<< おまけやズンゾ10周年記念企画 ズンゾの愛した祭  | main | 長崎8人兄妹物語 同級生ムツコと 長崎 活水女学院 を歩く >>

玉木光 チェロコンサート♪


玉木光くんは、磯田宇乃さんと同じ、
奈良 樋口パーティ出身です。

去年、宇乃さんの紹介で、ねもとパーティのお母さんや小学生、大学生、お母さん、おばあちゃん、友人たちで 学習院女子大に 聴きに行きました。

バッハの無伴奏チェロ組曲 
この若さでこの音だったら、年を重ねるごとに、
どんな演奏になっていくのだろうと
鳥肌が立ちました。

黛敏郎の「文楽」は初めて聴きましたが、
弦を指ではじく奏法が、朝鮮の古楽器 カヤグムの音に似ていて、びっくりしました。

アンコールのカザルスの鳥の歌は、感無量でした。

毎年、この時期に来日してコンサートを開催しているので、聴いてみたい方は 宇乃ちゃんを通じて、オファーをトライしてください。


玉木光くん プロフィール
1975年京都生まれ、8歳よりチェロを始める。京田辺市三山木小卒、同志社国際中・高等学校卒業後、奨学金を得て米国・イーストマン音楽院に留学。ライス大学に転校、卒業。2000年 ノースウェスタン大学院終了。上村昇、ピータ・サイデンバーグ、ポール・カッツ、ハンス・イェンセン諸氏の指導を受ける。
1999年 アメリカ教職員協会コンクール・シカゴの部優勝。バッハ・フェスティバル・コンクール優勝。
2000年 第4回全日本ビバホール・チェロコンクール入賞。
1999年から2001年までシカゴ・シヴィックオーケストラ主席チェロ奏者を務め、バレンボイム指揮のもとカーネギーホールにて演奏。
2001年9月よりアメリカ・インディアナ州フォートウェイン・フィルハーモニー主席チェロ奏者、フライマン弦楽四重奏団で演奏活動を続けている。2003年、2004年、2006年にハイドン、ブロッホ、ドヴォルザークのチェロ協奏曲をフォートウェイン・フィルハーモニーと共演。現在、米国・インディアナ州フォートウェイン管弦音楽団の主席チェロ奏者を務める傍ら、日本で毎年ソロ・リサイタルを開催。岩谷祐之(ヴァイオリン)、赤木舞(ピアノ)とともにアーケーディア・ピアノ・トリオのメンバーとして活躍。
 

6月20日(金) カーサクラシカ 赤木舞さんとのデュオ
演奏曲目
サンサーンス:白鳥
クライスラー:愛の喜び
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番より
ベートーベン:ピアノソナタ「月光」  他
http://casa-classica.jp/top/access.html
クラシック専門のライブハウス。19時、20時、21時 の3ステージ
ミュージックチャージ 3500円 + ドリンク&フード
34名の小さなお店で、予約 満席になりました。

6月21日(土)18:30 さやま総合クリニック ヘルシーコンサート
 赤木舞さんのピアノとのデュオ 

http://www.sekishinkai.or.jp/sayamacl/mezasu/concert.html

アクセス 西武新宿線 狭山駅 入間駅よりバス 西武新宿線稲荷山公園駅より 徒歩12分 http://www.sekishinkai.or.jp/sayamacl/map/index.html
(無料・予約不要)

いずれも、アーケディア ピアノの赤木舞さんとのデュオです。
関東方面の方、是非 狭山におでかけください。
| おばんのゴリ押し 音楽 | 23:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
Comment
丁寧にご紹介いただき、ありがとうございます。
今、光君は我が家で練習中です。

ものがたり文化の会の活動も、写真つきで紹介されていて、楽しませていただいています。
今から、私はZUNZOですが、またゆっくりお便りします。

2008/06/15 10:30 AM, from UNO
…玉木くん、昨晩ウチに泊まって、今隣の部屋でウォーミングアップにスケール弾いてますけどね、ただのドレミファが「いい音」です。倍音の拡がりがいい感じです。昼からおまけやに行ってリハ、演奏会はお陰さまでほぼ満員の盛況ぶりです。
関東方面の皆様、よかったら聴きに行ったってね〜♪
2008/06/15 10:46 AM, from おまけ家九三 こと いそだたけし
宇乃ちゃん、イソちゃん、コメントありがとう。今夜も至福の倍音にみなさん、包まれていることでしょう。

関係ないのですが、実は、私「倍音フェチ」です。(笑)「倍音と多声(ポリフォニー)」という記事を書きたいと、タイトルだけ以前から、打ったまま書けないでいます。鶴見俊輔さんが、思想のことを語る時に、なぜか「倍音」とか「多声的」とかいう言葉をよく使われ、それが、私がいつもぼんやり思っていることとすごく一致している気がしてるのですが、どう一致しているのか、自分でもよくわからいし、うまく言葉にできなくて、もだえています。(笑)



2008/06/15 9:24 PM, from かんからかん
コンサートの紹介ありがとうございます…、ってもうあれから半年近く経っているのですが、お元気でしょうか?

来年の予定についてお話がしたいので、また連絡をお願いいたします。

ところで倍音についてお褒めいただいて恐縮です。ぼく自身、倍音がバブルの膜みたいにぷわーっとふくらむところを、弾きながらよく想像します。
2008/11/14 2:57 AM, from 玉木光









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/551

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM