<< 『土神と狐』 ジンちゃん先生の朗読講座 | main | 命名♪ >>

見せましょう 東北の底力を!


この前の記事で (ブログ更新してないけど)私は元気です!っていばってたのに
先週は ずっと微熱が続いてぐずぐずしてた。 (唯一ねもパの日だけ熱が出なかった。笑)
ノロノロ台風の長雨を幸いに こたつむりになって テレビとネットに溺れていました。
(正しくは大正時代の東京の地図に溺れてる。長崎出身の祖父母が東京のどこで出逢ったか。
大正時代 谷中や本郷、青山あたりに すっごい人たちがみんな住んでてゾクゾクする。)

土曜日は 台風28号が最接近で 土砂降り。
珍しくパーティもない週末で やるやらないの連絡回す心配もないし
録画してあった さだまさし長崎から東北へ復興支援稲佐山ライブ(3時間)を見た。
去年ハマってCDまで買っちゃったスタレビ(スターダストレビュー)も出てる! 
要さんの 声ののびやかさは ほんとに 気持ちいい〜〜〜〜

自称さだまさし研究会の アンジェラアキが さだまさしと初のデュエット 
診療所(サナトリウム)は 初めて聞いた。
アンジェラアキが言うとおり 号泣ものだった。
(アンジェラアキとの競演はないけど サナトリウムはYouTubeで探して聞いてね)

さだまさしの 誰にでもありそうな 日常の中では うまく言えない 言わずにきた
こまやかな感情の歌詞には いつも泣かされる。
 

『案山子』などは お金はあるか のところで 毎回泣いてしまう。
ずっとゆうちょ口座の引き出し記録だけが 息子の生存確認だったから。
(メールくらい 返せよ!)

そして夜は 仙台クリネックススタジアムで
巨人 対 楽天 の日本シリーズだ!

おババさまは昔から 巨人ファンなのだが、
こちらはアンチ巨人でサッカーファンなので 
野球の試合は 高校野球とイチローと落合以外 ほとんど見ることないのだが
珍しく 雨で釣り行けない氏も クライマックスからずっと見ている。

 
私は ホリエモンが 仙台に野球チームを!って 時から 
きゃ それおもしろい!って 飛びついたし(↓下の記事)

クライマックスへのシフト  http://kankarakan.jugem.jp/?eid=796

ソフトボールやってたアヤカが 同い年のまーくんの大ファンだし
仙台でクライマックスを見る日が来るなんて って言ってたら
こんどは 日本シリーズをやる日が来るなんて!

Jリーグが作った 地域密着型のスポーツ。 
チーム誕生から 地域で育てる野球チームは 初めてだもんね。
まさかの震災で 別の意味を背負わされて だったらオリンピック 東北でやれよって話だ。

何度見ても泣いちゃう 嶋の「見せましょう 東北の底力を!」
ほんとに いいヤツ。 東北全体と バッテリー組まなくったっていいのに。 
あの時の あの正直な挨拶だけで もう充分 みんなは力をもらった。
捕手って 日本語訳は ゲーム上でも 正しくないなぁ。
 

いや〜 杜の都が揺れています とかいう 実況聞いただけで 泣いてしまう。
もちろん 杜の都仙台は 東北のほんの入り口で そこから奥が すんごく遠いんだけど
それは あまちゃんが だいぶがんばってくれたから。 みんな奥まで 行ってねぇ〜!

実は このKスタ(クリネックススタジアム)で 甥っ子が バイトしてる。(笑)

あの311当日、仙台空港から1時半に 金沢へ向け 
国立後期受験のため 飛び立ったタローくん。
初めての一人旅、下見にさえ行ってない 知らない土地で
ホテルでテレビをつけたら 東北各地の津波の映像が 続々流れた。 
家族とは連絡取れず 心配で一晩眠れず 当然翌日の 入試もボロボロ。

仙台に帰れないので なんとか繋がった携帯で ともかく うちまで来て!!と 
その後10日以上 我が家にいて 仙台行きのバスが再開するまで 待機した。
支援物資たくさん背負って 帰ったよね。

浪人して 翌年には みごと じいちゃんと同じ東北大に合格!
ジモトで 大学生活を 満喫しているようで よかったよかった。

今Kスタにいる?

テレビ見てると つい タローにメールしてしまう。
律儀な甥っ子は 息子とちがって 必ず返信くれる。 超カワイイ。
会場整理かなにかのバイトなので スタジアムが写るとつい探してしまう おばバカな私(笑) 

彼はサッカー選手なので 父親のトオル同様 野球は 興味ないみたいだけど、
ジモトのスタジアムで これだけたくさんの人が
たくさんの 色々なくやしい想いを乗り越えて 風船飛ばしてる熱気の 同時代性は 
身体に刻まれるよなぁ・・

また仙台に戻って 日シリやってほしいすって。
たのむよ、バッテリー! 混戦で 仙台へ戻ってくれ!
  



もう一つ 東北支援関連のイベント 

馬喰町Art&Eatで 
「足りない活字のためのことば」展

今週土曜日までですが 今見たら 11月9日まで会期延長されたみたい!
ランチも美味しいので ぜひおでかけください。

馬喰町art&eat http://www.art-eat.com/event/?p=2537  

ちょうど ねもとパーティで 『銀河鉄道の夜』のジョバンニが活字をひろう仕事をして
病気のお母さんにパンを買ってあげるところを読んだばかりだった。
「活字って何?」って小学生の女の子に聞かれた。

津波被害を受けた 釜石の藤原印刷所に ボランティアに行った 坂井聖美さんが
破棄が決まっていた 活字が いとおしくて
20キロを 土嚢袋に詰めて 持ち帰ったところから 生まれた企画。

限られた ある活字だけで 読まれた詩。短歌。 
紙に印字されたへこみをみると 字が 紙が 想いが 活きてる!って 思うよ。
版画作品もステキです。

活字を背負ってきた 坂井さんたちが この企画のために立ち上げた
kamaishilettepress の facebookを見てね。若い人たちの 底力 見せられるよ〜。

https://www.facebook.com/kamaishiletterpress?fref=ts


 

| おばんのごり押し アート | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1308

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM