畜米英って 米英よりも 憲兵の方が 怖い? 実際的には。
キヨアキ  そりゃ そうだよ! (ささやくように 叫ぶ) 

      米英なんかは 憧れだもん!  

ちえ    あこがれ?!(叫ぶ) だって 敵じゃない!
キヨアキ  敵だけどぉ、 だって うちは 親父の趣味で 小さい時から 欧米文化が 満ち溢れてたでしょ?
      だから 小さい時から 親しんで、やっぱり すぐれているっていうのがわかるじゃない。
      本も たくさん あったんだよ。 欧米文学。
ちえ    タエ子さんが 世界文学全集が あったって。
キヨアキ  ああ、ありましたねぇ。 ともかく すごい数の 本が あったから。
      小川未明の 共産党がかった 児童文学とかも あったしね。僕は ロシア文学が 好きで。
      そんなに 本だけ 好きだったわけじゃないよ。 明るいうちは 外でコマまわしたり、
      あらゆる、可能な限りの 子どもの遊びを 外で一日やって 帰って来るわけよ
ちえ    うんうん。(笑)
キヨアキ  で  夜は 本を読んだり レコードを聴いたり。 イズミも そうだったから。
      だから まあ 戦時中の 色々な 締め付けがあっても 楽しい遊びの方が 多かったのかもね。 子どもには。 


ちえ    憲兵の数って そんなに 多かったの? ナツキの 書いた文にも あったけど ウロウロしてるの?
キヨアキ  それは 多かった。 なんせ 長崎は 軍港だから。
ちえ    ああ〜 そうか!
キヨアキ  憲兵が ウヨウヨいた。 長崎と 佐世保は 軍港で おまけに 造船所もあるからね。
      だっから 写真の検閲も 厳しかったんだよ!



キヨアキの話は 他にも 井手伝次郎の 写真技術のすばらしさや 関西に出てからの苦労、 兄妹の話など
まだまだ 尽きない。 私も 初めて聞く話ばかりだった。 いずれ 紹介したい。(2008年7月16日取材)  

        







     

      

 
     
| 長崎8人兄妹物語 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(1) |
Comment









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/584
いつまでも読みたい児童文学
小さな頃に読んで忘れられない、ふとしたときにまた読みたくなる児童文学の世界
2008/08/19 12:17 PM, from いつまでも読みたい児童文学

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
岡村幸宣『原爆の図全国巡回』占領下100万人が見た

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM