<< わたり土湯ぽかぽかプロジェクト 福島の親子を温泉スキーへ | main | 長崎 船大工町 >>

長崎 片淵町1丁目1番地 

去年の9月6日 思い立って 長崎地方法務局に 電話してみた。

「あのう 長崎市片淵町1丁目1番地に 昔住んでいた者の孫なんですが、
昭和のはじめに 「響写真館」で 登記はないでしょうか。」

「響写真館?ですか。 商号は? 株式会社ですか? 会社名は? 
いつからいつまで建ってたんですか?」

矢継ぎ早に質問される。 そもそも登記なるものが どんなものかも よくわかってないのに、
思いつきで 電話したのは まずかったか・・・・(爆)

「たぶん昭和元年か2年か3年から 昭和20年頃まで・・・・かな? 
それを知りたくて この電話をしてるわけなんですが・・・・・」

「その時代は 登記されてないことが 多いんですよねぇ。 
登記されてないと 記載がないかもしれません。 お待ちください。」

電話口の若い男性は こちらのあやふやな 受け答えに 親切に、 
でも事務的に答えて 調べに行った。

井手家に関する文字資料は 長崎から取り寄せた戸籍謄本と、 
桃太郎が 長男として 墓のことや 親兄弟の所在などをメモしたノートしかない。

響写真館が 片淵町で いつから始まったのか 
たぶん昭和の1年か2年頃だろうと 絞りこまれたが 私の予想のウラを 取りたかった。


「片淵町1丁目1番地・・・・・・ 響写真館の登記はありませんね。」
「え?  そ、そうですか・・・・・」

が があああああん  なんだよ〜 登記しないで商売してたのか? 
いいのか、傳次郎・・・



「井手傳次郎って方の 登記になってます。」

「え? あ それです、それです! 私の祖父です! よかった〜 登記があるんですね!
登記簿の写しを 送ってもらうことは 可能ですか?」

「じゃあ 返信用の封筒と 書式はなんでもいいので依頼書を書いて 
乙号窓口まで 送ってください。」

やった〜! 3つめの 紙資料だ!(笑)

送られてきた 紙を見ると 井手傳次郎が 片淵町1丁目1番地を手に入れたのは 
昭和2年2月1日になっていた。

傳次郎の友人で歌人の 山崎喜九一さんが つけたという 『響』の屋号は まだ なかったのね。  
そこから 傳次郎が自分で写真館の設計図を引いて、建設には1年近くかかったとすると・・・・・

戸籍謄本によると 母 夏木は昭和3年2月11日 片淵町で出生届が出ている。 
ということは昭和2年の年内か 遅くとも昭和3年の1月のうちには 
井手家は 片淵町に引っ越した筈だ。

私の予想が的中。 まさに
夏木の誕生と 響写真館の誕生は 一緒だったのだ!

テンション上がって 大阪の睦子おばちゃんに電話すると 
「そうそう 昭和3年から 響を始めたって 梅子さんが言ってた。 それは確かよ。」だって。

睦子さんは、長男桃太郎が 父傳次郎に先立たれた母梅子を引き取って同居したので
嫁として 一番 義母梅子の問わず語りを聞いている。

なんだぁ わかってたの〜〜  なら早く言ってよ〜(笑)  

片淵町は おくんちで有名な お諏訪さん(諏訪大社)の階段を下りて、
馬町の広い交差点を渡って 西山川沿いに大橋を渡ったところにある。 
今はパブテスト教会になっている。
長崎の概念図を イメージするために、
渡辺浩著 岩波ジュニア新書 『15歳の長崎』 地図を ちょっとお借りしよう。
 


中嶋川の上流には、坂本龍馬や 高杉晋作の写真も撮った 上野彦馬の
日本初の営業写真館 上野撮影局があった。 
(上の図 片淵響写真館の書き込みの線が 川と交差しているあたりに 撮影局跡がある)

若き井手傳次郎は 上野彦馬と同じ 中嶋川の支流西山川の畔に 土地を求めた。 
写真家として立つ 意気込みが 感じられる。

 昭和3年 娘の誕生と期を一にして、
井手傳次郎は 片淵町1丁目1番地に 響写真館を始めた。




お時間ある方は、以前紹介した 5男徹生の片淵周辺地図もご覧ください。
昭和8年生まれの徹生が 10年ほどしか住んでない町を 
60数年ぶりに再現する記憶力には仰天する。 

テツオの仰天記憶力 長崎片淵町周辺  http://kankarakan.jugem.jp/?eid=851


| 長崎8人兄妹物語 | 07:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
Comment
根本様、本日は記事のプリントをお送りいただき有難うございました。お電話を頂いたすぐにこのブログを開いて見ました。響写真館にいた頃の父・・・私の生まれる前の話ですが、お洒落で良き時代に想像を膨らませています。姉に写真を見てもらってまたご返事いたします。先ずは御礼まで      ハミ拝
2012/08/28 8:15 AM, from 石川ハミ









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1152

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
岡村幸宣『原爆の図全国巡回』占領下100万人が見た

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM