<< HAPPY ISLAND 福島 | main | 50代で死ぬ    >>

菜の花や


菜の花や 月は東に 日は西に       
与謝野蕪村

 日本中 どこにでも見られる 春の 原風景 



一口に 菜の花と 言っても どれもこれも 菜の花です。
これは なんの 菜の花か わかりますか?

このブログで 超人気 今でも この時期 アクセス上位の 
からし菜漬け の からし菜の 菜の花です。

今年も 地震の目眩で ゲーゲー吐いた 翌日
30把 ゴリゴリ 揉んで 漬けました。

からし菜漬けの季節   http://kankarakan.jugem.jp/?eid=470


  
 この白い花は 
 大根の 花です。

のどかで いいでしょう?  この景色。
これは 先週 手賀沼パーティに行く まーくんを 小学校の前で 待ってた時の写真。 

この風景を 毎日見ながら 子どもが 小学校に通える! って 
30年前 ここに引っ越してきました。
ねもとパーティの活動拠点も この台地の上にあります。






こちらは 我が家の 川ベリノ畑 の 小松菜の 菜の花。
110415_1124~02_0001.jpg

手前に パクチョイと タアサイの 菜の花もあったけど 抜いてしまった。
栄養失調で 写真出すのも お恥ずかしい。(汗汗)

去年の夏の酷暑と すったもんだのアレコレ  言い訳は山ほどあれど 
私が 畑を丹精しなかった 当然の帰結です。 地力が 落ちてる。
不作は 農家だったら 死活問題です。  

ちょうど この方角 向こうに見える 利根川の土手を まっすぐ行くと
東海村原発と 福島原発の 方向です。

遮るもの ない!  ですね〜。  (爆)  

菜の花には 放射能中の セシウムと ストロンチウムを 吸収して
自然分解を 早める力が あるそうです。
だから チェルノブイリにも たくさん 菜の花を植えて 土壌改良しているそうです。
菜の花プロジェクト♪

さてこれは? ブーケみたいだけど なんの 花か わかりますか?
ひさしぶりに 作物クイズ♪  
             
 答えは ブロッコリーですよ。


では これは?  我が家の庭ですが・・・



冬の間 玄関を にぎやかしていた 葉ボタンの 花です。 
切り花にしても なかなか 華やかでしょう?
                                                                                                                 
110422_0951~02.jpg


3・11  の午前中 私は じゃがいもを 植えてました。
午後に 続きを やるつもりでしたが あの地震。
道路は 割れちゃうし その日は とても行けなかったので、
でも 翌日 なんとか 植えました。
 
地震で びっくりしたのか 低温だったせいか なかなか芽が出ませんでしたね〜
やっと 出そろって 土寄せしたのが 4/22。  最も遅い記録です。 

110419_1349~01_0001.jpg

利根川べりの カントリーに 来て30年。
おババさまがやってた 家庭菜園を 見よう見まねで 10数年。

いつやめても なんの支障もない なんちゃって農業(悩業)でも
 いつのまにか からだに刻まれた 体内暦に従って 
種を 播いたり 漬け物 漬けたり・・・・

そうして 黙々と 時節のしごとは やるっきゃない。

脳内失語 呆然自失の中でも 
自然の暦に従って からだが自然に動いてしまう 仕事があるって
どんなに 人間を 生かしてくれることか。

土地を奪われ 海を奪われ 仕事を奪われた 人たちの よるべなさ。

私たち ほんとに わかっているんだろうか。
「なんで 私たちが ここを離れなきゃいけないのか 東京の電力のために・・・」
って 福島の おばあちゃんが 言ってた。

菜の花や 今年もいつもの 菜の花や 

110422_1211~01_0001.jpg 



                             (下2枚は 去年の5/1)



 

 
附記
パーティの ゆかりさんのお勧めで 今日やっと 
記録映画 鎌仲ひとみ監督 『ミツバチの羽音と地球の回転』
見てきました。

どうしたら持続可能で安全な エネルギーを作り出せるのか。
山口県上関原発建設にずっと反対してきた 祝島の人たちの 闘いの記録と
スェーデンの 脱石油 脱原発へのシフトは すごい!
ぜひぜひ 多くの人に見て欲しい。 オーディトリウム渋谷で27日(水)まで。
6月にも 上映されるようです。

http://888earth.net/theater.html

映画紹介   http://888earth.net/introduction.html
 
 





| 川ベリノ畑ニ居リマス | 08:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
ミツバチの羽音と地球の回転って関係あるんですか

2011/04/28 8:29 PM, from とっしー
おう トッシー いい質問だね!
映画の最期に鎌仲さんが言ってたけど、ちょっとウラ覚えだったから、映画DIARYのインタビュー記事の中から引用します。

ミツバチは持続可能性の象徴、つながり合う生き物でもあります。蜜をとるけど破壊しないし、花へ受粉していきます。ミツバチがいる生態系は健全なんです。ミツバチは目指すべき、来るべき未来の、世界の持続可能性を象徴しています。
 もう一つは、現代人には誰かに任せておけばいいという意識が根強くあると思います。自民党が悪い、民主党が悪いと愚痴を言う前に、それを選んだ我々が悪いんですよ、本当は。私たち自身が一人ひとりが、誰かがやってくれるのを待たないで、いま未来をつくりましょうと。一人ひとりが持続可能な存在に、自分自身がなればいいんです。
 すべての自然エネルギーは地球の回転によって産み出されているんですよ。地球を外から見るような大きな視点と、目の前の蜜をとるというエネルギーを生み出す現場の活動を、複眼的に見ながらやっていくと、運動もまた個人の確執を超えて持続可能になっていくんじゃないでしょうか。
 英語のタイトルは短くて「ashes to honey」なんです。文明が自然を焼きつくして灰にしてきた環境を、ミツバチたちの暮らすの持続可能な社会へと変えようという願いを込めました。

2011/04/28 9:13 PM, from かんからかん









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1049

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
岡村幸宣『原爆の図全国巡回』占領下100万人が見た

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM