<< 新春ケータリング レバーのパテ  豚とり肉の紅茶ビール煮 | main | 仰天ニュース! はじめての○○○  >>

ただの○○

うううう イテテテテ・・・・

私の腰痛も 3度のギックリ腰を乗り越え
最近は すっかり畑仕事も 手を抜いているものの
コタツでのパソコン作業はやめないので 慢性化、悪化の一途。

左腰が いつも鈍く痛いし コリのような張りと 臀部がくだける感じが とれない。
 
朝起きた時 靴下もはけないし 洗濯機から 洗濯物を取り出すのも 一苦労。
オチチ イテテ・・・・ 前屈みになれないから 車の座席に座るのも 至難の業。

こういう時にかぎって カリスマ気功師 月辰会のヒロリン先生から
「その後 腰の具合はいかがでしょうか?」 と 
まるでお見通しのような 葉書が来る。(笑)  ヒロリン先生は 透視能力があるのだ!

もちろん 治療に行けばよいのだが・・・
人には 行け行けと やんやん勧めるくせに
自分の治療は なぜか グズグズ理由をつけて 後まわしにする 私。
市の検診も もう10年以上受けてない。
 
「病院行った方がいいよ! 整体治療するにも、椎間板ヘルニアだったら押しちゃいけないんだよ!
治療がちがうから 一度レントゲンだけでも撮ってきなさい!」
最近 整体修行中で もはや私の主治医になりつつある アヤカにうるさく言われる。

「そもそも 病人が病名を知らなくてもいいのですが・・・」(宮沢賢治童話『楢ノ木大学士の野宿第二夜』)
病名を知ったところで ストレスが増えるだけで 生活を変えられるわけではないしなぁ・・・・
「外科っていきなり注射したり、手術するって言ったりするからさあ、発表会前に それ もとも困る〜〜」

でもついに 年明け早々 整形外科に 連れて行かれた。
正月から ぶいぶい飛ばしていたが、
今年の 病みつき第一弾は 自分の病院で幕開け。 というわけだ。 トホホ

レントゲンを 何枚も撮られて 足をあげたり 背骨を押したり。
娘や おババさまで 何度かお世話になっている 見立てのよいS先生なので 安心。

「椎間板は・・・・なんでもないですね。」
「え? よかった〜!骨阻喪症は?」
「骨阻喪症も 今のところまだ 大丈夫。」
「へえ、そうですか。 じゃあ この慢性的な痛みは何から来てるんですか?」
「まあ ただの・・・・」

ここで S先生は ニヤっと チャーミングに笑って
 「老化ですね。 笑」

「・・・・・・そうですか・・・・よかった・・・・」 とは言ったものの、

ただの老化〜〜 って言われて なんだか よけい落ち込む・・・・↓↓

そもそも患者というものは 自分が納得できる 結果じゃないと 不満が残るものだが、
ただの老化って〜〜〜
まあ いきなり注射とか されなくてよかった。 電気治療さえもしなかった。 

去年の入院で ますますパワーアップした 91才のおばばさまは 
ついに 介護保険の更新を 要らない と断ってしまったし・・・
毎年使わないから要らないと言い張るのを でも更新だけはしておこうよと 言ってきたのだが 
なんだか 説得する気力もなく 年始から 腰くだけた・・・・トホホ
 
来週に迫った 人体交響劇発表会も・・・
今年は 中学生大学生がまったく参加できない上に 発表会未経験 初舞台が 8人2家族!(笑)
小5のリーダーたちを 私が一人 「ほら やるよ〜〜!」って 怒鳴ってる感じで、
無政府アナーキー状態の 究極。(笑)

「よく自分は動かないで 文句を言えますねぇ」と れんくん(小2)に言われ
「ごもっとも」 と 動きをやってみせて 音楽テープ動かして・・・と バタバタ走りまわっていると
うううう  腰が・・・・・ ピキピキ・・・・・・

12月のトークイベントの時 福住廉くんや会場の方から
「最終的に 人体交響劇にしないとダメなんですか?」
と 聞かれた。
うーむ。 思わぬツッコミだ。(笑)

そう、それさえなければ 毎年 も少し Happy かもしれないなぁ ・・・・

腰は ストレスから 痛くなるとか。  
は、早く 発表会 無事に 終わってほしい・・・・・・ みんな、がんばろーね!(汗汗)
 
| おばんの病みつき | 21:40 | comments(3) | trackbacks(1) |
Comment
ただの…(爆)
よかったよかったと 言っておきましょうo(^-^)o

最後の福住さんのセリフ。私もよーく耳に残ってますp(^^)q

いえいえ、そこを目指すから、きっと過程が生きてくるんだと思いますp(^^)q
ねもパの底力!?
本番に強い??(笑) がある!よ!

2011/01/10 6:22 AM, from あっきい
本番に強いアッキィ、ゆうこりん、仙台からトークと合唱飛び入りお疲れさまでした!何よりのエール、説得力あるなぁ(笑)今回はねもパ初のパパデビュー、のんさんファミリーと小山フアミリー初舞台♪言語が通るか、ユウセイが眠くならずに舞台に載るか、初歩的な波乱含みの
(笑)スリリングな限界目指してます。

2011/01/10 9:53 AM, from かんからかん
なんていうかさ、別に人体交響劇にしなくてもいいわけよ。でも、ただ活動をするんじゃなくて、一年かけて物語で遊んできたものをみんなでなにかを作り上げるっていうことが大事だと思うんですよ。人前に立つのは褒められて得意になれること、人の発表を見て褒めること、なんかそういうのを得られるからなんじゃないかな〜。絵は私が嫌いだからヤダ(笑)

郷ひろみがあの年で元気なのは身体に気をつけて日々トレーニングしながらも労ってあげているからです。あなたも日々トレーニングした方がいいんじゃないですかねぇ・・・・。
2011/01/11 12:57 AM, from ayaka









Trackback
url: http://kankarakan.jugem.jp/trackback/1003
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/06/21 2:22 PM, from -

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM