<< 栗の木、栗の木、秋はやっぱり栗ひろい♪ | main | 根本佳奈 版画展 風をたべた >>

川ベリノ畑ニ居リ・・・タイ私

ぎゃ 10月も もう終わる! というのに ブログ一つも書いてなかった〜〜。

てか 毎年 なぜか10月は ブログが書けない。
 そして 毎年 同じような 言い訳をしている〜〜。(笑)

2012年の言い訳  http://kankarakan.jugem.jp/?day=20121014    

2013年の言い訳  http://kankarakan.jugem.jp/?day=20131020


最近は 10月じゃなくても あまり更新できないから 読者もすっかり 離れて
誰も心配してくれないけど。(笑) 
去年も 10月の末に 熱出して寝込んで 今年も 10月なかばに熱出して寝込んで 
今年は やったことない たくさんのことに 果敢に挑戦したつもりだったけど
後半は どうも毎年 失速するなぁ〜〜。(笑) 

そうそう。10月は 野良仕事や 衣変えが 忙しいのデス。
ねもパも がやがやがやがや ワークショップからの お試しメンバーを 加えて ひっちゃかめっちゃかだしぃ。

今年は残暑が ここ数年より 緩かったので 
8月末 岩手から帰ってから せっせと 川ベリノ畑ニ通って 草取り 種まき
大根も ほうれん草 春菊も 青々伸びてま〜すよ〜。
竜角寺のおじさんに教わったとおり、ほうれんそうは 一晩水につけて ペイパータオルでくるんで
芽が出てから 蒔いたので いつもより 伸びてる!!



ところが この畑の持ち主 東京に住んでる おババさまの 姪っ子さんが
「私も もう80才近いし 元気なうちに ちゃんとしておいてと 娘たちに言われて
やっと決心ついて 身辺整理 手放すことに しました〜」と 9月のお彼岸前に電話がかかってきた。

そうそう。 我が家の土地ではないのです。
東京に住んでるおばさんの代わりに 
うちの おババさまが 畑にして 草刈り管理してただけ。 
私が やるようになってからでも もう10年以上 たってるけどね。

で、私が仲介して 不動産屋さんを おばさんに紹介し 契約。 
次の日には、 こんな看板が〜〜 はやっ!


が があああああん 最近の 三大がっくし! (笑)
 その1 どくんご 来年はツァーお休み 
 その2 それに伴い 我が家に 出戻り2?
 その3 川ベリノ畑が 売り地に 

まあ、売れるまでは 使っていいと言ってもらったし
きょうび 駅の南側が 新しく開発されてるし 震災後の液状化や 古い団地なので
そうそうすぐには 動かないみたいだけど・・・・
一日30分農業(悩業)でも おババさまの お説教から 逃れて 
この 田んぼと利根川の土手と 空の景色を見ると せいせいするんだよね〜。


そう。 ここが使えなくなるかも!と 思ったら 俄然奮起
毎日 畑をやってる 団地の住人をひとりひとり訪ねて
畑を 見学させてもらって 条件など リサーチ。(笑)

いつも 草刈りとの闘いで 腰は痛いし 実りは悪いし 解放されたい気分もあるけど
やっぱ 悩作業でも 野良仕事が好きなのね〜 って 改めてわかった私。(笑)

でも ちょっと淋しいところだったり 土手に近すぎて 今までと景色がちがったり
なかなか こんな眺めのいい畑は ないな〜!

今まで 自由に使わせてくださった おばさん ありがとう!
ほんとは おじさんが 老後 畑と魚釣りがしたくて 購入した 土地だそうなのに
おじさんが早くに 急逝されて 我が家が 使わせてもらうことに・・・

ねもパのこどもたちも 長いこと 自由に 野良っこ体験させてもらって ありがとうございました!
みんな かわいかったね〜。





 
去年 筑豊の 上野朱さんに 送ってもらって 教わった 筑豊バジル♪
今年は バジルを植えて 我孫子バジルを 何回か作りました。
どくんごの打ち上げでも 大好評♪

バジルペーストのレシピ  http://kankarakan.jugem.jp/?eid=1297

今年 初めて作った しその葉のキムチと ゴマ油しょうゆは また別の機会に 紹介します。


 
| 川ベリノ畑ニ居リマス | 23:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
そうですか〜〜〜残念ですね。
川べりの畑から仰いだ、天高い景色の写真がときどきアップされるのを楽しみにしていました。
ことし逝去された吉野弘さんの詩を贈ります。

風は見えませんが
風に愛されているものは
すべて見えます

2014/10/27 12:29 AM, from ぱくこ
きゃ ぱくこさん、お元気でしたか?お話したいことがたくさんあって、毎日メールしなきゃと思いながら文章考えてるんだけど、最近一人のメールに3日くらいかかって、益々はかどらない私。(汗)でも、アンセイもかだっても行けたんですよ!私じゃないけどね(笑)ぱくこさんのお友だちをかたって、どんどんつないでます。ごめんなさい。
吉野弘 夏木も私も大好きでした。詩集持ってますよ。そうそう、夏木はFMラジオの詩の時間を一郎の代わりに担当してたことがあるんです。(笑)
せっちゃんもアイコさんもおたかさんもレッドくんもこの世にいなくなって、巨人たちにおもしろがってもらえる時代はどんどん過ぎてゆくなぁ・・間に合わないことがほんとに哀しい。
でもぱくこさんと反対側から掘ってる穴、ともかく野良で黙々続けたいです。メールします。
2014/10/27 12:08 PM, from かんからかん









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1346

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM