ベビー・ピー 初の全国ツァー 風あこがれ

京都の演劇ユニット ベビー・ピーが  今年初めて 全国ツァーを展開中。

ハイエース1台に 役者5人と道具を積んで 北海道から 九州まで 37ヶ所を廻っています。

 

8月に北海道 札幌 旭川 美幌 釧路 帯広 上富良野 札幌 小樽 8ヶ所を周り

青森 岩手住田町 仙台を経て 今日は 長岡に向かっています。

 

    ベビー・ピーHP    : https://baby-pee.jimdo.com

 

そしていよいよ今週は 関東にも 上陸しますよ〜 (南下する台風みたい)

お近くの スペースで 観てやってくださいませ。


9月13日(水)高崎cafe & guesthouse 灯り屋 19:00 満員売り切れ 本日!

 

9月14日(木)国分寺・胡桃堂喫茶店                   19:00   満員売り切れ前売り2500 当日3000

 

9月17日(日)柏 パレット柏 多目的スペースA 18:00  残りわずか   

9月18日(月)北柏町会ふるさと会館                    15:00  満員売り止め

                        ★チラシの時間が違っています。注意!

 

9月19日(火)下北沢・mona records 音楽食堂  19:30  満員売り切れ ★チラシの時間が違っています。注意!

9月20日(水) 鎌倉・富士見スタジオ                   19:00   席あります。オススメ!

 

 チケットは 国分寺以外 前売り2000円 当日2500円 中高生1000円引き

                                                                    

 

予約は こちらから  →   https://reserva.be/babypee17/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=eeeJwzNja2NAYAAw4BBg

 

下の人数を クリックすると カレンダーが出てくるので、

行きたい日にちをクリックすると 名前を登録する予約ページが出ます。(ややこしい!)

 

座長の 根本コースケより ごあいさつ↓

 


 はじめまして。ベビー・ピーは、京都を拠点に活動している劇団です。

 

 

 

 

旗揚げは2002年。これまで、祭りや歴史にこだわった作品や

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を再構築した「ジョジョ劇」などを、

既存の枠組みにとらわれないスペースで 多数上演してきました。

 

 

近年では、ベビー・ピーのチラシイラストを手がけてきたアーティスト・山さきあさ彦が制作する

ぬいぐるみ(山ぐるみ)を使った人形劇で

 

2015年、『山ぐるみ人形劇 桜の森の満開の下』(坂口安吾原作)で、

愛知人形劇センター主催のP新人賞を受賞。

2016年、いいだ人形劇フェスタ、あいちトリエンナーレ並行企画事業「人類と人形の旅」、

瀬戸内国際芸術祭2016に参加。本島にて 塩飽諸島の歴史を組み入れた新作『惑星シワク』を上演。

 

また2010年より 旅するテント芝居を行う「劇団どくんご」の京都制作を行い、

2010年ツアーには 柳原良平が俳優として参加、

2014年ツアー『OUF』には 根本コースケが脚本・俳優で参加しました。

 

そうした体験の中で、同じ作品がそれぞれの地域の息遣いを吸収し

当初思い描いていた作品像とまったく違った表情や奥行きをみせることや、

人が地域やジャンルを越えて繋がっていくことのダイナミズムに魅せられ、

以来 ベビー・ピーとして旅公演をすることが 大きな目標になりました。

 

そして とうとう実現します。

私たちをこれだけの旅に駆り立てたナニモノかを 

車1台に積んで 役者6名と 各地をまわります。

 

どこかで お会いできることを 心待ちにしております。

 

                                                根本コースケ

 

兄貴分の テント芝居どくんごに あこがれて 追っかけるように ツァーを展開中。

どくんご ベビー・ピー どちらもよろしくね!

 

 

 ベビー・ピーHP    : https://baby-pee.jimdo.com
 風あこがれ特設サイト https://kazeakogare.jimdo.com/ 

 風あこがれくんTwitter : https://twitter.com/babypee201708    各地の写真 
Facebook : https://www.facebook.com/babypee.kyoto/

 

     クラウドファンディングで ガソリン代も 応援募集中。 https://motion-gallery.net/projects/kazeakogare

 

 

どくんご                 http://www.dokungo.com/

 

 

| おばんのゴリ押し 演劇 | 14:40 | comments(1) | trackbacks(0) |

京都ベビー・ピー短編集公演 『ふまじめな絵本』

根本コースケ率いる 京都の演劇ユニット ベビー・ピー ひさびさの京都公演のお知らせです。



去年は 主宰の根本コースケが 劇団どくんごのテント芝居に参加。
ピーターさんとして全国40ヶ所をテントで廻っていたため、ベビー・ピーの公演は 2年ぶりです。
 

日時 2015年12月18日(金)〜21日(月)
    12月18日(金) 18:30-
    12月19日(土) 14:00- / 18:30-
    12月20日(日) 11:00- / 17:00-
    12月21日(月) 14:00- / 18:30-
※受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前から。

 
会場 元・立誠小学校 音楽室
料金 一般・前売 2,500円 / 当日 2,800円
   学生・前売 1,700円 / 当日 2,000円
   高校生以下・前売当日とも 1,000円
        チケット予約 こちらから

会場アクセス

・阪急電車「河原町駅」1番出口より徒歩3分
・京阪電車「祇園四条駅」4番出口より徒歩5分
※高瀬川沿いの橋を渡って、正面入口よりお入り下さい。
※会場に駐輪・駐車スペースはございません。ご了承ください。

【JR京都駅からのアクセス例】
JR「京都駅」 ⇒ 地下鉄「京都駅」
 ↓ 地下鉄烏丸線(国際会館行き)
地下鉄「四条駅」 ⇒ 阪急「烏丸駅」
 ↓ 阪急京都線(河原町行き)
阪急「河原町駅」下車 ⇒ 1番出口より徒歩
 




★根本コースケからのメッセージ★

昨年、私は全国を旅していました。各地で、いろんなお風呂に入りました。

広島の銭湯のサウナでは、全身に刺青が入ったおじさんが、全身に刺青の入ったお兄さんに、
ツタンカーメンの本当の死因について熱く語っていました。
サウナ室のテレビからは、無縁仏を合葬する公告を出した、墓地のニュースが流れていました。

神戸の長田にある銭湯では、建物の天井をくり貫いただけの露天風呂があり、
天童よしみの珍島物語が大音量で流れ、全身に刺青がはいったおじさんが、
私に優しく笑いかけてくれました。
そのおじさんは、脱衣所では電話で誰かを 目茶苦茶に叱り倒していました。

旭川のスーパー銭湯には、なまこ石鹸というものがあり、使ってみたけれどただの石鹸でした。

青森の温泉では炭酸泉の湯船があり、
「ここの温泉はアルカリ質なので炭酸泉にすることで中性の気泡風呂になります」と書いてありました。

一番足を運んだのは鶴の越冬地になっている町の温泉で、露天風呂からは国道3号線と鉄塔が見え、
そこで耳まで浸かって仰向けになり、色々なことを妄想しました。

今回の短篇集「ふまじめな絵本」は、昨年、旅をしながら、各地のお風呂で、サウナで、洗い場で、脱衣場で、
また、風呂上りの夜風に吹かれながら、次はどんな作品をつくろうかしらと妄想してたまったアイデアたちを、
2015年という劇団としてはなかなか多忙であった一年の隙間に、
劇団メンバーたちがそれぞれ過ごした2年間と稽古場で掛け合わせながら、少しずつまとめていった作品たちです。

 絵本というシンプルな枠組みの中で、やさしく、ふまじめにお届けします。
どうぞ、見にいらしてくださいませ。                       (根本コースケ)


 

全11ページのふまじめな絵本。上演時間は約120分を予定。

■合奏 「くそ坊主」
だるそんのあの名曲を合奏!
■1「姉(ひじみ)と弟(さばと)」
姉の前髪を弟が切ろうとする。
■2「ダンサー」
仕事場で踊っていて働かない者がいる。
聞くと、ダンサー、言葉を使わない奴ら、とのこと。
■3「さばと&あもい」
秘密基地を作った小学生二人の話。
■4「演劇発掘」
畑から「演劇」が発掘された。損傷が激しい。演劇修復士達の仕事。そして……
■5「自分の墓を掘る」
些細な諍いで人を殺めた男は自分の墓を掘る。高速道路すぐ脇の墓地。
■6「山の話1-あもい」
渡辺泰子・美術制作。
あもいくんが裏山に迷い込む。フェルトの山をかぶった、山々の物語。
■7「詩人の霊感」
石川卓磨・発案。
「聖マタイと天使」「詩人の霊感」などに着想を得た、即興系のイベント。
■8「耳が溺れる」
女は風呂に入ると必ず潜水する。あるとき耳が溺れた。そこは鉄塔の見える露天風呂。異界入口。
■9「山の話2-さばと」
あもいに続いてさばとが山へ。夜の裏山の恐怖の物語。
■10「SF珍島物語」
空が割れるのよ、道が出来るのよ、あの星からこの星まで、ねえとても好きよ。
銀河メロドラマ。
■11「畦道ピクニック」
義理の祖母とその家族と夏の花火の日、畦道でピクニック。
車が通り過ぎる。記念撮影をする。
■「ふまじめな絵本」


ふまじめな絵本 特設HP  http://fumajime.kenkenpa.net/
                        twitter       https://twitter.com/Baby_pee
                       facebook     https://www.facebook.com/babypee.kyoto/

ベビー・ピーHP       http://baby-pee.jimdo.com/

ベビー・ピーは 去年愛知人形劇センターで 坂口安吾原作『桜の森の満開の下』で「P新人賞と観客賞」を受賞。
長野県いいだ人形劇フェスタで 招待上演。
愛知ひまわりホール子どもアートフェスティバル2015で やまぐるみ人形劇『マクベス』上演と精力的に活動。
来年秋には 瀬戸内ビエンナーレでの 公演も決まったそうです。
ベビー・ピー 気にかけて 応援してくださいね〜〜。   

 

| おばんのゴリ押し 演劇 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

劇団どくんご全国ツァー 2014年 OUF! が始まりました!


劇団どくんご 犬小屋テントによる 全国ツァーが はじまりました!

 劇団どくんごは 埼玉大 衛生短大の 演劇研究会が母体になって 1983年に結成され
88年から テントによる 全国旅公演を 数年おきにはじめ 
2009年から 鹿児島に拠点を移し 連年の 全国ツアーを 展開している劇団。

1月から4月まで 鹿児島県上場で 作品を作り 4月末から 11月まで 
テントをトラックに積んで 全国38ヶ所を まわるそうです。

今年は 京都ベビー・ピーの 根本コースケが 15年住んだ京都を引き揚げ
脚本提供と 役者で 参戦しております。 
全国のみなさま どこかで 観てやって くださいまし。



劇団どくんごHP      http://www.dokungo.com/

全国ツァー日程       http://www.dokungo.com/php/ichiran.php



明日 5月11日(日) 宮崎 神柱公園    http://www.dokungo.com/php/ichiran.php

急遽決まった 5月15日(木)大分 若草公園 19時開演  http://www.dokungo.com/php/ichiran.php

大分ものがたり文化の会のみなさま
佐藤有介くん率いる girafeライブ at 平和市民能楽堂 を 5月17日(土)に控え
集客に大変な時に すみません! 鹿児島拠点から 近いのに なぜか初めての 大分公演だそうです。
はちゃめちゃついでに 夜の テント芝居にも 行ける方 行ってみてくださ〜い。 

佐藤有介 girafeライブは こちら  ↓  girafue http://www.asanokirin.com/schedule



 

7月には 根本コースケの故郷 我孫子手賀沼公園で 千葉県初の公演も やりま〜す!
我孫子で 劇団どくんごのテント芝居をみよう! 招致委員会を 立ち上げ
招致 宣伝活動に 追われておりま〜す。 ねもパも 楢ノ木会も ちょっと出るよ。




 
| おばんのゴリ押し 演劇 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

高野竜 新作芝居 「ようこそバイバイ、トロピカルフィーバー」

足立ものがたり文化の会 幹ちゃんより 高野竜 新作公演の お知らせです。 
高野竜くん ひさびさの 書き下ろしです。
お近くの方 ぜひおでかけください。 (キャンプの人が多いかな?)

平原演劇祭2012 第2部

「ようこそバイバイ、トロピカルフィーバー!」

時:2012年8月26日(日)13:00開場14:00開演


於:豆茶房でこ(西武多摩川線是政駅前マンション1F)
http://www.mamesabou-deco.com/
アクセス http://www.mamesabou-deco.com/cgi-bin/mamesabou_deco/siteup.cgi?category=4&page=1
銭:1000円
(ワンドリンク付)

作演出:高野竜
出演:青木規子、酒井春夏、泉田奈津美、生田粋、斎いおり
演目:「詩とは何か」、生田粋ソロライヴ、
    「音信不通の姫」


宇野重吉賞を受賞した 高野竜の 『アラル海鳥瞰図』 の続編
ひさびさの 新作だそうです。
アラル海鳥瞰図を 福井で 根本コースケ演出で 上演する前のインタビューは こちら ↓

http://kankarakan.jugem.jp/?eid=977
| おばんのゴリ押し 演劇 | 07:33 | comments(2) | trackbacks(0) |

京都ベビー・ピー第12回公演 『潤色東海道四ッ谷怪談』

ぎゃ、ヤバイ! 総会終わって1週間あると なんか得した気分だな〜と 思っていたが
明日からだった〜!  またまた身内ネタで 恐縮ですが

 
京都の根本コースケ率いる 演劇ユニット ベビー・ピー 夏の公演です!!




今回は ひや〜り 四ッ谷怪談 
しかも 毎夏 京大西部講堂でやってきたが 今回は ひや〜り 東福寺 お寺近くの スペースイサン 
 参加メンバーも濃く おもしろそう〜〜・・・・・・・


詳しくは と チケット予約は こちらから ↓   チケット早くしないと なくなるよ〜 明日からだから。

公演特設サイト   http://baby-pee.sakura.ne.jp/12th/index.html

稽古場ブログ         http://babypee428.blog.fc2.com/blog-entry-48.html



| おばんのゴリ押し 演劇 | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

ベビー・ピー第11回公演 『サカナノクチ』

京都の演劇ユニット ベビー・ピー 根本コースケより 公演の お知らせです。
ベビー・ピー第11回公演 『サカナノクチ』
 
【原作】 宮沢賢治「土神ときつね」
【構成・演出】 根本コースケ

【出演】 松田早穂 柳原良平(ぬるり組合)
【日時】 2012年 2月 24日(金)19:30
               25日(土)15:00 / 19:00
               26日(日)13:00 / 17:00 (開場は開演の30分前)

【会場】 アトリエ劇研  http://gekken.net/atelier/

【料金】 (一般)前売り1800円・当日2000円 (学生)前売り1300円・当日1500円

 【問合せ】 Tel:090-8481-4993(根本)  Mail:babypee.mail@gmail.com        

こりっち(corich)から予約 → http://baby-pee.sakura.ne.jp/info.html
 
【スタッフ】 舞台:吉村聡浩 美術:梶原歩 照明:山本恭平 音響:井上まどか 
        衣装:松田早穂 小道具:柳原良平 制作:ベビー・ピー

ベビーピー   http://baby-pee.sakura.ne.jp/top.html


ものがたり文化の会30年目のつどいで 
ショートコント 『道が塞がれている』をやってくれた 根本コースケ 率いるベビー・ピー
初の 劇場公演(これまでは京大西部講堂やテント)、 
初の宮沢賢治作品、 初の2人芝居です。  寒いけど、気になりますね。   

ねもQ   ツイッター    http://twitter.com/#!/nemoQu

| おばんのゴリ押し 演劇 | 07:32 | comments(4) | trackbacks(0) |

京都ベビー・ピー第10回 テント公演 『七福神!』 

こちらも 直前のお誘いになってしまいました。 今週末。

根本コースケ率いる 京都の演劇ユニット べビー・ピー 夏の公演 『七福神!』





いつもは 京大西部講堂でやってるのですが、
今回は なんとテント公演♪
台風6号接近の中、15日から毎日みんなでテントぶったててましたよ。
(写真はベビー・ピーツイッターより この写真いいね〜♪♪) 




芝居の稽古は どうなるんだあ?(笑)
なんか これ見てるだけで 行きたくなっちゃうなぁ〜〜 

http://baby-pee.sakura.ne.jp/10th/index.html



ベビー・ピー ツイッター
    http://twitter.com/#!/Baby_pee







附記
群馬県立近大美術館、パナソニック汐留ミュージアムで開催された
「白井晟一展・精神と空間」が京都工芸繊維大学に巡回しています。
東京で見逃した方 昼間は こちらをどうぞ。

京都工芸繊維大学 白井晟一展
http://www015.upp.so-net.ne.jp/ikuma666/seiichiten/seiichiten01.html#kyoto



| おばんのゴリ押し 演劇 | 23:25 | comments(1) | trackbacks(0) |

宇野重吉演劇祭 高野竜作『アラル海鳥瞰図』 作家インタビュー

12月4、5日(わ もう今週末ですね) 福井の駅前ホールAOSSAで 行われる
宇野重吉演劇祭 『アラル海鳥瞰図』 告知第3弾です。 

幼なじみ弾丸ツアー、トーカツ同級生ツアー、キュレーターツアーなど けっこう組まれてますよ。
なぜか福井県って わざわざ行かない 抜け落ちる度高い県なんだけどぉ(失礼)ラッシュだああ。
(フクイって 地名の磁力に 興味あるなぁ・・・・)
 
宇野重吉賞を受賞した 『アラル海鳥瞰図』を書いた 劇作家 高野竜くんに 電話でインタビューしました。
 
―  なんか チラシに 演出家のコメントと 写真しか載ってなくてさぁ(笑)
   宇野重吉賞を 受賞したのは 竜くんなのに 作家のコメントと写真 載ってないから
   かんからかんのかあんには 載せたいんだけど よいでしょうか?
 
竜   どうぞどうぞ。 あ コメントは 僕が 送ってないから 載ってないんだ。
―  (爆) アハハ な な〜んだ。(笑)
 
竜   これは 僕が住んでいる埼玉県宮代町の 青少年プロデュース事業
        「青少年を元気にしよう!」に 応募して通った企画が最初だったんですよ。
    その企画自体は その年だけで 打ち切りになっちゃったんだけどね。(笑)
 
―  アハハ 仕分け?(笑) 竜の芝居や企画は これまでも過激難解すぎて  市町村じゃ引いちゃうと思うよ。   
    京都や 下北 高円寺ならまだしも。   埼玉の田舎町で いきなり 白塗りの裸男とか 呼んじゃうんだもん。(笑)  
 
竜  『アラル海鳥瞰図』は7人の実在する人物に 取材し、 聞き書きしたものがもとになっているんです。

―   え? じゃあ コウは コウなの?
 竜   そうだよ。 だから戯曲は7人それぞれのモノローグ(独白)だけで進む 朗読劇で、 
       お互いが会話する構成では ないんだ。
 
―   ははあ、 それを根本コースケが 脚本化して 芝居にするのね。
 竜   そう。 だから演出家が 7人の演者から いかに引っ張り出して面白く絡めていくか
       どんだけ 生臭く ぐだぐだに やってくれるかに かかっているんだ。
     今回は オーディションで集めた 芝居まったくやったことない人とか 高校生とかも  出るみたいだから     
      どこまで みんなが ぐだぐだになるかが 勝負だな。
 
―   アハハ いつも竜は いかにまとめるかではなく いかにぐだぐだになるか を求めてるよね?(笑)    
         アラル海は どこから出てきたの?

竜   7人それぞれ 自分のことだけ 語っているわけだから  ものすごく狭い世界になっちゃうわけですよ。
      それを なるべく遠くの デカイところへ 連れてかなきゃダメだと思って  アラル海を出したんだけど 
     それを まとめるのが すげえ 大変だった。(笑)
 
―   アハハ 自分で飛ばしておいて 回収が大変だったわけね。 そこが 見所ですね。 
         楽しみだなぁ。 今回は 竜の脚本だから 私もすっごい安心して 人を誘ってるのよ。(笑)

                                               高野竜くん 
2009年3月に 亡くなった 高野テューターのお別れ会 さよならねっ!にて
 

私が 仕事をやめて 取手の ものがたり文化の会 高野パーティに入るために 東京から取手に 引越した時 
 高野家の 竜くんは中学生だっただろうか。
映画「美しい島キリシマ」の榎本拓少年に びんぞこメガネをかけたような 
ヒョロ長い ボ〜っと 何かに取り憑かれているような 旅好きな子だったけど 
埼玉県宮代町で 平原演劇祭 戯曲図書館を 主宰してから 
一年に 何本も 戯曲を 書き上げ 子どもたちや 一般市民も巻き込んで
びっくりするような 過激な発信を 続けてきた。

今日の限界芸術(鶴見俊輔→福住廉)を 私があげるとしたら、
高野竜の この埼玉での 格闘を 一押すね。  

これまでの 紹介   http://kankarakan.jugem.jp/?day=20070401

              http://kankarakan.jugem.jp/?eid=358 


私と 竜は 高野パーティで 10才違いの 姉弟みたいな 感じだったが、
さらに 息子が 竜クンの 磁場に惹かれて 平原演劇祭にも参加。
今回は 福井で マージナルコラボ。 なんて 愉快な 運命だ。 
高野テューターと ミチコちゃんに 見せたかったなぁ。

 第1回宇野重吉演劇賞受賞作品 高野竜作 『アラル海鳥瞰図』
12月4日(土曜日) 開場 13:30 開演 14:00 / 開場 18:30 開演 19:00
12月5日(日曜日) 第3回公演 開場 13:30 開演 14:00 会場 
 
 
JR福井駅東口AOSSA8F県民ホール http://www.kenminhall-fukui.jp/
入場料  大人  前売券1500円  当日券2000円   
    中・高校生 前売券 1000円  当日券 1500円   

宇野重吉演劇祭の ブログ  http://www.value-up.jp/wordpress/?m=201011

ベビーピー 根本コースケの日記  http://baby-pee.sakura.ne.jp/diary.html#nk         
                        
| おばんのゴリ押し 演劇 | 18:08 | comments(4) | trackbacks(0) |

宇野重吉演劇祭 高野竜作『アラル海鳥瞰図』第2弾

12月4 5日 福井の駅前ホールAOSSAで 行われる
第1回宇野重吉賞受賞作品『アラル海鳥瞰図』 公演情報 第2弾です。(チラシの裏面です。笑)
 
第1回宇野重吉演劇賞受賞作品 
高野竜作 『アラル海鳥瞰図』

12月4日(土曜日) 開場 13:30 開演 14:00 / 開場 18:30 開演 19:00
12月5日(日曜日) 第3回公演 開場 13:30 開演 14:00 会場  

JR福井駅東口AOSSA8F県民ホール
http://www.kenminhall-fukui.jp/

入場料  大人  前売券1500円  当日券2000円
    中・高校生 前売券 1000円  当日券 1500円


                                     チケットは このブログでも 受付ます。
 
あれ? 宇野重吉賞を 受賞したのは 高野竜なのに、
このチラシ 演出家のコメントばかりで 作家のコメント ないねぇ〜 ???
というわけで 受賞作家のコメント取りましたので  来週出しますね。

 福井よいとこ、 越前おろしそば、焼きさば寿司、へしこ、海鮮丼、イカの姿干し、越前カニ、羽二重餅、
ソースかつ丼、花らっきょう、(食いモンばかり 笑) 
永平寺、一乗谷、東尋坊、恐竜博物館、あはら温泉、鯖江のめがね、    
今からでも 豪華温泉付きツアー、激安弾丸ツアー 組んで この機会に 福井へGO!
             
| おばんのゴリ押し 演劇 | 07:33 | comments(1) | trackbacks(0) |

フェステイバル東京公募演劇 dracom『事母(JIKEN-BO)』

根本コースケ率いる 京都の演劇ユニット ベビー・ピーの 松田早穂さんより
東京公演の お知らせです。

10月・11月と大阪芸大出身のdracom(ドラカン)という劇団に 客演させていただいてます。 
初めての大阪での客演&東京公演で、鍛えられながら 頑張っています

11月18〜21日には 池袋にて 東京公演があります♪
関東方面は 私にはあまりにも アウェイ感満載なもので、
ブログに載せたり 少しでも宣伝協力いただけないかな〜と お願いなのです。

東京公演は、フェスティバル/トーキョーという演劇祭の公募プログラムとして参加します。
この演劇祭自体も 国内外から色んなアーティストが集まって、
毎週東京各所で色んなプログラムが準備されているらしく、
とても刺激的で楽しそうですよ♪♪  

『事母(JIKEN-BO)』


 dracomが追求する演出法、「録音された台詞と俳優の演技のズレ」。
この演出法をさらに突き詰めた新作!

女がひとり、死んでいる。

それを前に会話する者たちは、どこか避けたがっているような態度をとり続ける。

死体を避けているのか、事件を避けているのか、「母」を避けているのか…
彼らの誤魔化しと 目の前の現実が交差し、やがて、
誰もが持っている不安定な心象風景が 舞台にあらわれる…

作・演出:筒井潤

出演: 穴見圭司 村山裕希 小島聖子 (以上、dracom)
 岩澤侑生子 河合良平(インテレ−P) 小坂浩之(KDC) 
雑賀宏明(sy-company) 斉木りさ 中嶋さおり べかお(コレクトエリット)
 松田早穂(ベビー・ピー) 吉田圭佑

<東京公演> フェスティバル/トーキョー公募プログラム
開演日時:2010年11月18日(木)19:30、
                19日(金)19:30、
                20日(土)15:00/19:30 、
                21日(日)15:00

会場:THEATER GREEN BOX in BOX THEATER
 
※開演の45分前に受付開始、30分前に開場

チケット料金:一般 前売・予約2500円 当日2800円
         学生 前売・予約2000円 当日2300円 ※要学生証提示

☆フェスティバル/トーキョー チケット予約  03-5961-5209        
HP‥
http://festival-tokyo.jp/ http://www.festival-tokyo.jp/program/index_koubo.html
 
☆dracom HP‥ http://www.dracom-f.com/    チケット予約もHP内から できます。 
| おばんのゴリ押し 演劇 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
2007年3月からのアクセス
無料WEBツール広告
長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語
古谷田奈月 『リリース』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334911285/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kankarakan073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4334911285&linkId=2098c47a9d1072b98a8256c8979ceadb
古谷田奈月 『ジュンのための6つの小曲』

鈴木道子
Sweet & Bitter
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM