<< 踊れこどもたち! 宮沢賢治童話人体交響劇発表会 | main | HOT↑HOT↑  >>

カーネーション おもろい♪

毎日3度 NHKの連続ドラマ カーネーションを見て 泣いている。 
ゲゲゲ以来だ。 (ヒマなおばさんでスミマセヌ)

もともと私は 小林薫ファンなんで〜〜〜 しかも1度だけ会ったことある子と結婚したものだから
もうしっかり 親戚の気分。(おばちゃんは よこよこよこ たてたてたて 世界中が親戚なんよ)

それにしても 小林薫扮する 小原呉服店の主人 小原善作の なんとハマり役だったことか!

トレンディ?月9ドラマ『幸せになろうよ』も 小林薫が出るから イッショケンメ〜見ていたが、
やっぱ向田邦子じゃないと 小林薫の良さが出ないなぁ〜 って 不満に思ってたら 
今回の 岸和田の おっちゃんは 怒鳴るは 殴るは 飲んだくれるは 土下座するは(ヤクザじゃないよ)
 めちゃめちゃハマり役でした。 (小林薫って 京都の人なんやて。 知らんかった〜〜)

残念ながら 小林薫のお父ちゃんは 死んじまったし、
正司照枝扮するおばあちゃんも 鶴瓶の息子扮するダンナも死んじまって 普通 テンション下がるが、 
戦中戦後 女たちが 何と戦っていたのか 小津映画みたいに ゆっくり丁寧に描いているので 
ほんとに 胸を打つ。
しかも 最近は 長崎で原爆に遭った 長崎弁のイケメンくんも出て来て 気になる〜〜。
 
先週から今週にかけては 主人公糸子の 幼なじみで ケンカ友だちの ナツが
老舗料亭の若おかみだったのに 借金のカタにが吉田屋を3万円で取られて 
夜逃げして 闇市で パンパンになってたのを 引き戻す話だった。

私の祖父が長崎でやってた 響写真館は 5万円で売却したお金を もらえなかったらしい。
佐賀県多良で訪ねた 津崎さんに
「あの当時の5万円やったら すごいお金ですよ」と言われてもピンと来なかったが、
吉田屋3万円なら 響写真館5万円はかなりすごいと 実感できた。(笑)

カーネーションは シナリオがほんとによくて 人格が急変しないところが いい。
家のセットも ハンパないし そして なにより ミシンが かっこいい! 

ミシンにしろ カメラにしろ パーマにしろ 洋服にしろ 靴にしろ
もっと規模大きくしたら 飛行機にしろ 船にしろ
新しい技術に飛びついて それを使いこなして展開していく人の 進取の気分というものが
時代を 牽引するんやなぁ と つくづく思う。

糸子が何か思いつくと 車輪が回り出すような音楽が鳴るのだが 
思いつきだけで 動いてる私には よっしゃ〜〜って 気分が上がる。(笑)

また別の番組だが 日テレの ケンミンショーで 「東京どないやねんっ!」って 
東京在住の大阪人が 東京の不満を 並べてて 爆笑した。

「電車の中が 静かすぎる」「タクシーの運転手があまりしゃべらない」「豚マンにカラシがついてない」
「食パンが薄すぎる」(笑)

でも 最近 自分は大阪人ちゃうか?って 思うことがある。

電車の中で 静かじゃないしぃ この前も発表会見に来てくれた 初めて会った人に
ダンナさんとの なれそめ聞いちゃうしぃ・・・・ (だって飼ってる犬の名前が ジャズっていうの。
え? 誰がつけたの? ジャズ好きなの?って 色々聞いちゃうでしょ?)

それに 大阪人は 家族の失敗を ネタにして みんなに笑ってもらうんだって。
それって 我が家じゃ〜ん! (笑)

井手家の八人兄妹も 流れ流れて 4人は東京周辺 4人は大阪周辺におる。

大阪って 九州の人とか もっと南の 奄美 沖縄の人とか 韓国 済州島の人とか
北前船で 北海道や 日本海側から たくさん流れて来てるよねぇ。
さすが 水の都 天下の台所 大阪や〜。 ごっつう まざってまんねん。 だから ごっつう おもろい。
やっぱ港町 船の文化の町は ちがうよね〜〜。  

なんか 町が持ってる 人と人がぶつかりあって生み出すパワーを
削いで削いで 右見て左見て上見て 様子見て 一億総大奥か〜〜! みたいな お行儀よさ
キライやねん。 これって 大阪人ちゃうか?


ところで その話とは関係ないが
以前 朝ドラでやった 『芋たこなんきん』 田辺聖子の大阪の実家も 写真館で、
しかも田辺聖子は 昭和3年生まれで 私の母とおない年。
そこで 田辺聖子の写真館の本を買ったら その表紙の写真にびっくり!



ぎゃぎゃぎゃ この車・・・・見たことあるで。
スタジオアリスで撮る 七五三の写真みたいな 子どもの写真用の アイテムなんだろうが・・・

響写真館のクリスマスの写真と・・・・・同じだ!



井手傳次郎は アルバムの印刷は 全部 大阪の細谷真美館に 頼んでいたし 
しょっちゅう 大阪と行き来してたらしい。 
クリスマスのお土産に 大阪から 買って帰ったのだろうか。
写真館の中で 流行ったのかもしれない。

カーネーション見てると 井手家が 戦後 長崎に戻ることができて 響写真館を 再興できてたらなぁ
って思う。 
新しい時代の女性たちの おしゃれな気分を牽引して 
パーマネントで スカートの女性たちを カラーフィルムまで 撮り続けることができたのに・・・
| おばんのゴリ押し 映画 | 22:30 | comments(10) | trackbacks(0) |
Comment
こちらも昼休み釘づけで観ています(ちりとてちん以来!)実際おもろい。せやけどほんまの泉州人はもっと「荒くたい」で!

脚本・渡辺あやは、田辺聖子つながり、「ジョゼと虎と魚たち」映画化でデビューした気鋭の脚本家。
ヒロイン・尾野真千子は奈良・西吉野出身、奈良が生んだ奈良を描く監督・河瀬直美のカンヌ作品はいずれも出演。

ヲノマチはもちろん凄いが、今回髪結ひ母・濱田マリが実にいいキーパースン。3月まで楽しみだ♪
2012/01/18 11:53 AM, from おまけ家九三@泉州勤務
お! いそちゃん、あけおめ。今年もよろしゅう。書いてて、そんな大阪弁ちゃうってイソちゃんに突っ込まれるやないかと心配してた。(笑)まあ、いそちゃんも赤城山の麓から流れて来たニューカマーだもんね。そうそう糸子役の尾野真千子や濱田マリ、ほんまに上手くてうなってるよ〜。ヲノマチは奈良出身ですか〜。そういえば、河瀬直美監督とお宅のウノちゃん似てるなぁって前から思ってた。親戚?(笑)渡辺あやさん知らなかったけど、注目します。
朝日新聞の夕刊に、ここんとこ岩手大槌進めひょうたん島出てるよ。イソちゃんがお取り寄せした新巻シャケ売り切れなんだって。進め!船人!
2012/01/18 5:08 PM, from かんからかん
母さんが関西弁書く度にむず痒くなっているのは私です……(笑)
カーネーションは私の周りも見てる人が多い!楽しいんだもんーだんじりがいいな。だんじりがあるからこその話だもんね。
やっぱり人間、祭りが血と骨を作るんですよ!私もそんな祭りがある土地に根差したいー
カーネーション消さないで全部撮っとけばよかった…
2012/01/19 9:43 AM, from ayaka
写真館覚えています。幼稚園の行き帰り前を通りました。隣に綺麗な兄妹?でやってらしたお菓子屋さんがあったような。バプテスト教会のところには原爆で傷んだとか聞いた奥深い家があり玄関塀にはやとばらが咲きその一重の花に憧れ今庭に植え大株になってます。
2012/02/01 3:01 PM, from kazuko
kazukoさま、コメントありがとうございます。現在も長崎在住の方でしょうか。幼稚園は桜ヶ丘幼稚園ですか?はやとばらってどんなのかな。響写真館も入り口にバラのアーチがあったようです。長崎響写真館で検索すると、写真が出ると思います。
昨日 また片淵町の記事を出したので、
ご覧ください。もしさしつかえなければ
その記事にメールアドレスを入れてコメントいただければ、メルアドは公開されないので、こちらから返信いたします。
2012/02/02 2:59 PM, from かんからかん
チコちゃん!
ご無沙汰しています
しもきたにいたアコです(この表現、かなり気恥ずかしいわ)
久しぶりに・・・ほんとに久しぶりに「かんからかんのかあん」を覗いてみたら・・・なんとカーネーションの話題。
話はちょっとそれてしまうかもしれへんねんけど
こちらに来てはや30年あまり。けど、関西弁は難しい!けっこう自分では「すかっり関西弁!」って思っていても子供たちからは「ちゃうで!まだまだや!」って言われます
こうやってひらがなで書いたら、おんなじでも、節回しがあんねんね。
で。関西弁でも色々あるんよ
で〜で〜付くのもあるし、な〜な〜言うのんのもあるし、カーネーションみたいにけ〜け〜言うのある。
「そうやねんで〜」「あかんやんな〜」「そうけ〜」
とにかく関西弁には言葉のうしろにいろいろとひらがながつく。
まったり柔らかくもなり、ごっつ怖い言葉にもなるわ
奥が深いわ!
文化が深い!団結力がある!
「プリンセストヨトミ」あれ、ほんまやで!って思いたくなるよぉ

で・・・本当に大阪のおばちゃんのカバンの中にはあめちゃんが入っていますよ!!そして、すぐ人にあげる。

しょーもない話でした(笑)
2012/02/08 2:39 PM, from ako
アハハ下北沢、東大原小学校で一緒だったかわむらあやこちゃん、おひさしぶりです!小学校卒業以来?北沢中でも一緒だった?(すぐ忘れちゃうの)冬になると、あやこちゃんちで毎日百人一首したこと思い出すよ。今でも子どもとやってるよ!きりたちのぼる秋の夕ぐれが好きな私。おすえもおかんばもこのブログの読者だよ〜。(たぶん)ところで、大阪に行ってそんなになるんだぁ。カーネーション、新しい記事で送られるところだったが、日曜日に小篠親子のテレビアーカイブスでやってたから出しておいたの。あやこちゃんが、読んでくれてよかった〜!ひらかただとまたちがうんだねぇ。で〜で〜 な〜な〜 大阪ほんとに奥が深いねぇ〜。そっちが先やもんなぁ。関東は東北みたいなもんや。最近大阪にごっつ興味あんねん。おじさん勝山に住んでるし。そのおじさんが次の記事に出てくるからみてね。
2012/02/08 3:14 PM, from かんからかん
懐かしい!懐かしい!
おすえ、おかんば・・何年ぶりの響き
そういえば、すえつぐまきこちゃんちのおばさんが作って下さった杏のジュース・・・美味しかったなぁ
大きな杏の木があったよね。

こちらに来てから、梅雨の開けた頃、1週間位だけ店頭に並ぶ杏を買ってきて、あの時の味を思い出して作っています。
まきこちゃんちではジュースをごちそうになったんだけど、紅茶にいれたりするのも気に入っているんだ。
まきこちゃんのお母さん、お元気かな?
2012/02/11 12:19 AM, from ako
うわっびっくりした〜
「かんからかん」から川村さん(って呼んでた?よね?)につながるとは!!
私もひさしぶりに覗いてみたら、あれ、知ってる人がコメントしてる、
しかも杏ジュースのこと憶えててくれてる・・・なんかすごくうれしかったです。

母はとても元気です。父はかなり
ヨレヨレですが、好物をお酒からお菓子にシフトしながらマイペースで生きています。
両親と弟一家と一緒に住むために家を建て替えて杏の木はなくなってしまいましたが、あのジュースの味はまだ憶えています。
川村さんがジュースを作っている話、母に伝えます!!!
末次牧子

2012/02/12 9:08 PM, from おすえ
キャハハ いつのまにかここ 下北沢東大原小学校のfacebookになっちょるで〜。(笑)New entriesから隠れちゃったけど復活させておきました。おすえの家の杏の木覚えてない↓あんずジュース飲んだことない↓おすえの家行ったことない↓のか、また記憶喪失か。みんなよく覚えちょるの〜。
2012/02/13 7:25 AM, from かんからかん









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1154

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM