<< 警察沙汰 その2 | main | 長崎活水高等女学校 同級生 タミ >>

警察沙汰 その3

取調室 なう

ツイッターやってないが ちょうど組織NMPのサヨさんからメール来たので こう返信した。
組織NMPというのは 私が子どもたちとやっている サークルの 子どもたちがつけた略称で 
怪しい組ではないが 一応私がボスである。

「せ、先生 何やらかしたの? 身元引き受けに 行きましょうか?」
おちゃめなサヨさんは 機動力が頼りになる 若いスーパーママ。

いえ、私は 被害者です! 
 しっかしもう 1時間以上 この狭い 汚い 第1取調室に 拉致されておる。
今 刑事が 上司に呼ばれて 席をはずしてるので メールしてる。
隠しカメラは どこかな〜 キョロキョロ  まるで潜入ルポだ。 カシャ(笑)

あの 私服刑事2人 おまわりさん計4人 ガイガーカウンターくん1人と
奇妙な訪問者の殺到した 11月1日から その後は 何の連絡も報告もなく
(次の日 出頭せよって 電話来なかったので いかなかったが 何も言われなかった)
チャリも無事に戻ったし 自転車盗難事件はすっかり落着したとばかり思っていた 半月後の11月16日。 
「○○警察の ○○ですが 」 あの若いイケメンデカくんの 1人から また電話かかってきた。

「自転車持ってた男が 自分は盗ってない、別の人が乗り捨ててあったのを もらったと言ってたのが、
おたくの畑から 乗って行ったと 自白しました。
そこで 調書を 書き換えなければいけないので 申し訳けありませんが 明日 署に来られますか?」

え? ええ〜〜 めんどいなぁ。 チャリ戻ったから もういいよ〜〜。

「こちらに来るのが 無理でしたら お宅にパソコン持ち込んで 1時間くらいお話お聞きしても よいでしょうか。」
え? そ それは ちょっと・・・・
「わかりました。 行きます。」 

おババさまには おカミに弱い世代であることを鑑み 
「なんか この前の 自転車盗られたことについて 別のこともあるみたいで
警察行って 書類書かなきゃいけないんだって〜。」
と 珍しく正直に話した。
「へえ、大変なんだねぇ。 コワイねぇ。  別のことってなんだろう。
今は コワイ人が多いから あんたのいない時に 逆恨みされて 刺されたりしたら 大変だ。」

た、たしかに。 今は ありえない とは言い切れない世の中なところが コワイ。

まあ 犯人は ただいま 拘置されているので 大丈夫だと思いますが・・・・
おババさまの妄想フェチは 私の比ではない。

や、やっぱり 正直に言うんじゃなかった。
クドカン(宮藤官九郎)脚本の 今期テレビドラマ『11人もいる!』の パパのセリフ
「時々ウソを混ぜるな! ややこしいから 全部ウソにしろ!」
を 思い出した。(笑)

「だからいつも 言ってるんだよ。 老人一人置いて あんたはいつもさっさと出かけるけど、
今は物騒な世の中だから 甘くみると ひどい目に遭いますよ。 もう出歩いてる時代じゃないんだ。
女は家を守るのが 仕事でしょう! 
あんたが帰ってくるまでに 私が死んだら 腐っちゃうと困るから いつもコタツの電気切っておくんだ。」

は、はぁ・・・・・す、すごい設定だなぁ・・・・
出がけに 気味の悪い シュミレーションするの(いつもだけど) やめてくれないかしらん。

おババさまは 私に輪をかけた ストーリーメイカーで、
我が家の十大ニュースでは、我が家の脚本家を凌いで 脚色賞を 受賞した。(笑)

おババさまの 尋問に比べれば 警察の方が ましだ。 私は いそいそと 出かけた。
刑事課に通されると この前の イケメンくんも 今日は制服着ている。 やっぱ刑事だったんだ!

「ここは 隣の K市や M市に比べたら のんびりして 事件も少なくて よいでしょう?」

狭い取り調べ室の 空気をなごませるために 私から刑事さんに 話した。(なぜ私が?)
「ええ、まあ、のんびりして 働くには よいところですね。」

「自転車の盗難くらいで 刑事さんが 動くなんて 何か別件があるんでしょう?」
尋問好きの私は  すかさず探りを入れる。

「あ まあ。 ホームレスの方なんですが 空き家に 不法侵入して 近隣からも 苦情が来てましたので」
なるほど。 しかし まだなんか 隠してそうだ。 正直に吐け!(笑)

それから 1時間あまり 家族構成年齢から あれこれあれこれ 聞かれて 
刑事くんは パソコンに打ち込む。

「私は ○○ 何番地に住む 主婦で 夫は何才で 母は・・・・」

はあ? 私の 身の上話から始めるのか? かんからかん 見ろよ。
ストーリーと言ってたのは これか。 また 小学生の 作文教室だ。 

「そこで 私は あら 自転車は?と思い 道路に出て 自転車がないことに 気づき・・・」 と刑事。

いやいや 「あら 自転車は?」 なんて 思ってないよ。
ただ 音がしたのに 誰も来ないから どうしたかと思って 道路に出ただけ。

 「私は自転車が盗まれたと思い 前を見ると 男の走り去るのが見えました。」

ちがう! 盗まれたと思って 前なんか 見てない。 前を見たら 男が自転車こいで去ってたから
「あ 私の 自転車が 盗られた!」って わかったんだ。

いつも文章書く時  自分が最初に思ったことと 後から 色々情報得て 考えたこととを 区別したい
私。 なんで そこは こだわる。

人間の 最初の 言葉にできない直感 皮膚感覚 と 文字に整理された 文章は 微妙にズレるからね。 
だから 時系列にこだわって ダラダラ わけわからなくなっちゃうのよねぇ・・・
あ 私の文章教室は さておき・・・

作文教室で ストーリー作れるなら えん罪なんて 簡単じゃね? と思った。
我が家の ストーリーメイカーを連れてくれば ちょちょいのちょいで すごいドラマを 脚色してくれるのになぁ。

それから 現場の 見取り図書かされたり 犯人に 望むこと?? 言わされたり
プリントアウトして 声に出して 朗読して 署名したり

プリンターのインク交換に手間取って 待たされ 
結局 2時間もかかって 警察を出たら 真っ暗になっていた。

あ〜あ せっかく 公然と 家出したのに 寄り道もできず・・・・・ 
ま 社会勉強になったから いっか(なんの?) 次の尋問の待つ我が家へ おとなしく帰った私でした。

                                                      the END 





附記
 今 長崎八人兄妹物語 に関連するヒントがあるかと 松本清張『神々の乱心』を読んでいるので 
警察とのやりとりに ハマってしまった。(笑)
こんなことしてる 場合じゃない! 
子どもたちには 発表会前で セリフ覚えろって言ってるのに、なぜか 肝心なことから 一番遠いことに ハマル私。 
さきのB型の本には 喪中から年賀状出さなくなる って項目アリ。 (爆) やらなきゃ・・・










 
| おばんの歯ぎしり | 10:20 | comments(2) | trackbacks(10) |
Comment
あははっ
あの時は先生に何かあったんだ!すぐに身元引き受けに馳せ参ぜねば!っと。こちらもストーリーメイクしてしまって、失礼しました(爆)
機動力だけの女・・・

とんだ災難でしたね。いや、いい人生経験でしたね。
↑ちょっと羨ましい、ハプニング好きな女

でも、さびた鎌まで盗まれていたとは。危険だったけど無事に戻って何よりが、今もまた、鍵もかけず畑に自転車放置してるでしょ!?

本当に色々とあった、人生の中でも濃い濃い1年でした。来年こそは、心穏やかに過ごせますように。。。
どうぞ、良いお年をお迎え下さいませませ。

組織NMPの皆様
年始発表頑張りましょう!
来年もよろしくお願いいたします。
2011/12/21 6:18 PM, from sayo
いや、心細かったし退屈だったから
外界との連絡 嬉しかったです。ボストンの裏ボスミナミちゃんに、先生は嵐だけじゃなく事件まで呼ぶ女なんですねと言われた。(爆)
機動力で日程キャンセルさせて済まん!サンタとオーロラによろしくぅ!
2011/12/21 10:13 PM, from かんからかん









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1143
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/18 11:12 AM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/18 1:03 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/18 2:21 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/18 4:04 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/18 4:21 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/19 7:10 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/19 9:31 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/20 9:40 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/21 7:31 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/12/21 9:27 PM, from -

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM