<< 大阪じゃんけん 負けるが勝ちよ♪ 勝ってうれしいはないちもんめ | main | エスプ塩竈ワークショップ  宮沢賢治童話をからだで読もう! >>

根本佳奈 版画展 ウタカタ ノ マチ

我が家の 時々アーティスト 佳奈姉らの お知らせです。





 『ウタカタ』(泡沫)は、泡の姿を表す言葉で、わいては消えてゆく儚さの事をさします。

私はいつも街を歩き、流れて行く人々のほんの些細な瞬間を版画にして制作しています。
渋谷や、新宿の交差点で十分もいたら、何十人、いや何百人もの人々がすれ違っていきます。
それはまるでとまることのない川の流れのようですが、
その流れの一瞬をきりとってみると、たくさんの人の物語がちりばめられているように感じるのです。
 
小さい頃からなぜか『ウタカタ』という言葉が好きでした。
儚さをあらわす言葉というのは大人になってからしったことで、
子供の頃は音の響きから『歌方』、歌をうたう人のことだとおもっていました。
 
水のなか、光がモヤモヤして頭のなかで流れる音だけがボヤーっと響くような、
そんな街の景色を切り取ってみました。

画廊るたんでは、三年ぶりの展示です。
オーナーさんが大学の大先輩で、気にかけてくださり展示をさせていただくことになりました。
お盆前のお忙しいなか、また暑い時期でございますが、もしよろしかったらどうぞよろしくお願いいたします。                  
                                                     根本佳奈




佳奈は 別のギャラリーに勤務しているので
初日 月曜日と 最終土曜日は 終日、 1日金曜日は午後2時から るたんに在廊予定だそうです。
人柄だけで 客を呼ぶアーティストと 酷評してきましたが、 忙しいあいまに 毎年シルクスクリーンの 新作を発表してきたので 
作品自体の ファンも 増えてきたようです。

佳奈の 小さい時の 想像上のお友だち うたかたファミコちゃんについては
かんからかんのかあん おばんの子に育てられで 以前紹介しましたね。
 歌う人って ジャンルだったとは! 今まで 母親も知りませんでした。(笑)

http://kankarakan.jugem.jp/?day=20080120
| おばんのごり押し アート | 10:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
先日は来廊ありがとうございました。お目にかかれず残念。プログにでていたみんなにも暑いところ来て頂き感謝。このところ画廊主も悪ガキ(孫)を相手に癒されたりしています。佳奈さんは毎日生き生きしていました。
2012/08/06 11:14 AM, from 画廊
まあ るたん画廊さま! コメントありがとうございます。そして佳奈が大変お世話になりました。いつも展示の機会を作ってくださって感謝です。老若男女、人柄で客を呼ぶアーティストからの脱却はできたかな?私が動員かけたわけでは決してないのですが!老若がやがや押しかけてお騒がせしました。(笑)
梢さんと近くの牛庵でたくさんおしゃべりできました。宮川先生の会では、ゆっくり話したこともなかったので楽しかったです。数年前、るたんでエマちゃんと2人展した時に、一郎が1時間遅れてやってきて、るたんに着くなり作品も見ずに、佳奈に「若い女性が若者を題材にした作品はちっともおもしろくない、結婚してない女性の世界は狭い!」とかなんとかセクハラ演説したことも話しました。「作品も見ないで、作ってきた原稿読むみたいな批評するな!」って叱ったけど、それもよき思い出かな。(笑)
2012/08/06 12:10 PM, from かんからかん









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1208

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
岡村幸宣『原爆の図全国巡回』占領下100万人が見た

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM