<< 今日 白いうた青いうたフェスティバルin かまくらで 歌います♪ | main | 人生を語らず♪ >>

古谷田奈月 待望の第2作! 『ジュンのための6つの小曲』





去年 ファンタジーノベル大賞を受賞した 古谷田奈月さんの
待望の第2作が 刊行されました!

『ジュンのための6つの小曲』





きゃっほ〜! これは私のために書かれた物語?
また今年も、幸福なカン違い♪(笑)に浸れる 贈り物を
クリスマス前にもらった気分♪


ずっと「うた」のことを考えてきた。
空気の中に満ちた音や声に共振しながら、最初にうまれる「うた」のかたち。

「意味と音の組み合わせが 勝手に決まっちゃってるのが嫌だし、
その組み合わせが、とにかくすごく変だから」
とジュンは言う。

たしかに! 貧弱な人生で得た 使い古しの言葉を  音に当てはめるだけじゃ 充分じゃない。
新しい配列、新しいアレンジ 。 新しい「うた」の誕生だ。

ともかく奈月の 文章が好き!
ストーリーでも 構成でもなく
一行があまりに好きで うんうん と たびたび立ち止まってしまう。

十代男子! ともかく14才ってやつは・・・・
親にも 自分にも どーしようもない 
 だれか こいつの トリセツくれ〜!って 叫びたいやっかいな季節。(笑)

「僕」という一人称を使う種族に、昔からどうしようもない羨望がある。
そして 奈月の書く男子は 14才も おっちゃんも ほんとにいい!
 あ〜 うちの周りにいる男子ども。 ネタに溢れてるよ。 書いて欲しい!

『ジュンのための6つの小曲』
 
すべての「僕」という名のひとりへ(男子じゃなくても) 読んで欲しい一冊。

自転車に乗るのは 向かい風を浴びるためだ。
そもそもここが居場所なのでは、を見つけて走れ!   スコ〜ンと 放物線が そらへ ひらくよ。





 
| おばんのゴリ押し 本 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1350

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM