<< 京都ベビー・ピー短編集公演 『ふまじめな絵本』 | main | とびだせ こどもたち! 賢治童話人体交響劇発表会  >>

『意識の海のものがたりへ』 

 風強く 空透き通る 新年。
 きりっと 気持ちが 引き締まる。  

      今年も  若者たちが 各地の風や波の音を 受けて 
   内なるマグマを 噴火させてくれたら いいなぁ・・・ 



釜石根浜海岸


仙台荒浜 仙台港


五島 奥浦
  

五島 半泊


五島 高浜海岸


出雲 稲佐の浜



境港 美保関 



 
  
 しかし、何をどのようにすれば、この建売住宅のようになってしまった国家の代理人の目をぬすんで、 
 のんきに働き、ゆかいに遊び、物語に対応する日常世界を作れるだろう。
  あるものはただ妄想。現代の家船はないものか。 数隻うち連れて、小さな港をおとずれる。
  小魚を焼き、とりどりの酒に火照る。 そんな群れが二つの海にみちみちたらいいなぁ。

                               谷川雁 『意識の海のものがたりへ』

 


 
| がやがやがやがや | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1378

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
岡村幸宣『原爆の図全国巡回』占領下100万人が見た

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM