<< 戸隠テーマ合宿 『オツベルと象』 練習風景 | main | 戸隠テーマ合宿 その4 『オツベルと象』人体交響劇発表会 >>

戸隠テーマ合宿 『オツベルと象』 3日目



戸隠合宿 3日目 今朝の散歩は ゲレンデへ。 
すすきの穂が出て 早くも秋の気配が。
写ってないけど 右手に 戸隠連峰も見えました。
さあ 大きく息を吸って いい声 出すぞう。 グラ〜ラガア!



朝の散歩の後 中学生 小学生 高校生以上に分かれて 自己紹介をする 交流会をやりました。
大分のキャンプでやっている 朝15分のアシスタントミーティングがなかなかいいよという
朝倉テューターの提案で 初の試みです。
宿坊が別だと 朝の散歩の時にしか会えないので 別の宿坊のメンバーの様子が わかったかな?
テューターは出ちゃいけないと言われてたので 写真ありません。

さあ 今日は オツベルと象を 仕上げるぞう。
 
モトちゃんグループは2人組で 入退場を考えます。


言語練習は 大きな声が出るように 庭で。 ↑築270年!の 金輪院今井旅館 立派でしょ。
上の写真は磯部真紀江さん撮影
  
今井旅館の愛犬 アイちゃん。 去年も会ったけど
4月に死んじゃった うちのプリンに あまりに似てる?! (涙)
 
武井旅館 練習 白熱しています。



藤井旅館では ぶらっと1泊2泊合宿の人たちが オツベルと象の発表に向けて作っています。↓ 

岩手から 長崎からも参加。
奈良から参加の イソウノマタサブローも デビューだよ♪



夜見学に来た ねもパのママけいこさんと まきえさんが 武井旅館最後の練習を 
撮ってくれました。以下ねもパ中心ですが。↓

ずっとこっちにいたらどうだい? 









夜9時まで 人体交響劇の 仕上げに みんな 真剣。



外から見ると 幻想的! まきえさん、いい写真をありがとう!
モトちゃんが 戸隠には 人体交響劇の神様がいると 子どもたちに話していましたが
初めて見学した けいこさんも ほんとに戸隠の神様とこの土地に 子どもたちが見守られてる気がしたと 言ってました。


明日の発表 がんばるぞ〜! 
(今夜 長崎の金丸くんの写真が届いたら また追加しますね)


| がやがやがやがや | 12:55 | comments(9) | trackbacks(0) |
Comment
今年は忙しすぎて行けなかった戸隠。
磯ちゃん又ちゃんに宇乃まで来てたっていうのに残念。
無理なときは涙をのめるのも、大人合宿のいいところ?(笑)
伴カズから聞いたんだけど、かおちゃんが帰ったとたんに言語練習を始めて、2時間もやっていたとか!
戸隠で言語班に目覚めたらしいって笑っていました。
ねもパのみんなも楽しそうでいいですねえ(^^) いい顔してます!
2013/08/28 9:33 AM, from みは
今年は最終日が土日でなかったので、みはさん親子他少なくて、人数は寂しかったですが、なかなか濃ゆい発表でしたよ。(笑)仕事しながら、子育てしながら、戸隠に行くのは気合いが入るよね〜。みんなすごい!
2013/08/28 12:44 PM, from かんからかん
家族で来れて良かった♪コメント、またのちほど〜
2013/08/29 8:44 AM, from おまけ家九三 a.k.a いそだ
いつもながら選りすぐり凝縮の報告ありがとうございます。我が家は月曜定休なので今回は逆に良かったクチ。初めて家族参加で、阿波踊りじゃないが人体交響劇は「踊らにゃソンである」ことを再認識しました。豚児・又も時折オツ象の一節をムニャムニャと口にします。人体表現+落語は前日合わせにしたらよくできたよね、早速帰省の折、伴Pリクエストです。来年は前Pの若い衆がコーディすると気を吐いているというし楽しみ、ねもP新世代も楽しそうでしたね。関西も…いつも思案はしてるのですが、年内に忍はコッチくるらしいので、なんか画策しましょう。ほな。
2013/08/31 9:15 AM, from おまけや磯田
それからそうそう、うちでもまけないぞう(白)愛用中。
2013/08/31 9:17 AM, from おまけや磯田
きゃはは まけないぞうは栃木のグループが作っているものね。イソウノちゃん、お疲れさまでした〜。ひさびさの戸隠、マタサブローも一緒で、感ずること多くて血管ヒリヒリしたことでせう。あ、関西ぜひ立ち上げを!おや、考えてるよりもう川に入ってるったら。ねもパも関西組でそうです。
2013/09/01 11:18 AM, from かんからかん
ちえ先生、こんばんは☆写真を使って下さり、有り難うございました。本当に幻想的かつ神聖な空間を覗き見した感覚でした。Movieでも撮影したこのシーン、笛と太鼓の音色に合わせて踊る子供たちからは神々しささえ感じられました。子供たちの表現が、大人が想像できない無限の可能性を秘めているから神秘的に思えたのかもしれません。
2013/09/20 3:12 AM, from まきえ
まきえさん、写真本当にありがとうございました。大分のテューターが、
父母会で報告するのに、写真を使わせてくださいと、まきえさんの写真も
紹介してくれたようです。
次回はぜひ1泊交流で人体交響劇を
体験してみてね! 岩手にもおでかけ
ください。
2013/09/20 9:39 AM, from かんからかん
みなさんに写真を使って頂けて嬉しいです。人体交響劇よりみなさんのことをリポートする方が向いている?!と思います。岩手にも是非☆
2013/09/21 2:05 AM, from まきえ









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1295

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM