<< はんの木の みどりみぢんの 葉の向ごさ  | main | すっこんすっこの栃だんご♪ >>

血で飛ぶ 高橋克彦 『火怨』北の耀星アテルイ伝

宮崎駿のアニメ『魔の宅急便』に出てくる 屋根の上でカラスを描く 絵描きの女の子が好き。
(前にも書いたね。あと映画『フィールドオブドリームス』の ケビン・コスナーの奥さん。私の中の 理想の 女子像。)
 
その絵描きの女の子が ほうきで空を飛べなくなった キキに
「魔法って 呪文を唱えるんじゃないんだ」って 聞くと
「うん 血で飛ぶんだって。」 と キキが暗く答える。
「魔女の血か・・・ そういうの 好きよ。」 
  
このセリフが ほんとに好き。

キキのぼやきと 絵描きの女の子の反応が 噛み合っているのか 微妙だが
その微妙な部分が好き。

歌舞伎の家系とか 魔女の家系とか DNAの配列とか
そういう 避けられない 束縛としての 血ではなくて

何かに出逢った時の 自分の体内の反応が
あまりに 激しくて あまりに 説明できなくて 
それが どこから 来てるのかって ずっとずっと 考えていて
でも 確かに 自分の中の 何かが 反応してたんだってことだけは わかる。

そういう 自分を構成してる 要素としての 血。


わたくしといふ現象は 
 仮定された有機交流電燈の 
 ひとつの青い照明です
  (あらゆる透明な幽霊の複合体)
 風景やみんなといっしょに
 せはしくせはしく明滅しながら
 いかにもたしかにともりつづける
 因果交流電燈の 
 ひとつの青い照明です
 (ひかりはたもち その電燈は失われ)
             宮沢賢治詩集 『春と修羅』序より 
  


そうなんだ。 
 それは あらゆる 透明な幽霊の複合体で 

祖先の血を受け継いでるとか そういう 意味じゃなくて (イヤ そういう意味なんだけど)
「血筋だね〜」って 片付けられたら なんか 「そうじゃないんだってば!」って 言いたくなる。

せはしくせはしく 明滅するのが なんなのか それが わからなくて
だから 苦しくて

説明できない。 いや、説明したくない。(笑)

でも たしかに 発光しはじめるんだ。 ひかるんだよ。

長崎で 遠藤周作記念館で キリスト教のことを 読んだ時 なぜか 胸が ぎゅっとなった。
それまで キリスト教のことを 自分の問題として 考えたこともなかったから
自分が 何に反応しているのか まったくわからなかった。

そして 去年夏 塩竈のワークショップに行く前
これを読んでおくとよいよと ねもパのたまちゃんに 夫が勧めていた本
高橋克彦の小説 『火怨』を読んだ時 もう ほんとに 最初から 胸が ぎゅっと 苦しくなった。

 

自分が 何に反応しているのか わからなかった。
タイトルの意味も よくわからないけど 火怨って 字面が なぜか しっくりくる。 
たぶん・・・ 名取とか 多賀城とか 南郷とか 昔から聞いてた地名に反応してるんだと思うんだけど
・・・・宮沢賢治を読んでも こうはならないから なんなんだろう。
でも 自分を作っている血の ある部分はまさに 東北だ! って 血がたぎった。

アテルイは 日本史の時間に たぶん習ったことのある
征夷大将軍 坂上田村麻呂と 戦った 蝦夷(えみし)の長 阿弖流為(アテルイ) のこと。

蝦夷(えみし) は 蝦夷(エゾ)とは違って 東北にもともと住んでいる人たちのこと。
陸(みち)の奥、辺境に住む 野蛮な民族、まつろわぬ者(ヤマト朝廷に従わぬ者)蝦夷を取り締まるために 
大和朝廷は 724年 多賀城を築いた。

749年(天平21年) 多賀城に近い 小田郡から 大量の黄金が産出した。
ちょうど 奈良の大仏を建立して 八分通り完成、
あとは 黄金で 鍍金を施す段階に来ていたというから 朝廷は狂喜。
宝の出現に感謝して 天平感宝(勝宝?)元年に 改元したという。

歴史は 常に 勝者によってまとめられる。

蝦夷は 文字による記録を持たなかったから 大和朝廷側の ごくわずかな 記録を頼りに 
岩手県釜石生まれの 高橋克彦が 蝦夷側の視点から小説として いきいきと再現してくれた。
 
北上山地を 走り回る 若きアテルイが それぞれの部族の長の気持ちを 次第にまとめて 
みちのくの 宝欲しさに 精鋭を送りこんでくるようになった 大和朝廷に ゲリラ戦を挑む 過程は
ほんとに昂奮するから ぜひ 『火怨』を 読んでほしい。


ちょうど スプリングキャンプのテーマが 宮沢賢治童話 『鹿踊りのはじまり』

 2012 8月 みちのくまつり
                                      金津流梁川鹿踊り 撮影 根本彩夏                 


谷川雁 『ものがたり交響』 116pから 引用する。

この芸能の底を流れているものが戦士の美しさであることは否定しがたい。
それでは風は、戦士の美のはじまりを説こうとするのだろうか。 
      (中略)
 鹿踊りを軍隊になぞらえるとき、ぼくたちは農民がそのまま戦士であって、
農民でない戦士は一人もいなかった時代があると仮定してみればいい。
かれらの敵はどこにいたか。
敵は異族である前に、まず飢えであり、病気であり、天災地変だった。
それは近代の軍隊よりはるかに奥行きのある軍隊だ。 

平時は小さな集落ごとにわかれて太鼓を打ち、さけびを発し 群舞する。 一種の 分教訓練だ。 
矢を射たり、馬を走らせたりする個別の戦闘訓練は、狩人としての日常作業でじゅうぶん果たされる。
焼畑、水防工事、道づくりなどの集団作業はいつでもとりでの建設能力を準備していることになる。

年に一度は それぞれの出身地区を見分けることのできる服装で 大集会が催された。
そのときの主要行事が 鹿踊りだったという 空想が成り立つ。
長い髪を垂らした仮面と 馬乗り袴を持った あのユニフォームは、
人間と馬を一体化した 騎馬兵士の象徴では なかろうか。
あそこにさびしく甘美に匂っているのは、かれらが守ろうとする
こども・女・老人たちの影だろう。  

                                      ものがたり交響 谷川雁 






十代の会 ものがたり文化の会を 谷川雁と一緒に立ち上げた
定村忠士さんの 『悪路王伝説』 を 合わせて読むと 
さらに昂奮する。


定村さんは 宮沢賢治の詩 原体剣舞連に書かれた
 昔達谷の悪路王の 

悪路王とはアテルイかを追って 岩手や 鹿島を 訪ねる。








定村さんがこの本を書かれたのは 1992年。
高橋克彦が 『火怨』を 新聞に連載しはじめたのは 1997年からだから
定村さんは 『火怨』を 読まれただろうか。
高橋克彦は 参考にしたかもしれない。



写真上 原体剣舞 下 鬼剣舞  みちのくまつり                撮影 根本彩夏           






昨年夏から 『火怨』 読んで読んで!と ゴリ押ししまくってたら
なんというタイミングか NHKで まさかの 『火怨』ドラマ化!
(昨夜総合でやってたのに 間に合わず)

大沢たかお かっこいい〜!
    イヤ ありえない。 あんな やさ男じゃない!
でも 大沢たかお がんばってるよ。
    イヤ そういう問題じゃない!
でも 北上山地の奥深さ 蝦夷の軍隊の装束が ビジュアルで見られるなんて なかなかないよ。
鉄つくりのために 木をたくさん伐採するために 禿山になった山とか。
    飛良手(ひらて)が出てこない時点で 許せない!

私に勧められて 『火怨』 にハマり 3回?読んで そのたびに号泣 ドラマは絶対に見ない!
もう 岩手に住む!とか 血で飛んでる(ぶっとびすぎだ)の 彩夏と 喧々囂々。 

まあ 確かにだいぶ 登場人物変えてるし なんか 蝦夷が 復興構想会議みたいに 会議ばかりしてて
野山を駆けまわる 蝦夷の勢いが  削がれてたなぁ ・・・・ 
311震災の慰霊祭が まるで 戦没者慰霊祭みたいに 天皇の名の下に挙行されるのも 違和感
あったが・・・・

なんか 削がれるなぁ・・・・ 
その削がれ方の構造が たぶん 一番 東北にとって 大事な気がするが・・・・




 

圧巻 鹿踊り 百鹿乱舞    http://kankarakan.jugem.jp/?eid=820

| おばんのゴリ押し 本 | 10:45 | comments(5) | trackbacks(0) |
Comment
「火怨」なかなかみつからず、まだ読んでないので、こんなこと書いていいのかと思うのですが…。私の感覚的に、鹿踊りとアテルイは、イマイチ遠いんです。高野パーティの解釈がぶっ飛んでいたことは認めますが、敵は人間ではないんですよね、私的には。やはりそれは命であり死であり冬であり、生きるということそのものだと思うんです。生きることがすなわち戦いであり、だからこそ命を寿ぎ愛でることができるのだと思います。とはいえ「火怨」は読んでみたいので、見つけたら読みます(^^)
2013/03/26 12:17 AM, from みは
みはさん、昨日は高野パーティゆっくんの結婚式の写真をたくさんありがとう!広島までお祝い遠征、よい思い出ですね。高野パーティの『鹿踊りのはじまり』の発表は細部は覚えてないのだけど、ぶっとんでましたっけ?聴覚がなめくじの一生だったような・・・竜くんが原体剣舞連の詩を読んで、それに合わせて、舞のように入場したのが印象的でした。その時のdah-dah-dah-sko-dah-dahのリズムと詩の勇ましさと、ずっと後でねもとパーティでやる時に取り寄せた原体剣舞のビデオがあまりにイメージ違ったので、違和感がすごくありました。原体剣舞は子供の踊りでdah-sko-dah-dahって感じはないので、逆に鹿踊りや鬼剣舞の
口唄歌のリズムじゃないかなあって
思ったんです。それが定村さんが悪路王伝説を追って岩手を訪ねる最初にも書かれていたので、逆に納得してしまいました。高野パーティが入場に原体剣舞連の詩を使おうというアイディアは、どういう話の流れから出たんでしょうね。定村さんとの話があったのかしら? こんなふうに、解釈や表現が腑に落ちるのに
何十年もかかるところが、また愉しからずや、ですね。キャンプでは、
ただ若い鹿たちが思い切り躍動してくれるのを望むばかりです。

2013/03/26 7:48 AM, from かんからかん
長々書いたコメントが消えちゃって凹み中…。

高野パーティは「鹿踊りのはじまり」を二回やっていまして、原体剣舞連を使ったのは最初の発表ですね。あのときは、鹿はまだ鹿でした。鹿の動きに鹿踊りの要素を入れるのが精一杯でした。原体剣舞連を使ったのは、先生が惚れ込んでいたことと、やはり「ものがたり交響」の影響があったと思います。
二回目の発表では、嘉十が見たのはあくまでも鹿踊りであり、鹿ではないという解釈でした。登場するのは鹿に扮した村人で、嘉十が大人になるための祀りとして表現したんですよ。だから、鹿は登場しませんでした。
どうです、なかなかぶっ飛んでいるでしょう?(^^)
2013/03/27 12:49 AM, from みは
やはり!原体剣舞で入場したのは、目黒の狭い会場だった記憶があり、
なめくじらの聴覚は北とぴあの広いさくらホールだった記憶がある。
なのに鹿に扮した村人という設定の記憶はない!(笑)私って子供と一緒に、大きい子たちが話し合って
ある程度組み立てた練習にママ参加
してたから、よくわかってないんだ
ね。あるいは彩夏が生まれて発表出なかったのか、もうねもとパーティ分家してからかな?あの、足を直角に曲げあげて、きりっと首と身体を横にひねる鹿踊り特有の動きは、鹿踊りをやる村人だったのね。
2013/03/27 9:50 AM, from かんからかん
鹿に扮した村人って設定の発表は、取手でやった発表ですね。私が結婚した年です(笑)から、もう15年くらい前かなあ。ねもパはもう分離していましたね。
嘉十を送り出した村人が、大急ぎで手甲つけて脚絆はいて衣装を着けてかぶりものを抱えて先回り…って場面もあったのよ。

原体剣舞連を使った発表は、目黒と水海道でやりました。そのときの聴覚がなめくじの一生。目黒の舞台が横長だったのに、1ヶ月後にもう一度やった水海道の発表会場が縦長で、当日構成を全部やり直して、ぜんぜん別の発表になりました(爆)。水海道には磯田が出たんですよ。
2013/03/27 7:38 PM, from みは









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1260

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
岡村幸宣『原爆の図全国巡回』占領下100万人が見た

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM