<< それでも春は来る! もう水仙が咲き出すぞ | main | 屈折率 >>

被曝も憤死もごめんだ! 原発に頼らないエネルギー変換を!

3月中は 仕方ないと 腹をくくっていたが 
なんと 4月中旬まで 我孫子市内の公民館は 会議以外は 貸さない んだって!

がああああああん 集会の禁止か〜(青ざめる)
 
子どもたちの会議なんですけどお ダメ〜〜?

安全のための策なんだろうが 
関東大震災後に出された 治安維持ノ為ニスル罰則ニ関スル勅令が 
治安維持法成立の前身だと言うから
集会内容まで 規定されると そこまで来たか と マジで青ざめた。

だいぶ暖かくなったし 子どもたちと 野外で 思いっきり遊びたいが
放射能に対する心配は 目に見えないだけに 音頭を取る側は 気を使う。  
集まる場所が 取れないのは 本当に 困るのだ。

ところで 毎日 テレビを見て 東電や 原子力保安院? イヤ 原子力不安院?の 
はああ? おまえたち 
    現場見て言ってんのか〜!
な報告に 激怒 憤慨 している人たち 日本全国で  どれくらい いらっしゃることか。

その歯ぎしり憤慨エネルギーを→備蓄して
エネルギー変換→自家発電できないもんかしら??
血管切れる程 圧かかってるから かなり熱量出してるけどな〜

わが ねもとパーティにも 将来有望な 科学の子たちが たくさんいるし
せっかく 科学者宮沢賢治をやってるのだもの 
ブレーンストーミング(思いつき会議)だけでも 楽しく考えたいなぁ〜と 
科学に弱い私が 思っていたところ

送られてきた 人間の歴史の授業をつくる会の会報に
子どもでもわかる 原子力発電のしくみの説明が。  とてもわかりやすい!                
中学の先生だった 川上泉さんの 工房通信。(以下ご本人の許可を得て 転載します)

原子力発電のしくみ

電気を作るには、発電機を回すという単純な原理をしっかり理解することが大切です。
現在の技術では、これ以外の方法はありません。
(部分的に太陽電池等を使う方法はありますが、大量の電力を生み出すには至っていません)

では 何の力で発電機を回すのか ということになります。

人力があります。しかし、これは実用にはなりません。
水の力、風の力は実用になります。
水力発電所、風力発電機が実際に稼働しています。
ここまでは、直接的で単純に理解ができます。
筋肉のカや、水や風の力で、発電機を回していることが容易に理解できます。

火力発電はどうでしょう。火から 直接電気が起こるのではありません。
まず、重油や石炭を焚いてお湯を沸かし、高温・高圧の蒸気をたくさん作ります。
その蒸気をタービンという羽根車に吹きつけ、勢いよく回します。
タービンの軸は発電機とつながっていますので、発電機は勢いよく回ります。
このようにして電気を起こします。
ですから「火力」と言いますが、
発電機を回しているのは蒸気の力です。

原子力発電はどうでしょう。

原子力(原子炉)から直接電気が出てくるのではありません。
原子炉では、ウランの核分裂を起こして熱を発生させます。
この熱でお湯を沸かし、高温・高圧の蒸気を大量に発生させます。
この蒸気でタービンを回し、発電機を回して発電するのです。

ですから、発電機を回しているのは蒸気の力なのです。
蒸気タービンと発電機は、火力発電の物と基本的には同じです。
火力発電と原子力発電の違いは、お湯を沸かすのに、石炭や重油
を使うのか、原子力を使うのかということです。
このことは、意外と知られていません。

今回の事故が物語るもの

火力発電所が、今回のような地震と津波に襲われたとします。
火力発電所の機能は止まり、発電できなくなります。最悪のシナリオは、
ボイラー内にたまっていた高温・高圧の蒸気が一気に噴き出て建物を破壊し、
負傷者を出すでしょう。
さらに、貯蔵してあった重油などに火が付き火災が発生し、負傷者が出るでしょう。
このようなダメージを受けますが、これ以上のことは起こりません。

しかし、原子力発電所の場合は全く違います。今回の事故のように大変な事態になります。
原子炉は停止しても、燃料のウランは熱を放出し続けます。
これを冷やさなければなりません。
冷やすのは水です。 水はポンプで送ります。 ポンプはモーターで動かします。
モーターは電気で回します。 電気がなければ水を送り、冷やすことはできません。
今回は、発電所でありながら電気が使えないという皮肉な結果になりました。
外部からの送電設備が破壊されたのです。

このような事態を想定して、自家発電装置を用意していました。
ジーゼルエンジンを起動して発電機を回す装置です。
今回は、この機能が使えなくなりました。
ですから、原子炉を冷やす機能がなくなってしまったのです。
その上、原子炉の外にある、使用済み燃料も冷やせなくなってしまったのです。

自力で冷やす機能がすべて無くなったので、ニュースで見たように、放水車で水をかけ、
ヘリコプターから水を投下することになったのです。

原子炉は、厚さ16センチの鋼鉄(特殊鋼)の入れ物の中に収まっています。
これを「原子炉圧力容器」といいます。
この中は高濃度の放射性物質がたまっています。
原子炉圧力容器は、厚さ3センチの鋼鉄の入れ物の中に収まっています。
これを「原子炉格納容器」と言います。
この中も高濃度の放射性物質がたまっています。

この二つの入れ物は、頑丈に作られています。
しかし、燃料が発生する熱には溶けてしまうのです。
ですから、常に水で冷し続けなければならないのです。

今回の危機的状況は、格納容器が破壊され、
高濃度放射性物質が 外部に放出される可能性が起きていることです。

途中省略しますが、
原子力発電は、お湯を沸かすために、
これだけの危険を冒しているということです。

このような言い方は、単純すぎて、原子力発電のことを十分説明してはいません。
しかし、原理は説明していると思います。
問題は、多くの人が、この単純な原理を知らされていないということです。
単純な原理を馬鹿にすることはできません。
科学の粋を集めた原子力発電所の重大な危機を脱するために、
外から水をぶっかけるという単純な方法が行われているのですから。

今後のことになります。
道は二つです。
このまま原子力発電を続けるのか、見直すのかです。

これは日本だけの問題ではありません。世界の人々が考える問題です。
専門家だけが考えれば良いということではありません。
小学校生も含めて、すべての人が考えるべき課題です。
そのために必要なことは、原子力発電とはどのようなものかを、
科学的に認識することです。
このことを抜きにしては、いかなる議論も無意味です。
学校教育が果たすべき役割は大きいと思います。

わかりやすいでしょう?
この通信を書いた 川上泉さんは 長年中学校の社会の先生で
教室で 蒸気機関車を作って走らせたり、産業・技術の発展が いかに経済 社会を変えてきたかを
具体的なものつくりと おもしろい授業を通して 展開されてきました。
退職後は 工房を作って 出前授業もしてくれるそうです。 ねもとパーティでも 出前お願いしました!
DIY工房IZUMI HP    http://wood099.blog87.fc2.com/

白井春男さんが立ち上げた 人間の歴史の授業を創る会に 母が参加していた関係で
私の『長崎八人兄妹物語』を 会報に連載させていただいています。
会報は 先生たちそれぞれの 実践授業の 記録集です。
人間の歴史の授業を創る会 HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~hasshy/ninreki/ninreki.html


附記 
私の友人たちも 原発問題で 毎日 憤死しそうに 怒っています。
原発を阻止できなかった以上、これからは脱原発のためにできることをしていくしかない。
特に若い人たちには 原発がどんなものか テレビの大本営発表安全神話ではない 正しい知識を持って欲しい。
かんからかんのかあんで紹介してくださいと 複数の友人から 送られてきたURLを紹介します。

田中優(「未来バンク事業組合」理事長)×小林武史 緊急会議 
原発に依存しなくてもエネルギー供給できることが、わかりやすく話されている対談。
原発に頼らなくても、風力発電や電気自動車の蓄電技術などが 技術的に発達しているのに
それでは儲からないから 抹殺されている側面など 目からウロコの話がたくさん。

原発事故の補償をするといっても、東電は払いきれない。そこで国は「東京電力が持っている送電線を担保に取ってしまえばいい。インフラとなる送電線を、道路のように自由利用の原則に戻してしまうわけです。そうなれば、みんなが原発以外の方法で作ったエネルギーを流すことができるようになり、欲しい人はそこから買えばいいわけだから」要するに電力の自由化です。

http://www.eco-reso.jp/feature/cat1593/20110318_4983.php

原発がどんなものか知ってほしい 平井憲夫
原発の技術者だった人が、被曝によるガンで亡くなる(1997年)前に残された、原発に関する証言

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

★ No More Fukushima   
http://www.facebook.com/notes/life-is-beautiful/no-more-fukushima/201106169910859

こちらは ずいぶん前に 『月夜のでんしんばしら』を やった時に 
幹ちゃんに 勧められた本です。

★『エントロピー』 藤田祐幸 槌田敦 現代書館1985


イーハトーブの森で 私(藤田裕幸)と 宮沢賢治が出逢い
原子力発電所や原発労働者を訪ね、
定常開放系である地球にエントロピーの循環を無視した人間の排出に愕然とします。
科学の力によって、東北の厳しい自然や古い慣習に縛られる農民を救おうとして 
羅須地人協会を立ち上げ、農民芸術概論綱要を書いた賢治が、
科学は私たちの生活を明るくしてくれるものではなくなったのですか・・・
と 問いかけるところがつらい。
全編イラストで読みやすいので図書館で探してみてください。

| おばんの歯ぎしり | 17:43 | comments(7) | trackbacks(3) |
Comment
お久しぶりです。駒場の境です。時々楽しく拝見させてもらってます。しかし今回の震災はびといことになりました。昔菱刈先生が「文明は文化を破壊する」と仰ってました。まさに原子力という文明が日本文化を破壊してしまいました。手を出してはいけないことに手を出したんですね・・・つらいな
2011/04/04 2:48 PM, from 境   健
きゃあ、サカイくん!ブログ読んでくれてたの?知らなかった〜(汗)
コメントありがとう!上のサイトは、同級生のチャコから紹介されたものもあるんですよ。境くんのギョウカイも厳しいものがあるでしょうが、ボランティアや支援で人がどんどん動くのは、いいことだよね。ガリさんの日本史、工藤先生の
世界史、坂本先生の現国、今でも
忘れられないものがありますね。
2011/04/04 8:22 PM, from かんからかん
贈り物ありがとうございました。じぇに(金)はしばしお待ちを…。
日本一、世界一原発を持っているわが県。経済基盤弱小県。
先日決まった我が知事から、既に原発在りきの発言がありました。
科学、経済、環境、災害…
たくさんの真理から賢い地球人としての選択をせねばならないと痛切に感じます。例え自らが毒りんごを食べねばならないとしても。
2011/04/12 10:08 AM, from ち
ちさん、トンガラコのご注文ありがとうございました。ちょうど今朝
HAPPY ISLANDという記事を書き始めたところ。日本で3県のHAPPYな地名をもらってるんだから生きてる人たちHAPPYじゃなくっちゃね! 
2011/04/12 12:07 PM, from かんからかん
お願いのメールです。知人が3月末に花巻に行ったのですが、ものが売れず、お土産物屋はみな泣いていたそうです。私はここの会社と連絡をとり、商品もみんなにまわしています。でも、零細な土産会社がたくさんあるらしく、とくに食品は賞味期限があるので困っているそうです。どうぞ皆さん、花巻の土産物を買ってください。========================
有限会社 岩手物産

〒023-0831
岩手県奥州市水沢区姉体町字水ノ口前61-2
TEL:0197-26-2105
FAX:0197-26-2106
E-mail:iwate-bs@watch.ocn.ne.jp
========================
2011/04/15 1:23 AM, from 京馬伸子
京馬伸子さま、コメントありがとうございます。知らない方だったので、問い合わせたりして失礼しました。民俗学と漂流物がご専門とか!
今朝 谷川健一さんの文章を引いて
福島の地名について 考えていたところです。(私はただの民俗学好きなシロウトです。笑)私が子どもたちと宮沢賢治をやっているものがたり文化の会は 谷川健一さんの弟で
詩人の谷川雁さんが立ち上げた会です。花巻も2000年に子どもたちと行きました。
私も仙台に弟や親戚がいるので、
宮城、福島、岩手の物産をなんとか
宣伝したいと思っていたところです。余震が続いて、交通も通らなかったのでなかなか人が行かなかったと思いますが、だんだんに知恵をしぼって東北の物産が売れるように応援したいですね。ご紹介ありがとうございました。みなさん、東北の物産を買いましょう!
2011/04/15 3:41 PM, from かんからかん
花巻観光協会に連絡してみました。なんと、いい物産がたくさんあるのに、ぜんぜん売れていなくて皆さん泣いているそうです。食品は賞味期限がありますので、3月11日より前に作ったものが、たくさん在庫になっているわけですよね。みなさん、東北のものを買いましょう。アンテナショップより、取り寄せの方が好きなものをたくさん買えると思います。よろしく!!!
2011/04/25 1:48 AM, from 京馬伸子









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1037
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/04/03 1:36 AM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/04/17 9:30 PM, from -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/05/16 3:26 PM, from -

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM