<< いや〜 何度見ても!(サッカーアジアカップ) | main | ときの忘れもの >>

トンガラコと  食べるラー油

『長崎八人兄妹物語』のプレゼン記事を用意しているが、
やっぱ 李忠成の伝説のボレーの後は 韓国ネタかな。 伝説のトンガラコ!


去年の秋に 初めて出逢った若者たちに トンガラコを ばんばん配ったので 
手持ちがなくなってしまった! 韓国の戸田郁子さんから 直輸入しなければ。
福井勝山市役所のちさん 福井でトンガラコ 流行らせてね!って頼んだけど
反応いかがでしたか?

 トンガラコは 韓国の写真家 柳銀珪氏と結婚した 戸田郁子さんが 
柳家に代々伝わる ピリ辛ふりかけを自家製して 売っているもの。 
このブログにも 定期的に申し込みがあり けっこうリピーターを増やしている。
みなさん 申し込んでね。 トンガラコは 日本で 特許取れました!!

トンガラコの説明は 前の記事を見てもらうにして → http://kankarakan.jugem.jp/?eid=596

トンガラコ作ってる戸田郁子さんは、
最近 朝日新聞月曜版グローブに 韓国の情報を書いている。
グローブのライター戸田郁子さんが作ってる ふりかけだからね! と宣伝している。

最近 講談社α文庫からも バンバン本を出してる。



それが 韓国語の日常的な言い回し1つにつき 日本との文化の違いエピソード1つの構成で
韓国語習得にも GOOD! ぜひ読んでね!
 
長年のつきあいみたいだが、戸田さんと会ったのはわずか3年前。(笑)

 しっかし 韓国版オヨメな私の ウッチャさん(戸田さん)の文章を読むと 
日本版オヨメな私は 同業相哀れむを禁じ得ません。 
ウッチャさんの書く韓国のオヨメな状況すべてに 日本のオヨメな状況を 返信したくなる。 (笑)

まあ 韓国も日本も 泣いてるおヨメが いずれオモニ(母)の底力を発揮するわけだから
それがなければ 料理も しきたりも 伝わらないけどね。
文章に書いちゃうと 良いヨメになっちゃうけど ほんとはもっと 悩ましくアンビリーバブルだよね〜〜。

辛いモノつながりで  もう一つ お勧め。
安曇野小町 おつまみ辣油 
110204_0848~01.jpg
ねもパーみんなで 長野の森へ行った時に
パンドカンパーニュの玄くんから これ美味しいですよと 勧められて ハマった。
あんまり辛くなくて フライドオニオンたっぷりで めちゃ美味しい!

信濃大町温泉郷の バス停前の バザール小町から 
パンドカンパーニュのパンと一緒に 玄くんに買ってきてもらって お取り寄せしてます。
 検索すると 楽天 アマゾンでも買えるみたいです。お試しあれ♪
| おばんのお勝手 | 09:34 | comments(3) | trackbacks(0) |
Comment
ホントに旨いよ!!!
病み付きになる。。。
我が家の『ちょい足し』調味料に無くてはならないトンガラコ☆のんさんは牛丼(松、すき、吉野)の上にふりかけていただくのが最高(^〜^)お試し下さ〜い!
2011/02/04 3:07 PM, from のんさん
そういえばのんさん一家も去年出逢った新しい若者だね!なんだかもう
何年も前から知り合いみたいな馴染みようだけど。(笑)ラー油は次回のねもパーでね!
2011/02/04 10:52 PM, from かんからかん
お知り合いのyosumiさんのブログから「とんがらこ」を知りました。購入したいです。 購入方法がわからずにメールを致します。
2017/02/04 12:47 AM, from 近藤泰子









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1013

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
岡村幸宣『原爆の図全国巡回』占領下100万人が見た

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM